【伝統と革新、学術世界の未来を一冊一冊に】
  • ホーム
  • お知らせ
  • 書籍検索
  • 書店様へ
  • 会社情報
 
ホーム > 【講座 国際人権法 4】 国際人権法の国際的実施

【講座 国際人権法 4】 国際人権法の国際的実施

【講座 国際人権法 4】 国際人権法の国際的実施

更なる展開をみせる近年の国際人権法の現状

著者 芹田 健太郎 編集代表
戸波 江二 編集代表
棟居 快行 編集代表
薬師寺 公夫 編集代表
坂元 茂樹 編集代表
ジャンル 法律  > 国際法/国際関係/国際私法
出版年月日 2011/04/19
ISBN 9784797216844
判型・ページ数 A5変536ページ
定価 本体12,800円+税
在庫 在庫あり
 

目次

講座 国際人権法 4『国際人権法の国際的実施』
  
  芹田健太郎(愛知学院大学法科大学院教授・神戸大学名誉教授)
  戸波江二(早稲田大学大学院法務研究科教授)
  棟居快行(大阪大学大学院高等司法研究科教授)
  薬師寺公夫(立命館アジア太平洋大学学長補佐・副学長)
  坂元茂樹(神戸大学大学院法学研究科教授) 編

【目  次】

発刊にあたって〔坂元茂樹〕
〈執筆者紹介〉

  ◇第1部 総  論◇

1 国連憲章第103条の憲章義務の優先と人権条約上の義務の遵守に関する覚え書き〔薬師寺公夫〕…5

  ◇第2部 国連機関◇

2 総論 ――国連諸機関による人権活動〔安藤仁介〕……………………………………………………45
3 国連による人権との取組み ――歴史的沿革(1945~2006年)〔横田洋三〕…………………………67
4 人権理事会の創設とその活動 ――評価と課題〔木村徹也〕 …………………………………………83
5 国連人権理事会における普遍的定期審査〔小畑 郁〕 ………………………………………………107
6 国際連合における人権保障制度と高等弁務官〔白石 理〕 …………………………………………129
7 国際人権法の実施におけるNGOの役割〔滝澤美佐子〕………………………………………………153

  ◇第3部 国際条約機関◇

8 自由権規約委員会の履行監視活動〔岩沢雄司〕………………………………………………………183
9 性差別なき世界へ ――女性差別撤廃委員会の挑戦〔阿部浩己〕……………………………………201
10 子どもの権利委員会〔大谷美紀子〕……………………………………………………………………221
11 拷問等禁止条約およびその選択議定書の国際的実施〔今井 直〕 …………………………………241
12 国際人権保障機構としてのILO〔吾郷眞一〕 …………………………………………………………271

  ◇第4部 地域的機関◇

13 欧州人権裁判所の欧州人権条約解釈再考
    ――仮保全措置の拘束力に関する判断を素材として〔戸田五郎〕…………………………………293
14 米州人権条約制度における「回復(reparation)」概念の展開〔栢木めぐみ〕…………………………315
15 アフリカの人権保障システム ――発展と課題〔西立野園子〕…………………………………………337
16 アフリカ人権レジームと「ジンバブウェ問題」〔杉木明子〕………………………………………………363

  ◇第5部 国際刑事裁判◇

17 旧ユーゴ国際刑事裁判所の活動〔多谷千香子〕 ………………………………………………………387
18 ルワンダ国際刑事裁判所の設立及び活動の意義〔稲角光恵〕 ………………………………………409
19 カンボジア特別法廷の法的構造と実務的課題〔野口元郎〕 ……………………………………………431
20 被害者救済の機関としての国際刑事裁判所〔古谷修一〕………………………………………………451

  ◇第6部 国際人権会議◇

21 障害者と国際人権法 ――「ディスアビリティ法学」の構築〔川島 聡〕 …………………………………479
22 「先住民族の権利に関する国連宣言」の意義と課題
     ――土地に対する権利を中心として〔小坂田裕子〕…………………………………………………495

このページのトップへ

内容説明

更なる発展を続ける国際人権法の国際実施をめぐる現状と課題を析出し、基礎的かつ最先端の議論を行った、好評シリーズ第4巻。各分野から研究者、実務家が広く集った国際人権法学会の創立20周年企画。第3巻『国際人権法の国内的実施』も同時刊行。

このページのトップへ

関連書籍

このページのトップへ