【伝統と革新、学術世界の未来を一冊一冊に】
  • ホーム
  • お知らせ
  • 書籍検索
  • 書店様へ
  • 会社情報
 
ホーム > 【講座 国際人権法 1】 国際人権法と憲法

【講座 国際人権法 1】 国際人権法と憲法

【講座 国際人権法 1】 国際人権法と憲法

憲法と国際人権の人権保護の法的内実

著者 芹田 健太郎 編集代表
棟居 快行 編集代表
薬師寺 公夫 編集代表
坂元 茂樹 編集代表
ジャンル 法律  > 国際法/国際関係/国際私法
出版年月日 2006/11/27
ISBN 9784797216813
判型・ページ数 A5変456ページ
定価 本体11,000円+税
在庫 品切れ・重版未定
 

目次

国際人権法と裁判所/伊藤正己
最高裁判所における国際人権法の適用状況/園部逸夫
憲法秩序と国際人権/佐藤幸治
国際法学からみた自由権規約の国内実施/薬師寺公夫
国法体系における条約と法律の関係/齊藤正彰
人権実施機関の判断の法的地位/佐藤文夫
人権条約の解釈の発展とその陥穽/坂元茂樹
フランスの人権保障における人権条約の影響/建石真公子
ヨーロッパ人権条約とイギリス1998年人権法/江島晶子
国家の基本権保護義務/小山剛
第三者効力論の新展開/棟居快行
戦後補償の理論問題/藤田久一
社会権立法と国籍条項/小山千蔭
戦後補償と立法不作為/山元一
請求権放棄条項の解釈の変遷/小畑郁
国際人権保障の展開とNGOの役割/今井直
地域的人権機関の役割と課題/芹田健太郎

このページのトップへ

内容説明

国際人権条約の国内実施についてさまざまな角度からその隘路を探る。その現在状況を学説および世界の現状から検討し、具体的実施の展開を試みる。

このページのトップへ

関連書籍

このページのトップへ