【伝統と革新、学術世界の未来を一冊一冊に】
ホーム > ドイツ封建社会の城塞支配権

ドイツ封建社会の城塞支配権  新刊

学術選書159

ドイツ封建社会の城塞支配権

中世盛期、特に12世紀から13世紀中葉まで時期の城塞支配権の内部構造を究明・考察する。中世法制史に刻まれる貴重な論考。

著者 櫻井 利夫
ジャンル 法律 > 法制史
シリーズ 法律・政治 > 学術選書
出版年月日 2017/10/01
ISBN 9784797267594
判型・ページ数 A5変・368ページ
定価 本体8,000円+税
在庫 在庫あり
 

内容説明

中世盛期、特に12世紀から13世紀中葉まで時期の、城塞支配権の内部構造を究明・考察する。12世紀広範囲成立した『ファルケンシュタイン証書集』との出会いを含め、多くの文献と史料を緻密に渉猟し、闇に閉ざされていた、城主による支配の真相と、具体的な構成要素・要因を解き明かす。中世法制史に刻まれる貴重な研究。

このページのトップへ

関連書籍

近代民事訴訟法史・ドイツ

近代民事訴訟法史・ドイツ

日本民訴法の母法・ドイツ民訴法研究

著者:鈴木 正裕
 
近代民事訴訟法史・オーストリア

近代民事訴訟法史・オーストリア

日本民訴法の源流・オーストリア法研究

著者:鈴木 正裕
 
 
前近代における社会福祉法制

前近代における社会福祉法制

古代から現代に至る社会福祉法制を考究

著者:桑原 洋子
 
近代刑法の史的展開

近代刑法の史的展開

刑法の史的展開の要諦と本質

著者:山中 敬一
 
 
近代刑法の遺産 上

近代刑法の遺産 上

現代刑法の指針と理念を探る

 
近代刑法の遺産 中

近代刑法の遺産 中

現代刑法の指針と理念を探る

 
 
近代刑法の遺産 下

近代刑法の遺産 下

現代刑法の指針と理念を探る

 
フランス近代公法史 1789-1875

フランス近代公法史 1789-1875

アンシャン・レジム末から第三共和制の到来

著者:塙 浩
 
 
ヨーロッパ近代政治史

ヨーロッパ近代政治史

18世紀から冷戦終結後まで

著者:須藤 博忠
 
少年法の歴史的展開

少年法の歴史的展開

日本の少年法・児童福祉法を跡づける

著者:森田 明
 
 
コピーライトの史的展開

コピーライトの史的展開

著作権の本質を歴史的発展から探っている

著者:白田 秀彰
 
独占禁止法の史的展開

独占禁止法の史的展開

独占禁止法は資本主義を守る経済憲法である

著者:谷原 修身
 
 
日本財政制度の比較法史的研究

日本財政制度の比較法史的研究

憲法学における財政制度関連の唯一の研究書

著者:小嶋 和司
 
 

このページのトップへ