【伝統と革新、学術世界の未来を一冊一冊に】
  • ホーム
  • お知らせ
  • 書籍検索
  • 書店様へ
  • 会社情報
 
ホーム > スポーツを法的に考えるⅠ ― 日本のスポーツと法・ガバナンス

スポーツを法的に考えるⅠ ― 日本のスポーツと法・ガバナンス

スポーツを法的に考えるⅠ ― 日本のスポーツと法・ガバナンス

日本のスポーツを法・ガバナンスの観点から解説。経済活性化というスポーツ目的と、本来のスポーツの目的を、法的視点から捉え直す。

著者 井上 典之
ジャンル 法律  > スポーツ法
シリーズ 一般  > 信山社新書
出版年月日 2021/06/30
ISBN 9784797281064
判型・ページ数 新書・256ページ
定価 本体1,100円+税
在庫 在庫あり
 

目次

『スポーツを法的に考えるⅠ―日本のスポーツと法・ガバナンス(信山社新書)』

 井上典之(神戸大学大学院法学研究科教授) 著

【目 次】

◆序 スポーツと法
 1 は じ め に
  スポーツと法
 2 スポーツの持つ二つの法的側面
  考える視点/スポーツ固有法/一般的な市民法/二つのルールの関係
 3 スポーツのグローバル化
  広がる国際的な仕組み/選手の海外移籍:例①プロ野球/選手の海外移籍:例②サッカー/世界へ羽ばたく選手
 4 スポーツにおける経済性と公共性の融合
  スポーツの商業化/運営・組織面でのグローバル化/スポーツの文化・公共性
 5 本書および続編・姉妹編としての『スポーツを法的に考えるⅡ─ヨーロッパ・サッカーとEU法』の構成
  本第Ⅰ巻と第Ⅱ巻の狙い/日本の法制度(第Ⅰ巻)/欧州の法制度(第Ⅱ巻)

◆第1章 近代国民国家の形成とスポーツ
 1 明治維新による近代の主権・国民国家の形成?
  幕藩体制下での日本とは?/版籍奉還と廃藩置県/大日本国帝国憲法の制定/近代の主権・国民国家としての大日本帝国/欧米的意味での近代立憲主義からの逸脱:家族国家観の流行
 2 日本「国民」の体力・精神強化のためのスポーツ活動
  大日本体育協会の設立/オリンピックへの参加/学校教育としての体育/本来的趣旨から外れ始めた日本のスポーツ/この歴史的名残から

◆第2章 国家を背景にするスポーツ
 1 近代オリンピック確立の背景
  私的活動であるはずのスポーツ?/一九三六年の第一一回オリンピック・ベルリン大会とナチス・ドイツ/なんのためのオリンピック?/オリンピックの商業化/ビジネスとしてのスポーツ競技大会
 2 日本でのオリンピックなどの世界大会
  三回目になる東京オリンピック/一回目になるはずだった第一二回大会/第一八回大会も政府主導/第一八回大会開催とその後/その後の日本での世界大会/二〇〇二年サッカー日韓ワールドカップ開催

◆第3章 スポーツ法制度の整備とその実体
 1 大会招致の相次ぐ失敗
  長野以降は空振り続き/公的機関のサポートだけでは不十分/スポーツ基本法の制定
 2 スポーツ立国戦略
  スポーツ基本法によるスポーツの位置づけ/スポーツの基本理念/スポーツ立国戦略の策定/人の重視/連携・協働の重視/五つの重点的戦略
 3 スポーツ振興基本計画からスポーツ基本計画へ
  スポーツ基本法に先立つスポーツ振興基本計画/国際競技大会開催のための施策/二〇一二年スポーツ基本計画の策定/二〇一三年の決定/東京オリンピック・パラリンピックの大会ビジョン

