【伝統と革新、学術世界の未来を一冊一冊に】
ホーム > 憲法答弁集〔1947~1999〕

憲法答弁集〔1947~1999〕

憲法答弁集〔1947~1999〕

戦後の重要憲法答弁を条文ごとに整理

著者 浅野 一郎
杉原 泰雄
ジャンル 法律 > 憲法
出版年月日 2003/10/10
ISBN 9784797222258
判型・ページ数 A5・610ページ
定価 本体5,000円+税
在庫 在庫あり
 

内容説明

「国会の衆議院・参議院の本会議と委員会の議事録から、憲法に関する重要な政府答弁を抽出して、憲法の条文と論点ごとに整理した『憲法答弁集』を公刊することにした。その具体化が本書である。憲法答弁がなされた政治的社会的な背景状況についても解説している。」(「刊行にあって」より)。

このページのトップへ

関連書籍

代表における等質性と多様性

代表における等質性と多様性

近代議会システムにおける相克

著者:只野 雅人
 
政府の憲法九条解釈─内閣法制局資料と解説(第2版)

政府の憲法九条解釈─内閣法制局資料と解説(第2版)

安保法制の国会論戦を収録-待望の改訂版

著者:浦田 一郎
 
 
河井弥八日記 戦後篇2 [昭和二十三年~昭和二十六年]
 
河井弥八日記 戦後篇1 [昭和二十年~昭和二十二年]

河井弥八日記 戦後篇1 [昭和二十年~昭和二十二年]

終戦前後の貴重な日記の翻刻。編者の解説付

 
 
二院制論─行政府監視機能と民主主義

二院制論─行政府監視機能と民主主義

参議院の機能と必要性

著者:木下 健
 
植民地帝国日本の法的構造

植民地帝国日本の法的構造

日本帝国の法的構造を各方面から扱う

 
 
議会の役割と憲法原理

議会の役割と憲法原理

現代の議会制をめぐる問題を研究分析

 
政府の憲法九条解釈─内閣法制局資料と解説

政府の憲法九条解釈─内閣法制局資料と解説

政府の憲法九条解釈の全体像

著者:浦田 一郎
 
 

このページのトップへ