【伝統と革新、学術世界の未来を一冊一冊に】
  • ホーム
  • お知らせ
  • 書籍検索
  • 書店様へ
  • 会社情報
 
ホーム > 国際私法年報 9(2007)

国際私法年報 9(2007)

国際私法年報 9(2007)

8号に続き法適用通則法を論じる

著者 国際私法学会
ジャンル 法律  > 国際法/国際関係/国際私法
シリーズ 学会誌
出版年月日 2008/01/28
ISBN 9784797218794
判型・ページ数 菊判変・316ページ
定価 本体3,500円+税
在庫 在庫あり
 

目次

◆特集 法適用通則法の解釈論上の問題

通則法における契約準拠法………………………………………早川吉尚

消費者契約・労働契約及び絶対的強行法規の適用問題………西谷祐子

法適用通則法における不法行為
――解釈論上の若干の問題について …………………………………中西 康

◆学会報告から

管轄合意違反の損害賠償…………………………………………高橋宏司

中国の渉外家事実務と日本………………………………………黄 軔霆

Zitelmannの国際私法理論と「法人」論 ………………………竹下啓介

いわゆる「知的財産法における属地主義」の多義性とその妥当性

……………………………申 美穂

英語サマリー
* * *
国際私法学会役員 国際私法学会第114回・115回大会記録
国際私法学会規約
編集後記

このページのトップへ

内容説明

特集テーマ「法適用通則法の解釈論上の問題」では、契約、消費者契約・労働契約、不法行為を論じる3つの論考をおさめ、そして学会報告からは4つの論考をおさめる。

このページのトップへ

関連書籍

このページのトップへ