【伝統と革新、学術世界の未来を一冊一冊に】
  • ホーム
  • お知らせ
  • 書籍検索
  • 書店様へ
  • 会社情報
 
ホーム > テキストブック法律と死因究明

テキストブック法律と死因究明

テキストブック法律と死因究明

「死因究明」の役割を意識しつつ,人の死が関わる法律問題(刑事事件・民事事件)を解決するために必要な法的知識をやさしく解説。

著者 田中 良弘 編著
稲田 隆司 編著
若槻 良宏 編著
ジャンル 法律
シリーズ 一般  > 信山社ブックレット
出版年月日 2021/09/30
ISBN 9784797281705
判型・ページ数 4-6変・232ページ
定価 本体1,800円+税
在庫 在庫あり
 

目次

『テキストブック 法律と死因究明』

田中良弘・稲田隆司・若槻良宏 編著

【目 次】

・はしがき
・刊行によせて

◆第1部◆導入編

●第1章 法律問題と死因究明
Ⅰ ガイダンス
Ⅱ 法律問題における死因究明の役割

◆第2部◆基礎編

●第2章 犯罪とは何か?
Ⅰ はじめに
Ⅱ 刑法の意義・特色・機能
Ⅲ 犯罪の意義と成立要件
Ⅳ 死因究明と深く関わる犯罪類型

●第3章 刑事手続の概要
Ⅰ はじめに
Ⅱ 捜査~公訴の提起
Ⅲ 公 判

●第4章 刑事裁判と証拠法則
Ⅰ はじめに
Ⅱ 証拠法則
Ⅲ 自由心証主義

●第5章 不法行為責任とは何か?
Ⅰ はじめに
Ⅱ 不法行為責任の成立要件
Ⅲ 過 失
Ⅳ 因果関係

●第6章 民事裁判の概要
Ⅰ はじめに
Ⅱ 民事裁判の基本原則
Ⅲ 民事裁判の基本的な流れ

◆第3部◆実践編

●第7章 捜査活動と死因究明
Ⅰ はじめに
Ⅱ 捜査における死因究明の役割
Ⅲ 捜査段階における死因究明

●第8章 刑事事実認定と死因究明① ―事件性―
Ⅰ はじめに
Ⅱ 事件性の認定と死因究明
Ⅲ 事件性が争われた具体的事例

●第9章 刑事事実認定と死因究明② ―殺意―
Ⅰ はじめに
Ⅱ 殺意の認定と死因究明

●第10章 刑事手続と死因究明① ―鑑定―
Ⅰ はじめに
Ⅱ 刑事手続における鑑定の役割
Ⅲ 鑑定書のポイント
Ⅳ 裁判員裁判における鑑定の取り扱い

●第11章 刑事手続と死因究明② ―証人尋問―
Ⅰ はじめに
Ⅱ 証人尋問の流れ

●第12章 民事紛争と死因究明
Ⅰ はじめに
Ⅱ 医療事故における過失
Ⅲ 医療事故における因果関係

●第13章 民事事実認定と死因究明① ―過失―
Ⅰ はじめに
Ⅱ 民事裁判における過失の認定

●第14章 民事事実認定と死因究明② ―因果関係―
Ⅰ はじめに
Ⅱ 民事裁判における因果関係の認定

●第15章 民事裁判と死因究明
Ⅰ はじめに
Ⅱ 民事裁判における立証活動
Ⅲ 民事医療訴訟の具体的事例  

このページのトップへ

内容説明

法律が実際の司法の現場でどのように使われているのか、具体的事例を用いて学ぶテキスト-「第1部 導入編」、「第2部 基礎編」、「第3部 実践編」として段階的に学ぶ
  
法律が実際の司法の現場でどのように使われているのか、具体的事例を用いて学ぶテキスト【「第1部 導入編」・「第2部 基礎編」・「第3部 実践編」】。「死因究明」の役割を意識しつつ,人の死が関わる法律問題(刑事事件・民事事件)を解決するために必要な法的知識をやさしく解説。信頼の法学研究者と法曹実務家が共同した、法律学や法医学を学ぶ方々などに最適の書。

 

<著者紹介>

●編著者●
◆田中 良弘(たなか よしひろ)
立命館大学法学部教授・新潟大学客員教授・弁護士
担当:第1章,第8章,第9章

◆稲田 隆司(いなだ たかし)
新潟大学法学部教授
担当:第3章,第4章

◆若槻 良宏(わかつき よしひろ)
弁護士,元新潟大学法学部准教授
担当:第6章,第15章

●著 者●
◆岩嵜 勝成(いわさき かつなり)
新潟大学法学部准教授
担当:第5章,第12章

◆近藤 明彦(こんどう あきひこ)
新潟大学法学部教授,弁護士
担当:第13章,第14章

◆櫻井 香子(さくらい きょうこ)
新潟大学法学部准教授,弁護士
担当:第7章,第10章,第11章

◆本間 一也(ほんま かずや)
新潟大学法学部教授
担当:第2章

 

 

このページのトップへ

関連書籍

医事法辞典

医事法辞典

著者:甲斐 克則 編集代表
手嶋 豊 編集委員
中村 好一 編集委員
山口 斉昭 編集委員
佐藤 雄一郎 編集委員
磯部 哲 編集委員
 
 

このページのトップへ