【伝統と革新、学術世界の未来を一冊一冊に】
ホーム > ドイツ近現代法学への歩み

ドイツ近現代法学への歩み  新刊

法学翻訳叢書14

ドイツ近現代法学への歩み

法律学の基礎理論を学ぶための好著、待望の刊行。ドイツ法学史の第一人者、シュレーダー教授の退官を記念して編まれた論文集の翻訳。

著者 ヤン・シュレーダー
石部 雅亮 編訳
ジャンル 法律 > 法制史
法律 > 外国法/比較法
シリーズ 法律・政治 > 法学翻訳叢書
出版年月日 2017/07/10
ISBN 9784797223668
判型・ページ数 A5変・580ページ
定価 本体11,800円+税
在庫 在庫あり
 

目次

【目 次】


 序 言(ヤン・シュレーダー)〔石部 雅亮〕     

  凡 例/翻訳者紹介 

1 〔第3章〕初期近代の法学方法論における類推について〔遠藤 歩〕 
2 〔第5章〕近世における例外法規の解釈〔田中 実〕 
3 〔第7章〕近世における弁論術と法学的解釈学〔田中 実〕  
4 〔第9章〕17・18世紀の法理論における,論拠としての「通説」〔守矢 健一〕 
5 〔第10章〕「都市法はラント法を破る」初期近代における法源の競合について〔佐藤 団〕 
6 〔第14章〕18―19世紀のドイツ諸大学における専門科目としての自然法(S.297―311)〔三成 美保〕 
7 〔第15章〕私法と公法 18世紀の自然法論における近代法体系の発展について〔高橋 雅人〕 
8 〔第18章〕サヴィニーの専門家教説(Spezialisten-dogma)と「社会学的」法学〔笹倉 秀夫〕  
9 〔第19章〕サヴィニーがドイツ民法典総則編に与えた影響 パウル・ミカートの60歳誕生日(1984年12月10日)を祝して〔笹倉 秀夫〕  
10 〔第20章〕コルポラティオーン論 前期ゲノッセンシャフト論のために ゲオルグ・ベーゼラーによるケルパーシャフトの近代的概念の基礎づけ〔石部 雅亮〕 
11 〔第21章〕近代法史における法ドグマーティクと立法の関係(私法を例にして)〔石部 雅亮〕 
12 〔第22章〕ドイツ帝国に法律実証主義はあったのか?〔高橋 雅人〕  
13 〔第23章〕ライヒ裁判所の判決における法律実証主義について〔笹倉 秀夫〕 
14 〔第24章〕20世紀初期の方法論における民法の一般条項〔杉本 好央〕 
15 〔第25章〕1850年から1930年までの慣習法論について〔杉本 好央〕 
16 〔第26章〕20世紀初期における「裁判官法」と法概念〔平田 公夫〕 
17 〔第27章〕20世紀初期における法概念と解釈の諸原則―「客観的」解釈論と「主観的」解釈論との争いについての覚書―〔平田 公夫〕 
18 〔第28章〕ワイマール共和国における集団主義理論と私法―契約自由を例として〔笹倉 秀夫〕 
19 〔第29章〕ホフマンシュタールの『バラの騎士』におけるモルゲンガーベ〔笹倉 秀夫〕  
20 〔第30章〕『大公殿下』(Königliche Hoheit)―トーマス・マンの第2作目小説における国法と君侯家の家法〔笹倉 秀夫〕  

   * * *

訳者あとがき  〔石部 雅亮〕 
 
人名索引 

このページのトップへ

内容説明

法律学の基礎理論を学ぶための好著、待望の刊行!

ドイツ法学史の第一人者、シュレーダー教授の退官を記念して編まれた論文集の翻訳。法源論、法体系論、法学方法論、体系的な方法論史への形成過程を窺う格好の書。

【翻訳者】石部雅亮/遠藤歩/ 田中実/守矢健一/佐藤団/三成美保/高橋雅人/笹倉秀夫/杉本好央/平田公夫(掲載順)

このページのトップへ

関連書籍

トーピク・類推・衡平─法解釈方法論史の基本概念

トーピク・類推・衡平─法解釈方法論史の基本概念

近世・近代ヨーロッパの法解釈法論の変遷史

 
グローバル化と法

グローバル化と法

新しい国際的法秩序への貴重な示唆

 
 
法の国際化への道

法の国際化への道

シンポジウムの記録に加筆して充実

 
法の実現と手続

法の実現と手続

シンポジウムの記録に加筆して充実

 
 
グローバル化と社会国家原則─日独シンポジウム

グローバル化と社会国家原則─日独シンポジウム

グローバルな競争と国家・個人の役割

 
法発展における法ドグマーティクの意義

法発展における法ドグマーティクの意義

理論と実務の新たなる交錯の試み

 
 
団体・組織と法

団体・組織と法

第6回日独共同シンポジウムの記録

 
インターネット・情報社会と法

インターネット・情報社会と法

日独法学シンポジウムの研究成果

 
 
日独憲法学の創造力 下─栗城壽夫先生古稀記念

日独憲法学の創造力 下─栗城壽夫先生古稀記念

核心に迫る論題から最新の問題まで

著者:樋口 陽一 編集代表
上村 貞美 編集代表
戸波 江二 編集代表
 
ドイツ憲法集(第7版)

ドイツ憲法集(第7版)

約6年ぶりの改訂版!

著者:高田 敏 編訳
初宿 正典 編訳
 
 
規範力の観念と条件

規範力の観念と条件

憲法の持つ現実的意義とは何か

著者:ドイツ憲法判例研究会
古野 豊秋 編集代表
三宅 雄彦 編集代表
 
憲法の規範力と憲法裁判 

憲法の規範力と憲法裁判 

憲法裁判の果たす役割とは何か

 
 
憲法の規範力とメディア法

憲法の規範力とメディア法

憲法とメディアについての最新理論

 
憲法の規範力と行政

憲法の規範力と行政

〈憲法の規範力〉と様々な行政作用

 
 
ドイツの憲法判例 Ⅲ

ドイツの憲法判例 Ⅲ

1996~2005年の主要86判例を掲載

著者:ドイツ憲法判例研究会
栗城 壽夫 編集代表
戸波 江二 編集代表
嶋崎 健太郎 編集代表
 
ドイツの憲法判例 Ⅱ(第2版)

ドイツの憲法判例 Ⅱ(第2版)

1985-1995年の重要判例の解説

著者:ドイツ憲法判例研究会
栗城 壽夫 編集代表
戸波 江二 編集代表
石村 修 編集代表
 
 
ドイツの憲法判例(第2版)

ドイツの憲法判例(第2版)

ドイツの主要憲法判例94件の解説

著者:ドイツ憲法判例研究会
栗城 壽夫 編集代表
戸波 江二 編集代表
根森 健 編集代表
 
保護義務としての基本権

保護義務としての基本権

講演と、論文の翻訳をまとめ、解説を付す

 
 
未来志向の憲法論

未来志向の憲法論

憲法論は人間の根本問題に遡らざるを得ない

著者:ドイツ憲法判例研究会
栗城 壽夫 編集代表
戸波 江二 編集代表
青柳 幸一 編集代表
 
人間・科学技術・環境

人間・科学技術・環境

日独憲法共同研究シンポジウム

著者:ドイツ憲法判例研究会
栗城 壽夫 編集委員
戸波 江二 編集委員
 
 
ドイツ研究 51号

ドイツ研究 51号

日本ドイツ学会学会誌第51号。

 
 

このページのトップへ