【伝統と革新、学術世界の未来を一冊一冊に】
  • ホーム
  • お知らせ
  • 書籍検索
  • 書店様へ
  • 会社情報
 
ホーム > 国際私法年報 23(2021)

国際私法年報 23(2021)

国際私法年報 23(2021)

本号では、特集1「施行10年を経た法の適用に関する通則法」と特集2「国境を越えた子の保護をめぐる現状と課題」を掲載。

著者 国際私法学会
ジャンル 法律  > 国際法/国際関係/国際私法
シリーズ 学会誌
出版年月日 2022/04/12
ISBN 9784797229233
判型・ページ数 菊判変・242ページ
定価 本体3,000円+税
在庫 在庫あり
 

目次

『国際私法年報 第23号(2021)』
 
  国際私法学会 編

【目 次】

◆特集1 施行10 年を経た法の適用に関する通則法(承前)

物権・債権譲渡に関する準拠法,条文化が見送られた事項/国友明彦

◆特集2  国境を越えた子の保護をめぐる現状と課題―子奪取条約の運用をめぐって(承前)

ハーグ子奪取条約の日本における実施状況と課題/長田真里

◆学会報告から

会社従属法における設立準拠法の適用範囲―アメリカの内部事項理論を参考に/伊達竜太郎
国際私法の私化と当事者意思―主観連結思想の確立のための予備考察/伊藤敬也
国際仲裁の「実質規則」と仲裁合意の準拠法―フランスの裁判例に見られる仲裁条項の「拡張」事例を中心に/越智幹仁
差止めを命じる外国判決等の承認・執行の在り方についての一考察/的場朝子
渉外的民事訴訟の審理に関する諸問題/井上泰人

英文サマリー

* * *

国際私法学会役員(表紙2,3)
国際私法学会第134 回(2021年度)大会記録
国際私法学会第134 回(2021年度)大会報告概要
国際私法学会定款
編集後記

このページのトップへ

内容説明

本号も、最新の情報で、多様な時代の要請に応える
 
国際私法学の最新動向と最高水準を示す国際私法学会編集による学会機関誌最新号。本号は前号から続く、2つの特集、特集1「施行10年を経た法の適用に関する通則法」と特集2「国境を越えた子の保護をめぐる現状と課題」を掲載。また、「学会報告から」も掲載し、多様な観点から、研究や実務に有益な議論を掲載。今号も充実の内容により、幅広い読者の要請に応える。

 

このページのトップへ

関連書籍

法学六法 '20

法学六法 '20

著者:池田 真朗 編集代表
宮島 司 編集代表
安冨 潔 編集代表
三上 威彦 編集代表
三木 浩一 編集代表
小山 剛 編集代表
北澤 安紀 編集代表
 
 

このページのトップへ