【伝統と革新、学術世界の未来を一冊一冊に】
ホーム > 憲法の発展Ⅰ-憲法の解釈・変遷・改正

憲法の発展Ⅰ-憲法の解釈・変遷・改正  新刊

日独憲法対話2015

憲法の発展Ⅰ-憲法の解釈・変遷・改正

日本とドイツの対話から、グローバルに照射される憲法学の最先端と長年の蓄積が、この一冊から読み解ける。

著者 鈴木 秀美
M・イェシュテット
小山 剛
R・ポッシャー
ジャンル 法律 > 憲法
出版年月日 2017/09/30
ISBN 9784797298987
判型・ページ数 A5変・304ページ
定価 本体7,800円+税
在庫 在庫あり
 

目次

 『憲法の発展Ⅰ―― 解釈・変遷・改正(日独憲法対話2015)』

  鈴木秀美/マティアス・イェシュテット/小山 剛/ラルフ・ポッシャー 編集


【目  次】

 
はしがき
参加者一覧

 
◆Ⅰ◆ 憲法の役割

◇1〈報告〉◇憲法の役割――ロールズ、ハーバーマス、日本〔毛利 透〕

 Ⅰ 憲法理解と憲法の現実への開放性
 Ⅱ ジョン・ロールズにおける静態的憲法観
 Ⅲ ユルゲン・ハーバーマスにおける手続主義的、プロジェクト的憲法
 Ⅳ 日本における実体的および手続的憲法理解

◇2〔コメント〕◇憲法の役割〔ウヴェ・フォルクマン〔西土彰一郎 訳〕〕


◆Ⅱ◆ 「憲法発展」の概念

◇1〈報告〉◇憲法発展の諸構想〔クリスチャン・ブムケ〔高橋雅人 訳〕〕

 Ⅰ 主題、問題設定そして進め方
 Ⅱ 憲法発展の構想の諸要素
 Ⅲ 結論と展望

◇2〔コメント〕◇「憲法発展」の観念――日本の視点から〔林 知更〕

 Ⅰ 「憲法発展」を論じる文脈
 Ⅱ 憲法は発展するのか?
 Ⅲ 戦後日本における「憲法発展」
 Ⅳ 憲法学の役割


◆Ⅲ◆ 憲法改正とその限界

◇1〈報告〉◇憲法改正とその限界――日独比較についての考察〔クリストフ・シェーンベルガー〔柴田尭史=宮村教平 訳〕〕

 Ⅰ はじめに
 Ⅱ ハイライト――二つの再軍備
 Ⅲ 日独における憲法改正の意義の違いに関する考察
 Ⅳ 憲法改正の憲法上の限界

◇2〔コメント〕◇日本における憲法改正とその限界〔高田 篤〕

 Ⅰ はじめに
 Ⅱ 再 軍 備
 Ⅲ 憲法改正にかかる実務
 Ⅳ 憲法改正への学的対応
 Ⅴ 「憲法改正の代替」と憲法に対する様々な見方
 Ⅵ 憲法改正の限界
 Ⅶ 結 語


