【伝統と革新、学術世界の未来を一冊一冊に】
  • ホーム
  • お知らせ
  • 書籍検索
  • 書店様へ
  • 会社情報
 
ホーム > 医療安全と医事法 【医事法講座11】

医療安全と医事法 【医事法講座11】

医療安全と医事法 【医事法講座11】

医療安全に関する法制度の現状と課題 ― 法律と医療に携わる第一線の執筆陣が国内外の動向を精緻に検討する。

著者 甲斐 克則
ジャンル 法律  > 憲法
法律  > 民法
法律  > 民法  > 家族法
法律  > 医事法
法律  > 刑事法  > 刑法
医学・心理学  > 医学・健康
経営・ビジネス
シリーズ 法律・政治  > 医事法講座
出版年月日 2021/03/30
ISBN 9784797212112
判型・ページ数 A5変・320ページ
定価 本体9,000円+税
在庫 在庫あり
 

目次

『医療安全と医事法(医事法講座第11巻)』

  甲斐克則(早稲田大学大学院法務研究科教授) 編

【執筆者紹介(掲載順)】
甲斐克則:早稲田大学大学院法務研究科教授
小松原明哲:早稲田大学理工学術院教授
児玉安司:弁護士・一橋大学法科大学院客員教授・自治医科大学客員教授
上田裕一:地方独立行政法人奈良県立病院機構理事長・名古屋大学名誉教授(医学)
岩田太:神奈川大学法学部教授
畑中綾子:尚美学園大学総合政策学部准教授
秋元奈穂子:立教大学法学部准教授
和田仁孝:早稲田大学大学院法務研究科教授
武市尚子:弁護士
水口真寿美:弁護士
押田茂實:日本大学医学部名誉教授(法医学)
水沼直樹:弁護士・東邦大学ほか医学部非常勤講師

================

【目 次】

1 医療安全と医事法の関わり/甲斐克則
2 ヒューマンエラーの考え方―人間工学の立場から/小松原明哲
3 福祉国家の変容と医事法―医療安全のために医事法は何ができるか/児玉安司
4 院内医療事故調査の課題/上田裕一
5 医療安全の向上のための事故情報の説明・謝罪/岩田太
6 医療事故の原因究明と医療安全制度の構築/畑中綾子
7 医療事故被害者に対する補償制度―産科医療補償制度の現在と課題/秋元奈穂子
8 医療ADRの多元的機能と医療安全/和田仁孝
9 病院内法務と医療安全/武市尚子
10 医薬品の安全性確保をめぐる現代的諸課題/水口真寿美
11 法医学の観点から見た医療安全/押田茂實・水沼直樹

このページのトップへ

内容説明

◆重要テーマである〈医療安全〉をめぐる法制度の現状と課題を多角的に検討 ― 第一線の執筆陣が、国内外の状況を広範に考察した、法律、医学関係者必読の書◆
  
幅広い分野から信頼の執筆陣が一堂に集い、総合的検討を行なう。いかにして質の高い医療を確保・構築していくか、法学(研究者、弁護士)、人間工学、医療現場、医療事故、医療ADR、病院内法務、薬害、法医学など、多様な観点から考察。コロナ禍で,その感染症対策との関わりにおいても、大きな課題となっている重要テーマで、医療関係者、法律家等幅広く有用。
 

このページのトップへ

関連書籍

このページのトップへ