【伝統と革新、学術世界の未来を一冊一冊に】
  • ホーム
  • お知らせ
  • 書籍検索
  • 書店様へ
  • 会社情報
 
ホーム > 法学民法 II(債権総論)

法学民法 II(債権総論)

法学民法 II(債権総論)

論点の分かり易い解説と各種試験へ実力養成

著者 平井 一雄
ジャンル 法律  > 民法
シリーズ 法律・政治  > 信山社双書
出版年月日 2011/10/27
ISBN 9784797212792
判型・ページ数 B6・152ページ
定価 本体1,400円+税
在庫 在庫あり
 

目次

  平井一雄 著 (獨協大学名誉教授)


はしがき
判例リスト

第1章 前提としての基礎的知識債権法の理解のために
 債権と物権/債権と請求権/債権の目的/債権の効力/自然債務/債務と責任/
 債務の分類/契約上の債務の有効要件/契約の締結における責任/事情変更の原則

第2章 給付の目的による分類
 1 特定物債権
  特定物とは/債務者の善管注意義務
 2 種類債権(種類物債権)
  特定の時期/特定の効果
 3 金銭債権
 4 利息債権

第3章 債務不履行
 1 総論的説明
  債務不履行の効果/債務不履行の成立要件/債務者の故意過失/不法行為責任との競合
 2 履行補助者の故意過失(債務者の故意過失と同視される場合)
 3 履行遅滞
  履行遅滞とは/遅滞となる時期/履行遅滞の効果
 4 履行不能
  履行不能とは/履行不能の効果/代償請求権
 5 不完全履行
  不完全履行とは/不完全履行の効果

第4章 債務不履行に基づく損害賠償
 1 損害賠償とは
  債務不履行における債務/損害とは
 2 賠償すべき損害の範囲
  相当因果関係ということ/相当因果関係説/損害賠償の範囲に関する若干の判例/過失相殺/
  損益相殺/賠償額の予定

第5章 受領遅滞(債権者遅滞)
  受領遅滞とは/受領遅滞の効果

第6章 弁  済
  弁済とは/第三者による弁済/弁済受領者/弁済の充当/弁済の提供/
  弁済による代位(原債権と求償権との関係)/弁済供託

第7章 債権者代位権
 1 制度の趣旨
 2 債権者代位権の要件
  代位権の目的となりえない権利/債務者の無資力/弁済期の到来していること(裁判上の代位)
 3 債権者代位権が認められる類型
  本来型(金銭債権保全型)/転用型(特定債権保全型)/特殊型
 4 債権者代位権の行使
  代位権行使の方法/代位権行使の範囲と効果/相手方の地位/債務者に対して代位訴訟の判決の既判力は及ぶか

第8章 債権者取消権
 1 制度の概略
 2 債権者取消権の要件
 3 詐害行為となりうる類型
  判定の時期/本旨弁済/非本旨弁済(代物弁済)/不動産の相当な価額での売却/担保の供与
 4 「債権者を害することを知って」の意味
  債務者の意思/受益者・転得者の意思
 5 取消しの効果
  受益者との関係/転得者との関係
 6 取消権の期間制限

第9章 債権譲渡
  債権譲渡とは/指名債権と指図債権/譲渡性/譲渡禁止特約の効力/債権譲渡行為の性質/
  債権譲渡の対抗要件/同時到達ないし到達の先後不明の問題/将来債権の譲渡

第10章 債務引受,契約上の地位の移転
 1 債務引受
  債務引受とは/免責的債務引受/併存的債務引受
 2 契約上の地位の移転
  契約上の地位の移転とは/対抗要件

第11章 多数当事者の債権関係
  多数当事者の債権関係とは
 1 分割債権・債務関係
  分割債権・債務とは/金銭債権に関する例/金銭債務に関する例/分割債権債務関係の効力
 2 不可分債権・債務関係
  不可分債権・債務とは/性質上の不可分債権の例/性質上の不可分債務の例/不可分債権の効力/
  不可分債務の効力
 3 連帯債務関係
  連帯債務とは/連帯債務の相互保証性/連帯債務の効力
  外部関係
   ア 絶対的効力事由
   弁済・請求・更改・相殺・免除・混同・時効の完成
   イ 相対的効力事由
   連帯債務の相続
  内部関係
  負担部分の定め方/求償権の根拠/求償の要件/求償権の制限/連帯の免除
 4 不真正連帯債務
 5 連帯債権
 6 保証債務
  保証とは/保証債務の成立/外部関係(債権者の権利)/保証人の抗弁事由/同時履行の抗弁権/
  相殺の抗弁/催告の抗弁/検索の抗弁/主たる債務者について生じた事由/保証人について生じた事由/
  内部関係(求償関係)/事前・事後の求償権の関係/事前求償権に対する債務者の保護/
  委託を受けない保証人の求償権/債務者の意思に反した保証人の求償権
 7 特殊な保証
  連帯保証/共同保証/保証連帯/継続的債務の保証/信用保証/貸金等根保証契約/
  保証期間と元本の確定/身元保証/身元保証法の概要

第12章 債権の消滅
 1 代物弁済
  代物弁済の予約
 2 相  殺
  相殺とは/相殺の要件/相殺の禁止/相殺の効力/差押えと相殺/相殺の担保的機能/
  昭和39年判決/昭和45年判決/逆相殺
 3 更  改
  更改とは/更改の成立
 4 免  除
  免除とは
 5 混  同
  混同とは

第13章 債権侵害とその保護
  第三者の債権侵害による不法行為/第三者の債権侵害に対する妨害排除

第14章 履行の強制
  請求力と強制力/直接強制/代替執行/間接強制/判決代用
 
事項索引
判例索引

このページのトップへ

内容説明

各種試験にも最適の、論点を分かりやすく抽出し解説した究極のコンサイス版、最新テキスト。薄く、軽く、これだけ読めば理解が深まる法学民法シリーズの第2冊目。新司法試験も突破しうる学力を段階的に養成できる。法学民法シリーズ全3冊 ①総則・物権 ②債権総論 ③債権各論(近刊)

このページのトップへ