【伝統と革新、学術世界の未来を一冊一冊に】
  • ホーム
  • お知らせ
  • 書籍検索
  • 書店様へ
  • 会社情報
 
ホーム > 定期借家権

定期借家権

定期借家権

定期借家権に関する初の解説書

著者 阿部 泰隆
野村 好弘
福井 秀夫
ジャンル 法律  > 民法
出版年月日 1998/02/28
ISBN 9784797216363
判型・ページ数 A5変・464ページ
定価 本体4,800円+税
在庫 在庫あり
 

内容説明

定期借家権とは 1 新規契約に限って用途、広さ、家賃、地域、契約期間等の如何を問わず、当事者が合意した契約期間が終了すれば新契約法、2 既存の契約には適用されない。3 新契約についても、従来の契約も、当事者の合意によって選択できる。定期借家権は、単に契約方法の一つにとどまらず、都市住宅政策、公共政策の観点からも重要な位置づけをなす法制度である。日本の居住水準は、かつてウサギ小屋と称されたように劣悪である。定期借家権の導入によって、居住水準の改善が期待される。

このページのトップへ