【伝統と革新、学術世界の未来を一冊一冊に】
  • ホーム
  • お知らせ
  • 書籍検索
  • 書店様へ
  • 会社情報
 
ホーム > 行政法研究 第44号

行政法研究 第44号

行政法研究 第44号

〈巻頭言〉「戸籍関係情報の連携および戸籍事務のパラダイムシフト」(宇賀)。論説3本(原田・横山・金井)と書評(板垣)を収録。

著者 行政法研究会
宇賀 克也
原田 大樹
横山 均
金井 惠里可
板垣 勝彦
ジャンル 法律  > 行政法
シリーズ 法律・政治  > 研究雑誌
出版年月日 2022/05/31
ISBN 9784797268942
判型・ページ数 菊判変・128ページ
定価 本体2,800円+税
在庫 在庫あり
 

目次

【巻頭言】戸籍関係情報の連携および戸籍事務のパラダイムシフト/宇賀克也

1 行政法学から見た国家管轄権論―グローバル化の中の「公権力の行使」/原田大樹
2 情報法制における違法判断の基準時/横山 均
3 予防接種禍救済理論再考/金井恵里可

〈書評〉福井秀夫『行政訴訟による憲法的価値の確保―法治国原理・法と経済学に基づく行政法理論』/板垣勝彦

このページのトップへ

内容説明

益々充実の行政法専門誌 ― 第一線の執筆陣が集った、第44号
    
44号の〈巻頭言〉は、「戸籍関係情報の連携および戸籍事務のパラダイムシフト」(宇賀)として、その概略と方向性を示唆する。論説は、「行政法学から見た国家管轄権論」(原田)、「情報法制における違法判断の基準時」(横山)、「予防接種禍救済理論再考」(金井)の3本と、板垣による書評(福井秀夫の最新刊)を収録。

 

このページのトップへ

関連書籍

このページのトップへ