◆Ⅳ◆ 自由民主党の日本国憲法改正案

◇1〈報告〉◇国家依存性と代表性の欠陥の狭間で――多くの国民が反自由主義的な自民党憲法改正草案を受け入れる理由?〔西原博史〕

 Ⅰ 序
 Ⅱ 平和主義条項をめぐる争い(憲法9条)
 Ⅲ 全面改正の試み
 Ⅳ 憲法改正に対する国民の無関心とその理由
 Ⅴ 展 望

◇2〔コメント〕◇自由民主党の日本国憲法改正案〔クリスチャン・ヴァルトホフ〔杉原周治 訳〕〕


◆Ⅴ◆ ドイツ基本法10条、13条、16条を例とした憲法改正の必要性と意義

◇1〈報告〉◇憲法改正の必要性と意義、基本法10条、13条、16条を例として〔クリスチャン・ヒルグルーバー〔大西楠・テア 訳〕〕

 Ⅰ はじめに
 Ⅱ 基本法10条2項2文、19条4項3文――必要な憲法改正だったのか?
 Ⅲ 庇護妥協
 Ⅳ 盗聴による住居監視
 Ⅴ ま と め

◇2〔コメント〕◇憲法改正と憲法裁判〔川又伸彦〕

 Ⅰ はじめに
 Ⅱ 憲法改正と憲法解釈
 Ⅲ 憲法改正代わりの通常の立法
 Ⅳ 解釈による憲法発展と憲法改正
 Ⅴ 憲法改正と憲法裁判
 Ⅵ おわりに


◆Ⅵ◆ 憲法解釈と憲法変遷

◇1〈報告〉◇憲法解釈と憲法変遷〔三宅雄彦〕

 Ⅰ 序 言
 Ⅱ 憲法変遷概念の不要
 Ⅲ スメント憲法変遷論
 Ⅳ 憲法変遷の憲法理論
 Ⅴ 結 語

◇2〔コメント〕◇憲法変遷――言語理論による一解明〔ラルフ・ポッシャー〔柴田憲司 訳〕〕

 Ⅰ 憲法変遷の概念
 Ⅱ 憲法変遷の言語理論的な解明
 Ⅲ 憲法解釈にとっての帰結


◆Ⅶ◆ 同性パートナーの憲法による保護

◇1〈報告〉◇同性婚への道筋――連邦憲法裁判所と立法者の役割について〔マルティン・ネッテスハイム〔太田航平=村山美樹 訳〕〕

 Ⅰ 2人の人間による永続的な共同生活の中心的形式としての婚姻の安定化および保障
 Ⅱ 婚姻制度のリベラルな変革
 Ⅲ 登録生活パートナーシップ――伝統的婚姻理解を開放する存在から脅かす存在へ
 Ⅳ 同性婚への道
 Ⅴ 連邦憲法裁判所と不一致宣言

◇2〔コメント〕◇生活パートナーシップ:憲法による保護――法・変遷する社会〔松原光宏〕

 Ⅰ はじめに
 Ⅱ 現 状
 Ⅲ 検 討
 Ⅳ 結 語

このページのトップへ

内容説明

憲法解釈と理論の深化を図る、日独の憲法学者が一同に集った待望の書。日本とドイツの対話から、グローバルに照射される憲法学の最先端と長年の蓄積が、この一冊から読み解ける。日独の第一線の研究者による、『憲法の発展』シリーズの第1弾、待望の刊行開始!

このページのトップへ

関連書籍

規範力の観念と条件

規範力の観念と条件

憲法の持つ現実的意義とは何か

著者:ドイツ憲法判例研究会
古野 豊秋 編集代表
三宅 雄彦 編集代表
 
憲法の規範力と憲法裁判 

憲法の規範力と憲法裁判 

憲法裁判の果たす役割とは何か

著者:ドイツ憲法判例研究会
戸波 江二 編集代表
畑尻 剛 編集代表
 
 
憲法の規範力とメディア法

憲法の規範力とメディア法

憲法とメディアについての最新理論

 
憲法の規範力と行政

憲法の規範力と行政

〈憲法の規範力〉と様々な行政作用

 
 
ドイツの憲法判例(第2版)

ドイツの憲法判例(第2版)

ドイツの主要憲法判例94件の解説

著者:ドイツ憲法判例研究会
栗城 壽夫 編集代表
戸波 江二 編集代表
根森 健 編集代表
 
ドイツの憲法判例 Ⅱ(第2版)

ドイツの憲法判例 Ⅱ(第2版)

