【伝統と革新、学術世界の未来を一冊一冊に】
  • ホーム
  • お知らせ
  • 書籍検索
  • 書店様へ
  • 会社情報
 
ホーム > 未来志向の憲法論

未来志向の憲法論

未来志向の憲法論

憲法論は人間の根本問題に遡らざるを得ない

著者 ドイツ憲法判例研究会
栗城 壽夫 編集代表
戸波 江二 編集代表
青柳 幸一 編集代表
ジャンル 法律  > 憲法
出版年月日 2001/09/10
ISBN 9784797219067
判型・ページ数 A5変・624ページ
定価 本体12,000円+税
在庫 在庫あり
 

内容説明

Ⅰ基礎理論 Ⅱ環境と憲法 Ⅲ科学技術と憲法の3部構成。法・倫理・個人の尊重、自然、家族、環境、脳死、クローンと憲法など現未来型憲法論の考究、ドイツ憲法判例研究会の会員28名による力作。ドイツ公法学者との共同研究『人間・科学技術・環境』他に連なるものである。科学技術・環境に関して憲法論の立場をみつめ直すヒントを与えてくれる。

このページのトップへ