【伝統と革新、学術世界の未来を一冊一冊に】
ホーム > 現代日本の法過程 〔宮澤節生先生古稀記念〕―下巻

現代日本の法過程 〔宮澤節生先生古稀記念〕―下巻  新刊

The Legal Process in Contemporary Japan: A Festschrift in Honor of Professor Setsuo Miyazawa's 70th Birthday, Vol.2

現代日本の法過程 〔宮澤節生先生古稀記念〕―下巻

上・下巻で計71本の論稿を掲載。国内外、また日本語、英語を問わず、第一線の研究者・実務家が一堂に集う

著者 上石 圭一
大塚 浩
武蔵 勝宏
平山 真理
ジャンル 法律 > 法社会学
出版年月日 2017/05/13
ISBN 9784797282122
判型・ページ数 A5変・832ページ
定価 本体17,800円+税
在庫 在庫あり
 

目次

『現代日本の法過程 〔宮澤節生先生古稀記念〕 下巻』

  上石圭一・大塚 浩・武蔵勝宏・平山真理 編


【目  次】

◆5◆ 民事紛争処理過程

33 交通事故紛争処理実践の多元的意味構造:「認知された共同体」と紛争の意味〔和田仁孝〕
 Ⅰ はじめに
 Ⅱ 認知された共同体と訴訟の意味:分析概念の整理
 Ⅲ 日本における交通事故紛争処理制度と近年の変容
 Ⅳ む す び

34 紛争処理とリアリティ〔和田安弘〕
 Ⅰ 課題への導入(ミルの『自由論』から)
 Ⅱ 「リアリティ(現実)」の位置づけ
 Ⅲ 「現実」の綻び
 Ⅳ 「現実」の構築を支える道徳感情
 Ⅴ 紛争と「リアリティの共有」
 Ⅵ ま と め

35 司法制度利用率の地域研究の示唆するもの――沖縄の経験から法と社会を考える――〔馬場健一〕
 Ⅰ 概要――問題設定
 Ⅱ 沖縄司法の歴史概観
 Ⅲ 米国統治下を含む戦後の司法統計から見る沖縄の司法利用の特徴
 Ⅳ 沖縄の司法利用から見えてくるもの――調停利用率の変遷を軸に
 Ⅴ 沖縄司法の経験が問うこと――司法統計を離れ,より根源的に

◆6◆ 刑事司法と刑事政策

36 討議民主主義理論に基づく検察審査会制度の意義の再構成 試論〔柳瀬 昇〕
 Ⅰ 国民の司法参加の一態様としての検察審査会制度
 Ⅱ 検察審査会制度の概要
 Ⅲ 討議民主主義理論に基づく検察審査会制度の意義の再構成

37 裁判員裁判におけるtheoryとtheme〔菅原郁夫〕
 Ⅰ はじめに
 Ⅱ アメリカにおけるtheoryとtheme
 Ⅲ 日本におけるtheoryとtheme
 Ⅳ 今後の課題
 Ⅴ おわりに

38 裁判員裁判における死刑選択基準〔城下裕二〕
 Ⅰ 問題の所在
 Ⅱ 裁判員裁判における死刑判決の動向
 Ⅲ 最高裁平成27年2決定の意義
 Ⅳ 死刑の一般的選択基準

39 被疑者取調べ録画映像のインパクト――実質証拠化の危険性をめぐって――〔指宿 信〕
 Ⅰ はじめに――問題の所在
 Ⅱ 被疑者取調べをめぐる法的保護の欠如
 Ⅲ 撮影アングルのもたらす影響
 Ⅳ 被疑者取調べの愚かな技法
 Ⅴ 専門家による信用性判断の誤り
 Ⅵ おわりに――取調べ録音録画記録媒体の適切な利用法とは

40 人々はなぜ厳罰化を支持するのか〔松原英世〕
 Ⅰ はじめに
 Ⅱ 仮 説
 Ⅲ 方 法
 Ⅳ 結 果
 Ⅴ 考 察

41 今市事件裁判員裁判における被疑者取調べ録音録画映像のインパクト――刑事裁判のリアリティ――〔平山真理〕
 Ⅰ はじめに
 Ⅱ 今市事件裁判員裁判とは何であったか
 Ⅲ 今市事件裁判員裁判におけるいくつかの重要な刑事手続上の論点
 Ⅳ むすびに代えて

