【伝統と革新、学術世界の未来を一冊一冊に】
  • ホーム
  • お知らせ
  • 書籍検索
  • 書店様へ
  • 会社情報
 
ホーム > ブリッジブック法学入門〔第3版〕

ブリッジブック法学入門〔第3版〕

ブリッジブック法学入門〔第3版〕

好評を博した“一風変わった”法学入門の第3版。5つの新章を加え、各分野の動向にあわせ全体の情報をアップデイト。

著者 南野 森
ジャンル 法律  > 入門
シリーズ 法律・政治  > ブリッジブックシリーズ
出版年月日 2022/05/19
ISBN 9784797223729
判型・ページ数 4-6変・316ページ
定価 本体2,400円+税
在庫 在庫あり
 

目次

『ブリッジブック法学入門〔第3版〕』(ブリッジブックシリーズ)

  南野 森(九州大学法学部教授) 編

 
〈執筆者紹介〉(五十音順。*は編者)
五十君麻里子(いぎみ・まりこ):九州大学法学部教授:第2章
井上宜裕(いのうえ・たかひろ):九州大学法学部教授:第12章
上田竹志(うえだ・たけし):九州大学法学部教授:第11章
遠藤 歩(えんどう・あゆむ):九州大学法学部教授:第8章
笠木映里(かさぎ・えり):東京大学法学部教授:第14章
笠原武朗(かさはら・たけあき):九州大学法学部教授:第9章
川島 翔(かわしま・しょう):九州大学法学部准教授:第16章
小島 立(こじま・りゅう):九州大学法学部教授:第5章、第15章
豊崎七恵(とよさき・ななえ):九州大学法学部教授:第4章3、第13章
八田卓也(はった・たくや):神戸大学法学部教授:第4章1・2、第10章
原田大樹(はらだ・ひろき):京都大学大学院法学研究科(法学部)教授:第3章、第7章
南野 森*(みなみの・しげる):九州大学法学部教授:はしがき、第1章、第6章

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【目 次】

・はしがき

◆Ⅰ 法学の基礎◆

◆第1章 法と法学
1 法とは何か
 「べし」と「である」̶「当為命題」としての法/規範としての法/強制秩序としての法/法とその「妥当性」/動態的秩序と静態的秩序
2 法学とは何か
  法の解釈/法解釈に正解はあるのか/合憲限定解釈/有権解釈/解釈に対する制約

◆第2章 法と法学の歴史
1 ローマ法の成立と復活
  都市国家の法から世界帝国の法へ/古典期法学の「はこ舟」/ボローニャから全ヨーロッパへ
2 分化するヨーロッパと法の展開
  ローマ法の継受/法における啓蒙思想の実現/民法典の編纂とローマ法の復権
3 日本における西洋法の継受
  開 国/立憲君主制への道・近代法典の編纂

◆第3章 法律と法体系
1 法学の全体像
  法学の基本的発想/法学の内部構造/法律に関係する職業
2 法の基礎知識
  法と法学の役割/法の種類/法の優劣関係
3 法律の基礎知識
  法律条文の構造/法解釈の技術/note 難しい法律用語/立法の技術

◆第4章 裁判制度とその役割
1 裁判制度
  裁判と裁判手続の種類/裁判所および裁判制度を支える人びと/note 裁判官の身分/司法制度改革
2 民事裁判
  民事手続一般/判決手続/判決手続以外の紛争解決手段/note 民事訴訟の判決文について
3 刑事裁判
  刑事訴訟の基本構造/刑事手続のアウトライン/note 取調べの可視化と弁護人立会い/近代刑事訴訟の理想と日本刑事手続の現実/近年における立法の展開/これからの刑事裁判はどうなる?

◆第5章 判例の読み方
1 判例を読むために知っておくべきこと
  「判例」と「裁判例」の違い/「判例研究」または「判例評釈」の一般的な方法論/「生の判決文」を読むことの大切さ/最高裁判決の位置づけ
2 具体的に判例を検討してみよう
  序論/事実の概要/「判決理由」(判旨)/他の判決との関係(「判決の射程」を含む)
付録 北方ジャーナル事件

◆Ⅱ 法学の展開◆

◆第6章 違憲審査制と国法秩序
1 憲法とは何か
  警察官は誘拐犯?/法律の根拠としての憲法/憲法のさまざまな意味/note 憲法の意味
2 憲法の特質
  硬性憲法としての憲法/最高法規としての憲法/違憲審査制を定める憲法
3 違憲審査制は両刃の剣!?
  日本の違憲審査制は機能不全?/実はおそるべき制度?/司法の独立と民主政

◆第7章 感染症対策と行政法の役割
1 感染症の脅威
  民事法・刑事法による対応方法とその限界/法律による行政の原理
2 強制入院と宿泊療養
  note 指定感染症と新感染症/強制入院の法的性格/宿泊療養の法的性格
3 行動制限と補償
  行動制限の法的性格/損失補償と政策的補償