◆第4章 スポーツを冠にする法律
 1 四つしかないスポーツを冠にする法律
  スポーツは法律名称に使われにくい?/スポーツ競技自体の自主性・自律性
 2 スポーツ振興投票(いわゆるサッカーくじ)の登場
  サッカーくじを定める法律が一番古い/国を胴元にするサッカーくじ/最高ランクに格付けされた事業実績/メダリストの増加/結局は刑法の特例法
 3 スポーツ関連事業実施のためのセンター
  日本スポーツ振興センターの設置/広範囲にわたる業務内容/第二次スポーツ基本計画の実施/スポーツ振興投票業務は区別して/外郭団体としての天下り先
 4 スポーツ活動の公正かつ公平性の担保のために
  ドーピング防止のために/オリンピック委員会主導でのアンチ・ドーピング活動/素早く反応した日本/ユネスコによる国際規約/スポーツにおけるドーピングの防止活動の推進に関する法律/国の役割を規定するための法律

◆第5章 日本のスポーツ法制の基本的内容
 1 スポーツ立国のためのスポーツ基本法
  国策としてのスポーツ立国/スポーツ立国が国策とされる理由/「体育の日」から「スポーツの日」へ/競技にまで関与するスポーツ立国/国策とされるスポーツの国際競技大会の招致・開催
 2 手段化された日本でのスポーツ
  スポーツの価値の発揮/スポーツが変革・創造するもの/人を中心にする基本計画/ライフステージに応じたスポーツ環境/学校の教育活動としてのスポーツ/みんなのスポーツを目指して
 3 スポーツを通じた成長戦略
  スポーツ市場の拡大/非営利活動から営利活動も含めた内容へ/広範囲にわたるスポーツ関連事業者
 4 スポーツ立国戦略の基本に据えるべき視点
  自由な市民のイニシアティヴが必要/「援助すれども支配せず」が基本

◆第6章 スポーツ立国の中心になるプロ・スポーツ
 1 スポーツ市場の減退とプロ・スポーツ
  プロ野球の栄枯盛衰?/ライバルの出現が原因?/スポーツ市場の減退
 2 プロ・スポーツの市場活性化?
  スポーツ基本法に取り入れられたプロ・スポーツ/プロ・スポーツ市場の現状認識/プロ・スポーツへの関心の喚起/人の養成も必要/プロである以上、経営能力も必要/ビジネス化のためのさらなる施策
 3 国とのかかわりを深めるスポーツ団体とその自律化
  国の支援の必要性/支配されずに自律性の確保/スポーツ団体の基本原則/スポーツを魅力あるものに

◆第7章 日本のプロ・スポーツの代表例としての野球
 1 日本におけるプロ野球の展開
  プロ野球誕生の歴史/アマチュアと競合するプロ/戦争による中断と復活/第1次プロ野球再編問題
 2 プロ野球界の憲法とされる日本プロフェッショナル野球協約
  協約に基づいて設置される日本プロフェッショナル野球組織/協約の目的/プロ野球を網羅する協約/野球協約の性質
 3 野球におけるプロ・アマの関係
  複雑怪奇な日本の野球組織/プロ・アマの衝突/プロ・アマの確執からの雪解け
 4 ビジネスとしてのプロ野球の独自性
  かつての球団経営の特徴/フランチャイズ制による興行権の保護/一二球団の共同事業?/プロ野球ビジネスの課題とその克服

◆第8章 日本のプロ野球選手をめぐる問題
 1 選手生命の短さ
  引退選手の平均年齢の低さ/解雇は球団の判断/本人の意思での引退
 2 立場の弱いプロ野球選手
  プロ野球選手の労働市場/選手契約の特殊性/プロ選手となるには契約締結だけではない/不安定な選手の地位(トレードの問題)/選手契約の性質/外国人選手の特例
 3 選手の団結権の行使としての日本プロ野球選手会
  球団経営者と対等な立場の要求/労働組合日本プロ野球選手会の誕生/日本プロ野球選手会とは?/選手のセカンド・キャリアは?