42 裁判員の守秘義務について――その系譜と再構成――〔四宮 啓〕
 Ⅰ はじめに――裁判員候補者の欠席率の上昇とその原因
 Ⅱ 裁判員の守秘義務の系譜
 Ⅲ 公共性の概念の転換と守秘義務の在り方
 Ⅳ おわりに――運用改善の提言

43 日本社会における裁判員制度導入の影響についての一考察――導入7年を踏まえて――〔藤田政博〕
 Ⅰ はじめに
 Ⅱ 裁判員制度の導入による影響
 Ⅲ ま と め

44 手続二分と量刑〔佐伯昌彦〕
 Ⅰ はじめに
 Ⅱ 裁判員制度と手続二分
 Ⅲ 手続二分と量刑
 Ⅳ 心理実験
 Ⅴ まとめに代えて

45 裁判員制度を問い直す:米国陪審制度の視点から〔丸田 隆〕
 Ⅰ はじめに
 Ⅱ アメリカ陪審制度の制度的存立理由
 Ⅲ 裁判員制度の存立理由
 Ⅳ 裁判員制度から陪審制度へ

46 台湾における被疑者取調べ録音・録画の現状と課題――日本法との比較検討を踏まえて――〔陳 運財〕
 Ⅰ はじめに
 Ⅱ 台湾における取調べ録音・録画制度の位置づけ
 Ⅲ 対象事件および適用範囲
 Ⅳ 除外事由
 Ⅴ 証拠法上の争い
 Ⅵ 結びに代えて――構造の改正と意識改革

47 弁護士から見た刑事司法の変化,現状,課題〔西村 健〕
 Ⅰ はじめに
 Ⅱ 司法制度改革審議会を通じた改革
 Ⅲ 捜査段階における変化
 Ⅳ 公判前整理手続の現状と課題
 Ⅴ 公判手続の変化
 Ⅵ 情状弁護論の現状
 Ⅶ 上訴審の現状
 Ⅷ 特に裁判員裁判固有の課題の現状
 Ⅸ 残された課題
 Ⅹ おわりに

48 録音録画面接における子どもの供述――質問の仕方,カメラパースペクティブ,専門家証人が信用性判断に及ぼす効果――〔仲 真紀子〕
 Ⅰ はじめに
 Ⅱ 問 題
 Ⅲ 研 究 1
 Ⅳ 研 究 2
 Ⅴ 全体の考察

49 Japan's Lay Judge System: Impact on the Judiciary and Society〔Matthew Wilson〕
 Ⅰ Monumental Legal Reforms
 Ⅱ Transformation of the Legal Education System
 Ⅲ Transformation of the Justice System: Lay Participation in Trials
 Ⅳ Lay Judge Trials: Initial Reception and Subsequent Evolution
 Ⅴ Impact of Lay Judge Trials――Procedurally
 Ⅵ Impact of Lay Judge Trials――Societal
 Ⅶ Moving Forward with Citizen Participation in Japan

50 Criminal Policy in Crimes against Lineal Ascendant in South Korea and Japan〔Yong Chul Park〕
 Ⅰ Introduction
 Ⅱ Basis of the Aggravated Punishments
 Ⅲ Cases Regarding Aggravated Punishments & Discriminative Treatments against Lineal Descendants
 Ⅳ Lessons from Japan
 Ⅴ Conclusion

51 On Getting Used To It: The Desensitization of Prosecutors in America and Japan〔David T. Johnson〕
 Ⅰ “The Horrible Thing about All Legal Officials”
 Ⅱ Scenes from America
 Ⅲ Scenes from Japan
 Ⅳ Explanations
 Ⅴ Conclusion

52 Facing the Jury: A Comparative Perspective on Recent Issues with Defendants' Rights and the Trial by Jury in Belgium and Japan〔Dimitri Vanoverbeke〕
 Ⅰ Introduction
 Ⅱ The Trial by Jury in Belgium
 Ⅲ The Decision by the Grand Chamber of the European Court of Human Rights on the Trial by Jury in Belgium
 Ⅳ The Reform of the Trial by Jury in Belgium(2010 and 2016)
 Ⅴ The Saiban'in and the Trial by Jury in Belgium: A Comparative Perspective
 Ⅵ Conclusion

