【伝統と革新、学術世界の未来を一冊一冊に】
  • ホーム
  • お知らせ
  • 書籍検索
  • 書店様へ
  • 会社情報
 
ホーム > 民事過失の帰責構造

民事過失の帰責構造

民事過失の帰責構造

将来の過失論を展望している

著者 潮見 佳男
ジャンル 法律  > 民法
出版年月日 1995/07/30
ISBN 9784797220018
判型・ページ数 A5変336ページ
定価 本体8,000円+税
在庫 在庫あり
 

内容説明

わが国の不法行為責任法における民事過失の帰責構造について研究。過失の本質論と称され重視されているが実際には袋小路にあるといってもいい今日の過失学説に対して、心理主義的過失理解から結果回避義務違反としての過失理解へという過失の重点移動の中で抜け落ちていった問題に焦点を当てることにより、帰責事由としての過失の意義と限界を明らかにするともに、過失の存否を判断するに当たっての思考過程を示すことを通じて、将来の過失論に向けての展望を企図。

このページのトップへ

関連書籍

このページのトップへ