◆第9章 二番煎じにはならなかった日本のプロ・サッカー
 1 日本のサッカーの歴史
  英国人により持ち込まれた外来文化/意外にも近畿が先進地/意外と早い組織の設立/最初からグローバルなサッカー/アジアサッカー連盟(AFC)の創設
 2 日本のサッカー界を一本化して統括するJFA
  日本蹴球協会の低迷期/日本サッカーリーグ(JSL)の開催/財団法人日本サッカー協会への改組/日本におけるアマチュア・サッカーの形骸化
 3 日本プロ・サッカーリーグ(Jリーグ)の出発
  当初は失敗を懸念されたサッカーのプロ化/JSLではなく上部団体(JFA)で/ドイツ・ブンデス・リーガをモデルに/Jリーグの理念と特徴/Jリーグ一年目の出来事(ドーハの悲劇)

◆第10章 日本のプロ・サッカーの仕組みとプロ・サッカー選手
 1 サッカー人気の高まり
  Jクラブの増加/プロ野球のライバルとなったプロ・サッカー/日本代表チームに引きずられたサッカー人気
 2 Jリーグクラブライセンス制度
  観客動員延べ人数は大きく増加する/プロ・サッカークラブとなるためには/Jクラブのクオリティー確保のために/中立的機関による五分野・三基準の審査
 3 JFAが統括するサッカー選手の登録と移籍
  プロ・アマの壁のない一括管理/プロ選手とアマチュア選手の区別/JFAが規律するプロ選手/選手獲得はクラブ間の自由競争
 4 選手だけではなく「支える」人もJFAが統括
  審判員もJFAが統括/指導者もJFAの管理下にある

◆第11章 日本のスポーツにおける紛争解決手段
 1 選手の地位向上・発言権確保のために
  非常に弱い選手の立場/サッカー界にもある労働組合/まだまだ不安定なプロ選手の法的地位
 2 スポーツ界の紛争の特殊性(団体内部での紛争処理)
  自律的団体内部の紛争?/一体いくらの年棒・報酬が妥当か?/選手の障害補償/各団体が紛争処理手続を定める
 3 スポーツでの紛争処理において重要となる裁判外紛争解決手続
  スポーツ仲裁裁判所(CAS)とは/日本国内のスポーツ仲裁機関/仲裁以外の紛争解決手段/弁護士会にもある紛争解決手段/表面化するスポーツ紛争の少なさ

◆第12章 日本のスポーツの現状認識─オリンピック、プロ野球、Jリーグやその他
 1 混沌とする日本のスポーツ事情─第三二回オリンピック・東京大会はどうなる?
  二〇二〇年のコロナ感染症/相次ぐ予期せぬ事態/スポーツ立国戦略の一環としての世界大会/もし開催になれば
 2 スポーツのない日常になった二〇二〇年
  「見るスポーツ」が無くなった二〇二〇年の春/コロナの中のラグビー競技/コロナ禍の中のプロ野球は?/高校野球・甲子園大会は春夏共に中止/コロナ禍のJリーグは?
 3 スポーツ立国の参考になるヨーロッパ
  スポーツの先進地域としてのヨーロッパ/地方再生を可能にするスポーツの仕組み/ダイバーシティ社会の礎となった「女性スポーツ改革」/教育ではなく任意活動としてのスポーツの実践/EUという地域的国家連合体の存在

このページのトップへ

内容説明

スポーツを法的な視点から見てみよう!―プロ野球・サッカーなど、日本スポーツを法・ガバナンスの観点から仔細に解説

経済活性化というスポーツの目的と、本来のスポーツの目的を、法的視点から捉え直す。姉妹編の『スポーツを法的に考えるⅡ―ヨーロッパ・サッカーとEU法』と合わせて、広くスポーツと法の関係が分かる待望の書!

  

 

 

このページのトップへ