53 Practicing Asian Criminology: Setsuo Miyazawa's Work as Food for Thought〔Erik Herber〕
 Ⅰ Introduction
 Ⅱ Southern, Asian and Globalizing Criminology
 Ⅲ Asian Criminology in Practice
 Ⅳ Miyazawa's Work and Asian Criminology
 Ⅴ Asian Criminology as Comparative Criminology
 Ⅵ Concluding Discussion

◆7◆ 法の変動と社会運動

54 権利を生成する「社会」の力――理論に関する予備検討――〔飯田 高〕
 Ⅰ はじめに
 Ⅱ 社会運動論と権利形成・展開のモデル
 Ⅲ この30年間の変化
 Ⅳ 「社会」の力
 Ⅴ おわりに

55 国籍法違憲判決と血統主義〔秋葉丈志〕
 Ⅰ はじめに
 Ⅱ 国籍法違憲判決とは
 Ⅲ 国籍法違憲判決と国籍法改正
 Ⅳ 国籍法改正の効果
 Ⅴ 血統主義の混迷
 Ⅵ 血統主義の今後
 Ⅶ 結びに――国籍法違憲判決と法,社会

56 On Rebuilding: Japan and Legal Consciousness〔Jonathan D. Marshall〕
 Ⅰ Miyazawa-sensei, 9/11, and the Seismic Retrofit of Barrows Hall
 Ⅱ Whatever Happened to Japan and Legal Consciousness ?

◆8◆ 災害と法

57 復興借り上げ公営住宅にかかる強制立退き問題――弁護士倫理・研究者倫理も踏まえつつ――〔吉田邦彦〕
 Ⅰ はじめに
 Ⅱ 問題状況と事実関係
 Ⅲ わが国の公営住宅問題の位置づけと本件論点の居住福祉法的法解釈の必要性
 Ⅳ 個別論点の検討(その1)――借地借家法の「正当事由」論
 Ⅴ 個別論点の検討(その2)――合意解消の転借人対抗の可否
 Ⅵ 個別論点の検討(その3)――入居時の期間満了による明渡しの通知(法25条2項)の欠如
 Ⅶ 最後に――居住福祉の深刻な事例に関わる弁護士・研究者の倫理問題

58 福島原発事故賠償の実態と課題〔大坂恵里〕
 Ⅰ はじめに
 Ⅱ 福島原発事故賠償制度の概要
 Ⅲ 原発事故賠償の実態と課題
 Ⅳ おわりに

59 津波被災者遺族による訴訟提起とその思い〔飯 考行〕
 Ⅰ はじめに
 Ⅱ 津波訴訟の概観
 Ⅲ インタビュー調査
 Ⅳ 遺族の思いと裁判の間

60 東日本大震災が福島県の法システムに与えた影響:予備的検討〔菅野昌史〕
 Ⅰ はじめに
 Ⅱ 被災3県における法システムの現状
 Ⅲ 福島県における法サービスへの需要
 Ⅳ 福島県の法システムのこれから

◆9◆ 理論と視点

61 経験則と事実推定――ベイズ推論と統計的証拠――〔太田勝造〕
 Ⅰ はじめに
 Ⅱ 経験則の確率と人々の判断
 Ⅲ 統計的証拠と一応の推定
 Ⅳ まとめと展望

62 オーストリア学派の法と経済学――その可能性――〔伊勢田道仁〕
 Ⅰ はじめに
 Ⅱ 従来の法と経済学
 Ⅲ オーストリア学派の経済学
 Ⅳ オーストリア学派の法と経済学
 Ⅴ 結びに代えて

