【伝統と革新、学術世界の未来を一冊一冊に】
  • ホーム
  • お知らせ
  • 書籍検索
  • 書店様へ
  • 会社情報
 
ホーム > ジェンダー法研究 第8号

ジェンダー法研究 第8号

ジェンダー法研究 第8号

第8号では、特集1「同姓/別姓を選ぶ権利」4論考と5件の市民の声を掲載。特集2「生活時間を考える」は、3論考を収録。

著者 浅倉 むつ子 責任編集
二宮 周平 責任編集
床谷 文雄
辻村 みよ子
榊原 富士子
井田 奈穂
佐藤 万奈
西 清孝
小泉 祐里
田中 浩
松浦 将也
櫻井 彩乃
田巻 紘子
渋谷 典子
圷 由美子
黒岩 容子
ジャンル 法律  > 憲法
法律  > 民法  > 家族法
法律  > 刑事法
法律  > 法哲学
法律  > ジェンダー法
シリーズ 法律・政治  > 研究雑誌
出版年月日 2021/12/28
ISBN 9784797268485
判型・ページ数 菊判変・180ページ
定価 本体3,600円+税
在庫 在庫あり
 

目次

『ジェンダー法研究 第8号』

  浅倉むつ子・二宮周平 責任編集


【目 次】

はしがき(浅倉むつ子・二宮周平)

◆特集1:同姓/別姓を選ぶ権利 ― 市民と学術の対話から◆

◆第1部◆ 姓をめぐる学術と司法


◆1 総論:選択的夫婦別姓―2014年日本学術会議提言のフォローアップ〔二宮周平〕

 はじめに
 Ⅰ 夫婦同氏制度の根拠
 Ⅱ 選択的夫婦別氏制度の提起
 Ⅲ 提言のフォローアップ
 おわりに―フォローアップの総括

◆2 比較法から見た姓〔床谷文雄〕

 Ⅰ はじめに―日本の強制的夫婦同姓の特異性
 Ⅱ 法制度としての姓の比較
 Ⅲ 比較法的に見た姓の規律の在り方
 Ⅳ おわりに

◆3 憲法と姓―民法750条違憲論の諸相〔辻村みよ子〕

 Ⅰ 問題の所在―民法750条の合憲性をめぐる理論的課題
 Ⅱ 第一次夫婦別姓訴訟と憲法学説の展開
 Ⅲ 第二次夫婦別姓訴訟最高裁決定(2021〈令和3〉年6月23日)
 Ⅳ おわりに

◆4 別姓訴訟の争点と今後―令和3年最大決を経て〔榊原富士子〕

 Ⅰ はじめに
 Ⅱ 合憲意見と違憲意見の違い
 Ⅲ 憲法上の争点1―憲法14条1項
 Ⅳ 憲法上の争点2―憲法24条
 Ⅴ 憲法24条と立法事実の変化
 Ⅵ 女性差別撤廃条約について
 Ⅶ 今後について

◆第2部◆姓を選ぶ権利 ― 市民の声から

◆5 選択的別姓を求める社会的動向〔井田奈穂〕

◆6 夫婦別姓を実践している市民の声〔佐藤万奈/西 清孝〕

◆7 #選択的夫婦別姓はよ‼―事実婚を選んで28年目の夫婦の思い〔小泉祐里/田中 浩〕

◆8 別姓の両親のもとで育ったことについて〔松浦将也〕

◆9 若い世代の声〔櫻井彩乃〕

◆特集2:生活時間を考える◆

◆10 生活時間を確保できる労働を―コロナ危機下で考える〔田巻紘子〕

 Ⅰ コロナ下で明らかになった生活時間と労働の課題
 Ⅱ 在宅する子どものケアと就労のバッティング
 Ⅲ 職場における「労働の常識」を変える
 Ⅳ 制度によって意識を変える―「家族生活時間」を誰もが行使できる社会のために

◆11 市民社会構築のための「社会生活時間」実現へ〔渋谷典子〕

 Ⅰ 「社会生活時間」とは
 Ⅱ 「労働の再定義とケアワークの位置づけ」からの示唆
 Ⅲ 「社会生活時間」と市民活動
 Ⅳ 企業別シティズンシップと「社会生活時間」
 Ⅴ 市民社会構築に向けて

◆12 コロナ危機で見えてきた「生活時間」の重要性―新たな社会構築に向け,今求められる行動変容アクション〔圷 由美子〕

 Ⅰ アフターコロナを見据え,新たな働き方のビジョンを
 Ⅱ 新しい働き方の思考軸としての「生活時間アプローチ」
 Ⅲ 「生活コアタイム」が可視化する日本の社会構造
 Ⅳ 新たな働き方のビジョンの形
 Ⅴ 新たな社会構築に向け,今求められる行動変容アクション

【立法・司法の動向】

◆有期労働者の不合理待遇禁止に関する最高裁判例の展開―2020年最高裁判決の意義と課題〔黒岩容子〕

 Ⅰ はじめに
 Ⅱ 最高裁旧労契法20条判例の展開
 Ⅲ 2020年最高裁判決の意義と課題
 Ⅳ おわりに

このページのトップへ

内容説明

特集1「同姓/別姓を選ぶ権利―市民と学術の対話から」特集2「生活時間を考える」を掲載実務と研究を架橋し、新たな共生社会を拓く【ジェンダー法学】の専門誌
 
第8号は特集1「同姓/別姓を選ぶ権利―市民と学術の対話から」は、4本の論考(二宮、床谷、辻村、榊原)と、5件の市民の声を掲載。特集2「生活時間を考える」は、3論考(田巻、渋谷、圷)を収録。「立法・司法の動向」は、非正規労働者の均等・均衡待遇をめぐる最高裁判例の動向を検討(黒岩)。

 

 

 

このページのトップへ

関連書籍

このページのトップへ