【伝統と革新、学術世界の未来を一冊一冊に】
  • ホーム
  • お知らせ
  • 書籍検索
  • 書店様へ
  • 会社情報
 
ホーム > 環境保護と法

環境保護と法

日独シンポジウム

環境保護と法

環境保護先進国ドイツの経験

著者 松本 博之
西谷 敏
佐藤 岩夫
ジャンル 自然科学・環境  > 環境
法律  > 環境法
出版年月日 1999/07/15
ISBN 9784797221497
判型・ページ数 A5変624ページ
定価 本体17,000円+税
在庫 在庫あり
 

目次

第1部 基礎的考察
第2部 行政法
第3部 民法・法社会学
第4部 民事手続法
第5部 競争法・労働法
第6部 刑法

このページのトップへ

内容説明

大阪市立大学法学部とドイツ・フライブルグ大学法学部との学術交流共同シンポジウム記録。

今日、地球温暖化による気象異変、オゾン層の破壊による紫外線の増加、ダイオキシンをはじめとする外因性分泌攪乱化学物質(環境ホルモン)による生殖への深刻な影響の危惧、化学物質による水や土壌の汚染が報告され、地球環境問題への関心が高まっている。そうした折り、1998年のシンポジウムでは、基本法(憲法)に環境に関する規定が置かれ環境政策の著しい進展を見せるドイツと、深刻な公害が先行した日本における環境法制度、環境意識の比較を行う共同研究が行われた。そこでは、各法分野が環境問題をどう捉え、そこにどのような問題が存在し、また、環境保護にいかなる寄与をすることができるかという観点から日独の法制度や理論、制度の運用、環境意識などの比較分析が目指され、双方から充実した研究発表がなされた。本書は、その折りの報告原稿またはそれに加筆したものを一書に纏めた論文集である。

このページのトップへ

関連書籍

このページのトップへ