【伝統と革新、学術世界の未来を一冊一冊に】
  • ホーム
  • お知らせ
  • 書籍検索
  • 書店様へ
  • 会社情報
 
ホーム > 民法研究 第4号

民法研究 第4号

民法研究 第4号

人の法-山野目章夫・樋口陽一・広中俊雄-

著者 広中 俊雄 責任編集
山野目 章夫
樋口 陽一
ジャンル 法律  > 民法
シリーズ 法律・政治  > 研究雑誌
出版年月日 2004/07/22
ISBN 9784797218046
判型・ページ数 菊判変88ページ
定価 本体2,000円+税
在庫 在庫あり
 

目次

《民法の理論的諸問題》の部 

「人の法」の観点の再整理/山野目章夫

《隣接領域からの寄稿》の部 (個人の尊厳と人間の尊厳)

人間の尊厳vs人権?― ペリュシュ事件をきっかけとして/報告 樋口陽一 (挨拶 広中俊雄)
主題(個人の尊厳と人間の尊厳)に関するおぼえがき/広中俊雄

このページのトップへ

内容説明

①「人の法」の古典的、普遍的・現代的・実質的な要素をフランス法を手がかりとして考える。②ペリュシュ判決をきっかけとして、「人間の尊厳と個人の尊厳」の意味内容を考える。民法理論研究会(仙台・広中先生ゼミ)の成果を樋口陽一先生にお願いした力作。また、「主題に関するおぼえがき」として、広中先生にご執筆をいただいた。法における人間存在の基本にかかわるヒューマニズムをこころみる。人間の根底にあるべきものに迫る信念の著作。

このページのトップへ

関連書籍

民法研究 第2号
 
 

このページのトップへ