【伝統と革新、学術世界の未来を一冊一冊に】
  • ホーム
  • お知らせ
  • 書籍検索
  • 書店様へ
  • 会社情報
 
ホーム > 国会法の理念と運用─鈴木隆夫論文集

国会法の理念と運用─鈴木隆夫論文集

学術選書プラス 12

国会法の理念と運用─鈴木隆夫論文集

適切な議会運営に必読の実践的理論書

著者 鈴木 隆夫
今野 彧男 解説
赤坂 幸一 解題
ジャンル 法律  > 憲法
シリーズ 法律・政治  > 学術選書プラス
出版年月日 2012/10/30
ISBN 9784797212624
判型・ページ数 A5変336ページ
定価 本体9,800円+税
在庫 在庫あり
 

目次

  鈴木隆夫(元衆議院事務総長・国立国会図書館長) 著

  赤坂幸一(九州大学大学院法学研究院准教授) 解題
  今野彧男(元・衆議院事務局議事部副部長) 解説
  

〈解題〉鈴木隆夫と議事法――刊行によせて〔赤坂幸一〕

       一 議院法研究会のこと
       二 イギリス・モデルの事務局構想
       三 書記官ポストの重み――その相対的な地位の低下
       四 議事法の形成と議会官僚
       五 結びに代えて

 = = = = = = = = = =  = = = = =  = = = = =

Ⅰ 国会法の制定と改正経緯
 一 国会法解説
 二 国会法の三大特色
 三 自粛国会はどう運営されるか国会法改正の主要点
 四 その後(第二十一回国会昭和三十年以後)における国会法の改正の要点について

Ⅱ 国会運営における主要問題
 五 内閣総理大臣の指名手続について
 六 わが国の委員会制度と特別委員会の性格
 七 〈講演〉国会の予算修正に関する論争点について昭和二十八年度予算案をめぐる
 八 会期中の議員逮捕の許諾に関する諸問題
 九 国会における条約の承認権をめぐる諸問題について

Ⅲ 会議録について
 十  国会の会議録について
 十一 秘密会議の会議録の公開問題について

Ⅳ 国立国会図書館長として
 十二 欧米の図書館をめぐって

 = = = = =  = = = = =  = = = = =  = = = = =

〈解 説〉 〔今野彧男〕
 
著者略歴
初出一覧(巻末)
事項索引(巻末)

このページのトップへ

内容説明

元衆議院事務総長による待望の論文集。議事法の形成やその解釈・運用において、重要な役割を果たした鈴木隆夫の論考を体系的にまとめた貴重な書。国会法の解説など、憲法学・政治学に必須の貴重な論文を一冊に集成。

このページのトップへ

関連書籍

国会法

国会法

著者:白井 誠
 
 

このページのトップへ