【伝統と革新、学術世界の未来を一冊一冊に】
  • ホーム
  • お知らせ
  • 書籍検索
  • 書店様へ
  • 会社情報
 
ホーム > 消費者法研究 第11号

消費者法研究 第11号

消費者法研究 第11号

特集「成年年齢の引下げと消費者保護」。成年年齢引下げの「民法改正法」の施行を控え、精緻な検討を行う。実務から研究まで必読の書

著者 河上 正二 責任編集
坂東 俊矢
谷本 圭子
岩本 論
大本 久美子
高嶌 英弘
徳田 初美
黒田 啓介
中田 邦博
クリスチャン・トゥイグ=フレスナー
カライスコス・アントニオス
ジャンル 法律  > 民法
法律  > 民法  > 消費者法
シリーズ 法律・政治  > 研究雑誌
出版年月日 2021/11/25
ISBN 9784797275513
判型・ページ数 菊判変・244ページ
定価 本体3,300円+税
在庫 在庫あり
 

目次

『消費者法研究 第11号』

  河上正二(東京大学・東北大学名誉教授) 責任編集

【目 次】

 緒  言〔河上正二〕

〈特集〉成年年齢の引下げと消費者保護

◆1 成年年齢の引下げと若年消費者〔河上正二〕

 1 成年者とは/2 国民投票法と公職選挙法改正/3 民法改正に向けた動き/4 民法改正法/5 海外の対応/6 「人」の「能力」の問題から/7 消費者教育による支援/8 適合性原則と年齢等配慮義務

◆2 若年消費者の契約被害の実際から考える消費者法の課題(再論)〔坂東俊矢〕

 Ⅰ はじめに
 Ⅱ 若年消費者の法的保護の実際と自立に向けた法の役割
 Ⅲ 若年消費者の契約被害の実際
 Ⅳ もうひとつの課題としての法教育を含めた消費者教育の重要性
 Ⅴ おわりに

◆3 消費者信用取引と成年年齢引下げ―過剰与信防止の観点から〔谷本圭子〕

 はじめに
 Ⅰ 成年年齢引下げと信用取引をめぐる諸機関の対応
 Ⅱ 若年者による信用取引問題の現在
 Ⅲ 若年者と消費者信用取引の特質
 Ⅳ 必要となる対応
 おわりに

◆4 行政規制と民事規律を架橋する「消費者概念」の考察―成年年齢引下げを契機として〔岩本 諭〕

 Ⅰ 本考察の背景と視点
 Ⅱ 消費者概念と若年消費者
 Ⅲ 消費者概念と消費者法の指導理念
 Ⅳ おわりに消費者概念と消費者保護法理の再構築に向けて

◆5 「21世紀型能力」を育む消費者教育〔大本久美子〕

 Ⅰ はじめに
 Ⅱ 社会参画力を重視する「21世紀型能力」
 Ⅲ 消費者教育に関連する学習内容
 Ⅳ 消費者教育で重視したい社会情動的スキル
 Ⅴ 2030年に求められる資質・能力
 Ⅵ 消費者教育で育成したい資質・能力
 Ⅶ まとめにかえてこれからの消費者教育の課題

◆6 【シンポジウム】成年年齢引下げ直前討論

 「成年になるとは」〔高嶌英弘(監修)・坂東俊矢・徳田初美・黒田啓介・中田邦博・大本久美子〕
 1 本シンポジウムの内容と目的/2 成年年齢引下げの経緯と問題点/3 滋賀県における消費生活相談の状況/4 従来の実務における若年層被害の実態/5 若年層被害への法的対応/6 従来の大学における消費者教育/7 従来の高校における消費者教育と今後の消費者教育/8 若年者の自立に向けたシステムとその保護の必要性/9 「今,必要な対応としての応急措置」と「これからの対策としての根本治療」/10 消費者教育の受け皿としてのカリキュラムの在り方/11 若年層ビジネスの危険性/12 ヨーロッパ連合(EU)法の下での市場システムと日本への示唆

【講演】
◆デジタル化と法:EUにおける最新の動向〔クリスチャン・トゥイグ=フレスナー(訳)カライスコス アントニオス〕

 1 はじめに/2 デジタル化と法/3 消費者法のアップデート/4 デジタル・コンテンツとデジタル・サービス/5 スマート機器/6 データ保護と消費者/7 人工知能/8 契約書面のデジタル化/9 むすびにかえて

【資 料】
◆消費者契約及び消費者裁判手続等に関する検討会報告書
 資料解題[河上正二]

 *   *   *

① 消費者契約法と消費者契約に関する検討会報告書について(消費者庁)
② 消費者契約に関する検討会報告書(令和3年9月)
③ 消費者裁判手続特例法等に関する検討会報告書(令和3年10月)
④ 若年者への消費者教育の推進(消費者庁)
⑤ 「成年年齢引下げに伴う消費者教育全力」キャンペーン[2021/3/22決定]の概要(消費者庁)
⑥ 「成年年齢引下げに伴う消費者教育全力」キャンペーン(消費者庁)

このページのトップへ

内容説明

〈特集〉「成年年齢の引下げと消費者保護」 本号も第一線の執筆陣が集い、最新のテーマを、広い視野から精緻に検討
  
【特集:成年年齢の引下げと消費者保護】成年年齢引下げの「民法改正法」の施行を2022年4月に控え、精緻な検討を行う。実務から研究まで必読の書。5論文(河上、坂東、谷本、岩本、大本)とシンポジウム「成年になるとは」(高嶌監修)を収録。ほかにフレスナー教授のDPFをめぐる消費者庁での講演(カライスコス訳)も収録。資料編には、検討会資料等も充実。

 

このページのトップへ

関連書籍

このページのトップへ