【伝統と革新、学術世界の未来を一冊一冊に】
  • ホーム
  • お知らせ
  • 書籍検索
  • 書店様へ
  • 会社情報
 
ホーム > 軍制講義案

軍制講義案

軍制講義案

近代日本の軍制を冷静に考察した力作

著者 三浦 裕史
ジャンル 法律  > 国際法/国際関係/国際私法
出版年月日 1996/08/10
ISBN 9784797215144
判型・ページ数 A5変・164ページ
定価 本体2,800円+税
在庫 在庫あり
 

内容説明

近代日本の軍制を、憲法体制の一環として捉えられ、その法的意義を解明することが本書の目的である。内外の政治が事実的権力関係に基づく限り、軍制の意義が失われることはない。たとえ軍制が違憲であっても、そのことに変わりはない。軍制を冷静に考察しない国民は、やがて現実の報復を受けることになる。

このページのトップへ