【伝統と革新、学術世界の未来を一冊一冊に】
ホーム > 法と哲学 【第3号】

法と哲学 【第3号】  新刊

法と哲学 【第3号】

法と哲学のシナジーによる〈面白き学知〉の創発を目指して、法の現場から哲学に挑戦し、法学の前線から法を問い直す。

著者 井上 達夫 編集代表
田中 成明
山田 八千子
米村幸太郎
福原 正人
橋本 努
亀本 洋
ジャンル 法律 > 法哲学
シリーズ 法律・政治 > 研究雑誌
出版年月日 2017/06/30
ISBN 9784797298635
判型・ページ数 菊判変・176ページ
定価 本体3,200円+税
在庫 在庫あり
 

目次

 『法と哲学第3号』
  
  井上達夫(東京大学大学院法学政治学研究科教授)責任編集

【目  次】

はしがき

◇論  説◇

1 法の一般理論としての法概念論の在り方について―現代分析法理学への二方向からの批判を手がかりに―〔田中成明〕

 はじめに
 Ⅰ 法理学の問題領域と法の一般理論の任務
 Ⅱ 法理学の任務と法の概念をめぐるハートとドゥオーキンの見解
 Ⅲ 社会的法理論と法多元主義からの批判
 む す び

2 法的擬制と根元的規約主義―根元的規約主義からの法的推論における擬制の検討―〔山田八千子〕

 はじめに
 Ⅰ 擬制・法的推論・根元的規約主義
 Ⅱ 法的推論における擬制の位置づけ
 Ⅲ 根元的規約主義と擬制との関係
 結びに代えて

3 2つのパターナリズムと中立性〔米村幸太郎〕

 Ⅰ イントロダクション
 Ⅱ 2つのパターナリズム
 Ⅲ 中立性の要請からの批判
 Ⅳ 中立的なパターナリズム

4 領有権の正当化理論―国家は何をもって領土支配を確立するのか―〔福原正人〕

 Ⅰ はじめに
 Ⅱ 三つの正当化理論
 Ⅲ 適理的な受容可能性テスト
 Ⅳ 権利の個別化
 Ⅴ 領土紛争
 Ⅵ おわりに

◇書  評◇

1 生態的合理主義の地平〔橋本 努〕

 [若松良樹『自由放任主義の乗り越え方』(勁草書房2016)]

 Ⅰ はじめに(134)
 Ⅱ ホモ・エコノミクス仮説と政府介入
 Ⅲ リバタリアン・パターナリズムの前提
 Ⅳ いかなる生態的合理主義か

2 嶋津格氏への応答,というよりも共闘〔亀本 洋〕

 〔嶋津格「平等への妄執(obsession)を抉るロールズ論の好著2冊」(『法と哲学』2号(2016年)147頁以下)への返答〕

 Ⅰ 嶋津との共闘―運によって決まる格差が一番大事
 Ⅱ 分配の正義と分布の正義
 Ⅲ 法における正義
 Ⅳ 協働作業の生産物の分配
 Ⅴ 分配曲線の解釈
 Ⅵ 敵としての社会的選択理論

-------------------------------------------------

Ho to Tetsugaku

Edited by Tatsuo INOUE

[Law and Philosophy / Droit et philosophie / Recht und Philosophie]

No.3 June 2017

【Articles】
 1. The Task of Conception of Law as a General Theory of Law −An Examination of Two Contrastive Criticisms on Analytical     Jurisprudence / Shigeaki TANAKA
 2. Legal Fiction and Radical Conventionalism / Yachiko YAMADA
 3. Two Kinds of Paternalism and Neutrality / Kotaro YONEMURA
 4. Territorial Rights: Justificatory Theories / Masato FUKUHARA
【Book Reviews】
 1. A Horizon of Ecological Rationalism / Tsutomu HASHIMOTO
 2. A Struggle Cooperating with Itaru Shimazu Rather than a Reply to Him / Hiroshi KAMEMOTO

このページのトップへ

内容説明

学術世界の未来を拓く、『法と哲学』に、待望の第3号が登場!

法と哲学のシナジーによる〈面白き学知〉の創発を目指して、法の現場から哲学に挑戦し、法学の前線から法を問い直す。第3号は論説では、田中(法概念論の在り方)、山田(法的擬制と根元的規約主義)の特別寄稿に加え、厳正な審査をくぐった米村、福原の投稿論文2編、内発的論争を活性化させる橋本、亀本による書評2編を収録。

このページのトップへ

関連書籍

法と哲学 第2号

法と哲学 第2号

法と哲学のシナジーによる〈面白き学知〉

 
法と哲学 創刊第1号
 
 
現代法哲学講義

現代法哲学講義

現代の論争テーマの法哲学による考察

著者:井上 達夫 編著
 
体制改革としての司法改革

体制改革としての司法改革

意思決定をキーワードとする司法改革論

 
 

このページのトップへ