【伝統と革新、学術世界の未来を一冊一冊に】
  • ホーム
  • お知らせ
  • 書籍検索
  • 書店様へ
  • 会社情報
 
ホーム > 国際私法年報 4(2002)

国際私法年報 4(2002)

国際私法年報 4(2002)

比較国際私法とハーグ条約案

著者 国際私法学会
ジャンル 法律  > 国際法/国際関係/国際私法
シリーズ 学会誌
出版年月日 2003/08/21
ISBN 9784797218749
判型・ページ数 菊判変・326ページ
定価 本体3,600円+税
在庫 在庫あり
 

目次

■特集 比較国際私法(part1)

  ・Recent Developments in German Private International
    Law 
    /Heinrich DORNER    

  ・Some recent developments in Private International
   Law in Brazil
    /Claudia Lima MARQUES

   ・スウェーデン国際私法の現状
    /神前 禎
 
   ・フランス国際私法の現状と問題点
    /横溝 大
 
   ・イタリア国際私法の動向
    /西谷祐子

  ・ベルギー国際私法立法案について
    /長田真里

  ・中国国際私法の現状と改革
    /黄 軔霆

■特集 裁判管轄及び外国判決に関するハーグ条約案について

  ・ヨーロッパの管轄ルールからみたハーグ管轄判決
     条約案と日本の立場
    /渡辺惺之

  ・米国の裁判管轄ルールからみたハーグ管轄判決
     条約案と日本の立場
    /野村美明

このページのトップへ

内容説明

本4号では、まず各国の国際私法の現状・課題を分析することを特集する。ここでは、ドイツ、ブラジル、スウェーデン、フランス、イタリア、ベルギー、中国の各国が扱われる。続いて裁判管轄及び外国判決に関するハーグ条約について特集する。ここでは、ヨーロッパの視点と米国の視点とが扱われる。変動著しい国際私法学の現状と課題に切り込んだ論考がそろう。

このページのトップへ

関連書籍

このページのトップへ