【伝統と革新、学術世界の未来を一冊一冊に】
  • ホーム
  • お知らせ
  • 書籍検索
  • 書店様へ
  • 会社情報
 
ホーム > 民法研究 第3号

民法研究 第3号

民法研究 第3号

第12回帝国議会における民法修正案

著者 広中 俊雄 責任編集
中村 哲也
ジャンル 法律  > 民法
シリーズ 法律・政治  > 研究雑誌
出版年月日 2003/04/17
ISBN 9784797218039
判型・ページ数 菊判208ページ
定価 本体3,000円+税
在庫 在庫あり
 

目次

◆第一二回帝国議会における民法修正案(後二編)の審議/広中俊雄
(曲折を経ての法案提出・衆議院での審議・貴族院での審議 ほか)

◆民法修正原案の「単独起草合議定案」の事例研究―梅文書・穂積文書所収草稿
(所有権ノ取得/共有)及び書き込みの解読を通して/中村哲也
(富井草稿/富井草案/梅・穂積によって書き込まれた修正案/『甲第十三号』対照表・富井による立案について・合議による定案について ほか)

◆田部芳民法修正関係文書一覧/広中俊雄
(乙号議案ないし同議決案・甲号議案 ほか)

このページのトップへ

内容説明

民法研究に必備の研究雑誌。大改正時代の今だからこそ、深い検討の必要性が増すが、そのような検討を行う非営利的な書物にこそ、永遠の命が宿る逆説をみる。①第12回帝国議会における民法修正案(後2編)の審議〔広中俊雄〕親族・相続編の成立過程に関する民法典資料②民法修正原案の「単独起草合議定案」の事例研究─梅文書・穂積文書所収草稿及び書き込みの解読を通して─〔中村哲也〕③田部芳民法修正関係文書一覧〔広中俊雄〕

このページのトップへ

関連書籍

このページのトップへ