【伝統と革新、学術世界の未来を一冊一冊に】
  • ホーム
  • お知らせ
  • 書籍検索
  • 書店様へ
  • 会社情報
 
ホーム > 国際私法年報 10(2008)

国際私法年報 10(2008)

国際私法年報 10(2008)

国際裁判管轄立法への重要論考を掲載

著者 国際私法学会
ジャンル 法律  > 国際法/国際関係/国際私法
シリーズ 学会誌
出版年月日 2009/03/27
ISBN 9784797218800
判型・ページ数 菊判変・214ページ
定価 本体2,900円+税
在庫 在庫あり
 

目次

◆特集 法適用通則法の解釈論上の問題

通則法における契約準拠法………………………………………早川吉尚

消費者契約・労働契約及び絶対的強行法規の適用問題………西谷祐子

法適用通則法における不法行為…………………………………中西 康
――解釈論上の若干の問題について――

◆学会報告から

管轄合意違反の損害賠償…………………………………………高橋宏司

中国の渉外家事実務と日本………………………………………黄 軔霆

Zitelmannの国際私法理論と「法人」論 ………………………竹下啓介

いわゆる「知的財産法における属地主義」の多義性とその妥当性

……………………………申 美穂

英語サマリー
* * *
国際私法学会役員 国際私法学会第114回・115回大会記録
国際私法学会規約
編集後記

このページのトップへ

内容説明

国際私法学の最新動向と最高水準を示す国際私法学会編集による学術機関誌、最新号。本号は、次号と共に特集テーマを「国際裁判管轄立法に向けて」とし、現在立法化が検討されている国際裁判管轄に関する第一線の執筆者による重要な論考を掲載。「学会報告から」も含め、今号も充実の内容により、幅広い読者の要請に応える。

このページのトップへ

関連書籍

このページのトップへ