【伝統と革新、学術世界の未来を一冊一冊に】
  • ホーム
  • お知らせ
  • 書籍検索
  • 書店様へ
  • 会社情報
 
ホーム > 【講座 国際人権法 3】 国際人権法の国内的実施

【講座 国際人権法 3】 国際人権法の国内的実施

【講座 国際人権法 3】 国際人権法の国内的実施

国内実施に伴う、理論的・実務的問題を析出

著者 芹田 健太郎 編集代表
戸波 江二 編集代表
棟居 快行 編集代表
薬師寺 公夫 編集代表
坂元 茂樹 編集代表
ジャンル 法律  > 国際法/国際関係/国際私法
出版年月日 2011/04/19
ISBN 9784797216837
判型・ページ数 A5変・440ページ
定価 本体11,000円+税
在庫 在庫あり
 

目次

  芹田健太郎(愛知学院大学法科大学院教授・神戸大学名誉教授)
  戸波江二(早稲田大学大学院法務研究科教授)
  棟居快行(大阪大学大学院高等司法研究科教授)
  薬師寺公夫(立命館アジア太平洋大学学長補佐・副学長)
  坂元茂樹(神戸大学大学院法学研究科教授)            編


発刊にあたって〔坂元茂樹〕
〈執筆者紹介〉

  ◇第1部 総  論◇

 1 国際人権保障における自治体の権能と義務〔大津 浩〕 …………………………………5
 2 国内裁判所における国際人権の適用をめぐって〔棟居快行〕 ……………………………27
 3 日本の裁判所における国際人権規約の解釈適用
    ――一般的意見と見解の法的地位をめぐって〔坂元茂樹〕……………………………45
 4 国際人権法における国内人権機関の役割と機能〔山崎公士〕 …………………………77
 5 アセアンにおける人権機関の成立〔稲 正樹〕 …………………………………………105

  ◇第2部 各国の国内裁判における国際人権◇

 6 フランスの国内裁判における国際人権
    ――欧州人権条約およびEU法との交錯〔大藤紀子〕…………………………………127
 7 国際人権条約の司法的国内実施の意義と限界
    ――新たな展開の可能性〔江島晶子〕…………………………………………………151
 8 欧州人権・基本権保障の中のドイツ連邦憲法裁判所〔門田 孝〕………………………193
 9 アメリカ裁判所における国際人権法の援用〔宮川成雄〕…………………………………215
10 韓国の国内裁判における国際人権〔呉 美英〕 …………………………………………233

  ◇第3部 国内裁判における国際人権法の国内実施◇

11 生命の権利と死刑〔武村二三夫〕…………………………………………………………253
12 刑事捜査における人権 ――自由権規約第5回報告書審査を通じて〔東澤 靖〕 ………275
13 国際人権法上の国家の義務と被疑者,被告人の権利〔北村泰三〕………………………303
14 受刑者処遇における国際人権法の国内実施
    ――長期独居拘禁問題を素材として〔海渡雄一〕………………………………………329
15 国際人権と福祉〔内野正幸〕 ………………………………………………………………349
16 ジェンダー関連領域における国際人権法と国内裁判〔山元 一〕 ………………………367
17 重大な人権侵害と戦後補償裁判〔内藤光博〕 ……………………………………………399
 

このページのトップへ

内容説明

国際人権法の国内実施に伴う、理論的・実務的課題を析出し、基礎的かつ最先端の議論を行った、好評シリーズ第3巻。各分野から研究者、実務家が広く集う国際人権法学会の創立20周年企画。第4巻『国際人権法の国際的実施』も同時刊行。

このページのトップへ

関連書籍

このページのトップへ