1985-1995年の重要判例の解説

著者:ドイツ憲法判例研究会
栗城 壽夫 編集代表
戸波 江二 編集代表
石村 修 編集代表
 
 
ドイツの憲法判例 Ⅲ

ドイツの憲法判例 Ⅲ

1996~2005年の主要86判例を掲載

著者:ドイツ憲法判例研究会
栗城 壽夫 編集代表
戸波 江二 編集代表
嶋崎 健太郎 編集代表
 
憲法裁判の国際的発展

憲法裁判の国際的発展

世界における憲法裁判の進歩

著者:ドイツ憲法判例研究会
栗城 壽夫 編集代表
戸波 江二 編集代表
畑尻 剛 編集代表
 
 
保護義務としての基本権

保護義務としての基本権

講演と、論文の翻訳をまとめ、解説を付す

 
未来志向の憲法論

未来志向の憲法論

憲法論は人間の根本問題に遡らざるを得ない

著者:ドイツ憲法判例研究会
栗城 壽夫 編集代表
戸波 江二 編集代表
青柳 幸一 編集代表
 
 
人間・科学技術・環境

人間・科学技術・環境

日独憲法共同研究シンポジウム

著者:ドイツ憲法判例研究会
栗城 壽夫 編集代表
戸波 江二 編集代表
青柳 幸一 編集代表
 
十九世紀ドイツ憲法理論の研究

十九世紀ドイツ憲法理論の研究

ドイツ憲法学の生成から憲法を考究する

著者:栗城 壽夫
 
 
憲法学の可能性

憲法学の可能性

時代を捉え、新たな憲法学の方向性を提示

著者:棟居 快行
 
立憲国家と憲法変遷

立憲国家と憲法変遷

憲法学の基礎概念に関する理論的研究

著者:赤坂 正浩
 
 
世紀転換期の憲法論

世紀転換期の憲法論

近年の社会・政治動向と立憲民主制の真価

著者:赤坂 正浩
 
行政訴訟と権利論〔新装第2刷〕

行政訴訟と権利論〔新装第2刷〕

多極化する行政法上の法関係

著者:神橋 一彦
 
 
憲法と国際規律

憲法と国際規律

「国際規律」の性質に応じた憲法

著者:齊藤 正彰
 
憲法学の倫理的転回

憲法学の倫理的転回

憲法を支える我々の意志と行為

著者:三宅 雄彦
 
 
ドイツ憲法集(第7版)

ドイツ憲法集(第7版)

約6年ぶりの改訂版!

著者:高田 敏 編訳
初宿 正典 編訳
 
憲法講義(人権)

憲法講義(人権)

憲法上の権利を最小単位に分類、説明

著者:赤坂 正浩
 
 
行政救済法(第2版)

行政救済法(第2版)

★人気書が充実化、待望の改訂!!★

著者:神橋 一彦
 
シュテルン ドイツ憲法Ⅰ 総論・統治編

シュテルン ドイツ憲法Ⅰ 総論・統治編

ドイツ国法学の理論的到達点を示す

 
 
憲法理論とその展開 - 浦部法穂先生古稀記念

憲法理論とその展開 - 浦部法穂先生古稀記念

社会の現実へ目を向けた実践的・総合的考察

著者:門田 孝
井上 典之
 
 
プロセス演習 憲法(第4版)

プロセス演習 憲法(第4版)

法科大学院用憲法教材の第4版

著者:LS憲法研究会
棟居 快行 編集代表
工藤 達朗 編集代表
小山 剛 編集代表
 
 
憲法(第5版)

憲法(第5版)

ポイントをおさえた憲法の基本書

 
 
フランスの憲法判例 II

フランスの憲法判例 II

フランス憲法判例集第2弾

 
憲法改革の理念と展開 上─大石眞先生還暦記念
 
 
憲法改革の理念と展開 下─大石眞先生還暦記念
 
憲法訴訟論(第2版)

憲法訴訟論(第2版)

憲法訴訟論を段階的に詳述

著者:新 正幸
 
 
放送の自由(増補第2版)

放送の自由(増補第2版)

インターネットなど技術革新に対応

著者:鈴木 秀美
 
アメリカ放送契約論

アメリカ放送契約論

アメリカで特徴的な理念に迫る

著者:磯本 典章
 
 
放送の自由の基層

放送の自由の基層

内部的自由と公共メディア

著者:西土 彰一郎
 
ケーブル放送と著作権法

ケーブル放送と著作権法

わが国にもその資するところは大きい

 
 

このページのトップへ