【伝統と革新、学術世界の未来を一冊一冊に】
ホーム > 体制改革としての司法改革

体制改革としての司法改革

日本型意思決定システムの構造転換と司法の役割

体制改革としての司法改革

意思決定をキーワードとする司法改革論

著者 井上 達夫
河合 幹雄
ジャンル 法律 > 司法/裁判制度/弁護士論
出版年月日 2001/05/31
ISBN 9784797222050
判型・ページ数 4-6・344ページ
定価 本体2,700円+税
在庫 在庫あり
 

目次

◆序論 司法改革論議を改革する-「戦後の国体」の改造に向けて

◆第1部 司法改革の背景-日本型意思決定システムの挫折と変革(日本経済を破綻させた意思決定の欠如/金融監督庁から金融庁へ-金融行政のルール化と今後の展望/企業はルール化を望むのか-市場経済における弁護士の役割 ほか

◆第2部 司法改革への視座-“正鵠を射る改革”のための構想と提言(社会のルール化と司法の役割/司法官僚制と裁判官の意思決定/司法改革のために必要なこと ほか

このページのトップへ

内容説明

「体制改革としての司法改革の目的は、意志決定のルール化としての法の支配を日本社会に確立することである。法の支配は危機に対処するための私たちの政治的決断能力を法律の手枷足枷によって麻痺させると心配する向きもあるかもしれないが、これは全くの誤解である。事態は逆である。」(序論より)。司法改革から日本型意思決定を問う。

【編者】

井上達夫(イノウエタツオ)
東京大学大学院法学政治学研究科教授

河合幹雄(カワイミキオ)
桐蔭横浜大学法学部助教授

(本データはこの書籍が刊行された当時のものです)

このページのトップへ

関連書籍

現代法哲学講義〔第2版〕

現代法哲学講義〔第2版〕

実践的な法哲学テキスト、待望の改訂!

著者:井上 達夫 編著
 
 
和解は未来を創る

和解は未来を創る

和解・交渉・ADRに興味をもつ方々に

 
法と社会研究 第3号

法と社会研究 第3号

法社会学の未来を拓く研究雑誌、第3号

 
 
法と哲学 第2号

法と哲学 第2号

法と哲学のシナジーによる〈面白き学知〉

 
 
ある比較法学者の歩いた道 ― 五十嵐清先生に聞く
 
 

このページのトップへ