63 ことばの障壁から考える法律用語〔大河原眞美〕
 Ⅰ はじめに
 Ⅱ 法律用語の研究
 Ⅲ おわりに

64 Countering Stereotypes and Taking Japanese(and Asian)Law Seriously〔Bruce Aronson〕
 Ⅰ Introduction: The Difficult Task of Building the Field of Japanese Law
 Ⅱ Two Harmful Stereotypes about Japanese Law
 Ⅲ Practical Consequences of Stereotypes about Japan
 Ⅳ What Should We Do ? Approach to the Study of Japanese Law and Society
 Ⅴ Building Bridges: Developing the Field of Asian Law
 Ⅵ Conclusion

◆10◆ Setsuo Miyazawa and Socio-Legal Studies in East Asia

65 Law, Society, and Setsuo: Miyazawa's Influence on Socio-Legal Studies〔Eric A. Feldman〕
 Ⅰ Empirical and Comparative Law and Society Scholarship
 Ⅱ Reforming the Japanese Legal System
 Ⅲ Building Institutions to Promote-Socio-Legal Research in and about Asia

66 The Scholar as Reformer〔Tom Ginsburg〕

67 Setsuo Miyazawa and East Asian Synergies for Law and Society Studies: A Personal Account by a Korean Scholar〔Chulwoo Lee〕
 Ⅰ When I First Met Setsuo Miyazawa
 Ⅱ Miyazawa in Legal Culture Studies
 Ⅲ Japan-Korea Cooperation in Law and Society Studies
 Ⅳ Setsuo Miyazawa and Multilateral Cooperation in East Asian Law and Society Studies
 Ⅴ Oppa nŭn Miyazawa Style

68 Professor Miyazawa, the Founding Father of Asian Law and Society〔Chih-Chieh, Carol, Lin〕

◆11◆ 特別寄稿

69 The Enforcement of Competition Law and the Establishment of a National Competition Committee in China〔Weidong Ji〕
 Ⅰ Reasons for More Competition in China
 Ⅱ The Process of Competition Policy-Making in Contemporary China
 Ⅲ The Enforcement of the Competition Law
 Ⅳ Several Opinions by the State Council on Promoting Fair Competition and Maintaining Law and Order in the Market
 Ⅴ The Rule-of-Law Routemap and Competition Policy by the Fourth Plenary Session of the Eighteenth CPC Central Committee
 Ⅵ Restructuring the Competition Law System

◆12◆ Setsuo Miyazawa as a Friend and a Scholar

70 The Young Professor〔Dan Rosen〕

71 Japan as Mirror: Reflections on Four Decades as Setsuo Miyazawa's Student〔Malcolm M. Feeley〕
 Ⅰ Judges in the Criminal Process
 Ⅱ Wrongful Convictions and Professional Aspirations
 Ⅲ Conclusions

ご経歴・業績目録

このページのトップへ

内容説明

上・下巻で計71本の論稿を掲載。国内外、また日本語、英語を問わず、第一線の研究者・実務家が、宮澤節生教授の古稀をお祝いして一堂に集い、法社会学の全体像を提示。理論や実務の状況と到達点を示す(上・下巻で日本語論文53本、英語論文18本)。

 

◇ The Legal Process in Contemporary Japan: A Festschrift in Honor of Professor Setsuo Miyazawa’s 70th Birthday,Tokyo: Shinzansha Publisher,13/5/2017

 

This book consists of 71 articles in two volumes with topics as follows: 【Vol.1】 1. Legislative and Administrative Processes/2. Legal Education and Training of Lawyers/3. Legal Profession/4. Courts and Judges,【Vol.2】 5. Civil Disputing Process/6. Criminal Justice and Policies/7. Legal Transformation and Social Movements/8. Disaster and Law/9. Theories and Perspectives/10. Setsuo Miyazawa and Socio-Legal Studies in East Asia/11. Special Contribution/12. Setsuo Miyazawa as a Friend and a Scholar

 

71 authors from Japan and abroad contributed for the celebration of Professor Setsuo Miyazawa’s 70th Birthday - including 18 English articles.

 

このページのトップへ

関連書籍

法過程のリアリティ

法過程のリアリティ(単行本)

「教育としての」法社会学

著者:宮澤 節生
 
 
ブリッジブック法システム入門 (第3版)

ブリッジブック法システム入門 (第3版)

法の現実の世界での役割・影響を学ぶ入門書

 
 

このページのトップへ