◆第8章 個人保証人とその保護
1 保証の意義とその種類
  債権の担保/抵当権と保証の比較/保証の種類/保証人の種類
2 個人保証人を保護する理由と方法
  締結方法の問題性/保証責任の永続性および広汎性/経済政策
3 個人保証人保護の光と影
  借入れの困難/信用保証協会への依存/機動的な融資の阻害/現在の課題

◆第9章 会社とその利害関係者
1 会社とは何か?―営利社団法人
  法 人/社団法人/社団法人の構成員=社員/会 社
2 社員としての出資者
  なぜ出資者が社員なのか?/会社の債権者に対する社員の責任/有限責任制度の存在意義
3 出資者以外の利害関係者
  資金供給者としての債権者/不法行為債権者/従業員/経営者

◆第10章 民事訴訟における「既判力」の作用局面
1 「既判力」とは何か
  1.既判力の基本的内容/2.既判力の制度的意義──紛争の蒸し返しの防止/3.既判力が作用する局面
2 「既判力」の作用範囲を制限的に捉える考え方
  1. 事例2 /2. 事例2 の解決についての一般的な考え方と有力説による批判
3 有力説の検討と考えの方向性
  1.有力説に対する疑問/2.止揚的解決/3.揺り戻しとまとめ

◆第11章 ADR の過去・現在・未来
1 ADR 概論
  ADR とはなにか/ADR の種類
2 ADR の過去
  戦前のADR/戦後のADR/ニッチとしてのADR ?/訴訟とADR
3 ADR の現在
  ODR(オンライン紛争解決)への注目/ODR 論の諸相/ODR と新しい紛争・新しい解決/ADR/ODR の未来?

◆第12章 刑罰権の濫用防止と厳罰化
1 刑法とは何か
  刑法の意義/刑法の基本原理/刑法の機能
2 犯罪とは何か
  犯罪の意義/構成要件該当性/違法性/責 任
3 刑罰とは何か
  刑罰の意義/生命刑/自由刑/財産刑/note 日本国民の圧倒的大多数が死刑の存続を望んでいる?
4 厳罰化とその効果
  厳罰化の功罪
5 罪刑法定主義の現状
  不真正不作為犯論/共謀共同正犯論
6 刑法解釈論と刑事立法論
  解釈論の射程

◆第13章 刑事訴訟の存在意義
1 「刑罰権の実現(処罰)」
  「処罰」の意味と刑罰権/訴訟の仮説的性格/疑わしきは被告人の利益に/目的としての刑罰権の実現
2 刑事手続上の人権と人身の自由
  刑事手続上の人権/人身の自由
3 刑罰権・刑事権力からの擁護
  刑事訴訟の存在意義/人権の普遍性/被疑者・被告人の擁護と無辜の不処罰

◆第14章 社会保障法による医療の保障
1 社会法と医療保障
  社会法の成立と発展/社会保険による医療保障/現物給付と金銭給付
2 医療の画一化・平等化
  医療保険法令による市場取引の代替/note 法令を探す/画一的で平等な医療の実現/混合診療
3 混合診療解禁論―議論の経緯と残された課題
  混合診療解禁論/残された課題

◆第15章 「 ダウンロード違法化」から考える著作権法の課題
1 知的財産法とは
  知的財産法の役割
2 著作権法における「ダウンロード違法化」の問題
  私的使用のための複製(著作権法30 条)の意義/音楽・映像に関するダウンロード違法化および刑事罰化/「ダウンロード違法化の対象範囲の見直し」の議論における混乱/「侵害コンテンツのダウンロード違法化」に向けた議論/「侵害コンテンツのダウンロード違法化」の内容
3 著作権法の現代的課題
  著作権法を取り巻く現状/「業界」や「コミュニティ」の「慣習」や「規範」/法に本来的に存在している「余白」の認識/著作権法における自主的な秩序形成の重要性

◆第16章 中世カノン法と教会裁判制度
1 カノン法とは何か
  古典カノン法/note 「カノン法」と「教会法」/カノン法の解釈学の成立/中世カノン法学/法学と教皇立法
2 中世教会における裁判
  内的法廷と外的法廷/note 聖職者の職務と人格/教会裁判所とその管轄
3 ローマ・カノン法訴訟の一断面
 弁論主義の歴史的淵源/note 論拠としての聖書/中世教会の訴訟制度観/note カノン法上の衡平/カノン法の現在

・事項索引

このページのトップへ

内容説明

好評を博した“一風変わった”法学入門の第3版。5つの新章を加え、各分野の動向にあわせ全体の情報をアップデイト

法学の基礎から“今”を語る最新のテーマまでを、信頼の執筆陣が語りつくし、法学の魅力を案内する。法学って何が面白いの?と感じている人に読んで欲しい入門書。

【第1部法学の基礎(第1~5章)/第2部法学の展開(第6~16章)】

 

このページのトップへ

関連書籍

このページのトップへ