【伝統と革新、学術世界の未来を一冊一冊に】
  • ホーム
  • お知らせ
  • 書籍検索
  • 書店様へ
  • 会社情報
 
ホーム > 戦後日本の産業発展構造

戦後日本の産業発展構造

産業技術指標による総合分析

戦後日本の産業発展構造

日本の経済システムの硬直化と産業発展構造

著者 張 紀南
ジャンル 経営・ビジネス  > 経営
出版年月日 1999/05/11
ISBN 9784797218251
判型・ページ数 A5変・304ページ
定価 本体5,000円+税
在庫 在庫あり
 

内容説明

戦争で廃墟と化した日本はわずか四分の一世紀で世界経済の頂点に達したが、90年代以降バブル経済の崩壊に続き、1997年のアジア経済危機の影響を受けて日本経済が低迷を続け、予想以上に深刻な状態に陥っている。産業発展の構造的変化をもたらす主要因を明確化するために、産業技術の基本指標を用い、主に因子分析の方法をもって、特に生産力と研究開発力の対比に注目して、日本の製造業における産業技術の発展構造を総合的に分析しようとするものである。

このページのトップへ