【伝統と革新、学術世界の未来を一冊一冊に】
  • ホーム
  • お知らせ
  • 書籍検索
  • 書店様へ
  • 会社情報
 
ホーム > 医行為と医事法 【医事法講座12】

医行為と医事法 【医事法講座12】

医行為と医事法 【医事法講座12】

医行為の射程と法的課題を総合的に検討 ― 法律と医療に携わる第一線の執筆陣が国内外の動向を精緻に検討する。

著者 甲斐 克則
ジャンル 法律  > 憲法
法律  > 民法
法律  > 民法  > 家族法
法律  > 医事法
法律  > 刑事法  > 刑法
医学・心理学  > 医学・健康
経営・ビジネス
シリーズ 法律・政治  > 医事法講座
出版年月日 2022/04/12
ISBN 9784797212129
判型・ページ数 A5変・344ページ
定価 本体9,000円+税
在庫 在庫あり
 

目次

『医行為と医事法(医事法講座 第12巻)』

  甲斐克則(早稲田大学大学院法務研究科教授) 編


【目 次】

〈巻頭言〉『医事法講座 第12巻 医行為と医事法』の企画趣旨〔甲斐克則〕

1 医行為と医事法の関わり〔甲斐克則〕

2 医師法17条の解釈と運用をめぐる課題〔勝又純俊〕

3 医行為と医業独占のあり方を考える――医事法学の観点から〔小谷昌子〕

4 救急医療と医行為〔山崎祥光〕

5 看護行為と医行為〔和泉澤千恵〕

6 在宅医療・訪問看護と医行為〔友納理緒〕

7 介護職と医行為〔加藤摩耶〕

8 精神科医療における医行為と公認心理師の関わり〔西山健治郎〕

9 各種検査と医行為〔小島崇宏〕

10 歯科医療と医行為〔藤原久子〕

11 イギリスにおける医行為の規制の現状と課題――医療制度改革とタスクシェア〔柳井圭子〕

12 アメリカ合衆国における医行為の規制の現状と課題〔佐藤雄一郎〕

13 ドイツにおける「医業」規制の現状と課題――連邦医師法とハイルプラクティカー法からの示唆〔天田 悠〕

このページのトップへ

内容説明

重要テーマである〈医行為〉の射程と法的課題を総合的に検討 ― 第一線の執筆陣が、国内外の状況を広範に考察した、法律、医学関係者必読の書
 
最近大きな話題となった医師資格を有しない者によるタトゥーの施術に関する最高裁決定の問題提起を受け、医師でなければ医業をなしてはならないという医師法第17条と関連し、現実に生起する医行為の諸問題を、救急、看護、介護、精神科、歯科等、総合的に検討。加えて、海外の状況も考察した、医療関係者、法律家等幅広く有用の書。

  

 

 

このページのトップへ

関連書籍

医事法辞典

医事法辞典

著者:甲斐 克則 編集代表
手嶋 豊 編集委員
中村 好一 編集委員
山口 斉昭 編集委員
佐藤 雄一郎 編集委員
磯部 哲 編集委員
 
 

このページのトップへ