【伝統と革新、学術世界の未来を一冊一冊に】
ホーム > 行政法研究 第18号

目次

 『行政法研究第18号』

  宇賀克也(東京大学大学院法学政治学研究科) 責任編集

【目  次】

はしがき (宇賀克也)

◆特集◆ 環境分野の市民参加と司法の役割

◆1◆ 参加原則と日本・アジア〔大久保規子〕

 Ⅰ 参加原則の国際的展開
 Ⅱ アジアにおける参加原則の展開
 Ⅲ 環境司法の専門化とアジア
 Ⅳ アジアにおける今後の展望と日本

◆2◆ SDG目標16に関する国際的なベストプラクティスの適用―リオ宣言第10原則に関するUNEPバリガイドライン 〔スティーブン・ステック[喜多自然 訳]〕

 Ⅰ 環境保護への責任
 Ⅱ リオ宣言第10原則の適用についての基準を設定する
 Ⅲ リオ宣言第10原則に関するUNEPバリガイドライン
 Ⅳ 持続可能な開発目標16
 Ⅴ 特定のガイドラインについて―情報アクセスの柱
 Ⅵ 特定のガイドラインについて―公衆参加の柱
 Ⅶ 特定のガイドラインについて―司法アクセスの柱
 Ⅷ ピアツリーボトムの事例
 Ⅸ 未然防止原則
 Ⅹ 沖縄ジュゴンケース
 Ⅺ 国際的な持続可能な開発の原則を適用する

◆3◆ 第10原則と司法アクセス〔ヤン・ダルポ[大久保規子 訳]〕

 Ⅰ はじめに
 Ⅱ 「環境民主主義」の展開
 Ⅲ 人権法を通じた環境事項に関する司法アクセス
 Ⅳ オーフス条約とその履行
 Ⅴ 環境事項に係る司法アクセスに関する重要問題
 Ⅵ 将来展望

◆4◆ 参加型水管理モデル―サンフランシスコ川流域委員会(CBHSF)の経験から〔アニバルド・ミランダ[鳥谷部壌 訳]〕

 Ⅰ はじめに
 Ⅱ 民主化のための有効な手段としての流域委員会―サンフランシスコ川の事例
 Ⅲ サンフランシスコ川流域委員会の経験

◆5◆ コロラド川に関する意思決定過程における法の支配と市民参加―1944年米墨水条約におけるIBWC・NGO・司法〔松本充郎〕

 Ⅰ はじめに
 Ⅱ コロラド川の米墨間水利紛争における法の支配と持続可能性
 Ⅲ コロラド川デルタの再生・停滞・覚書319号
 Ⅳ コロラド川流域のガバナンスに関する意思決定における市民参加

◆6◆ 非特定源汚染管理とパブリックエンゲージメント―ミシシッピ河流域の事例調査〔上須道徳・原圭史郎〕

 Ⅰ はじめに
 Ⅱ 調査地と調査方法
 Ⅲ ヒアリング結果
 Ⅳ 考  察―まとめにかえて

◆7◆ ユッカ・マウンテン核貯蔵施設に対するネバダ州による抵抗の成功〔アントニオ・ロスマン[福田健治 訳]〕

 Ⅰ はじめに―ユッカ・マウンテンの興りと終焉
 Ⅱ アメリカ合衆国の核廃棄物に関する立法
 Ⅲ 環境保護庁による放射線規制
 Ⅳ ユッカ・マウンテンの性状
 Ⅴ ユッカ・マウンテンに対するネバダ州の事実に基づく異議
 Ⅵ 議会によるユッカ・マウンテン案の採択
 Ⅶ 環境保護庁規則に対するネバダ州の勝訴
 Ⅷ ユッカ・マウンテン案の持続不可能性に関する科学的証拠の積み上げ
 Ⅸ ユッカ・マウンテン案への政治的反対の盛り上がり
 Ⅹ ユッカ・マウンテン案支持派による訴訟
 Ⅺ 「選挙人団」制度の2016年大統領選への含意
 Ⅻ 結  論

◆8◆ ゴアレーベンの高レベル核廃棄物と合意形成〔モニカ・ベーム[山下英俊 訳]〕

 Ⅰ 導  入
 Ⅱ ドイツにおける原子力利用
 Ⅲ ゴアレーベンあるいは終わりなき貯蔵庫の捜索
 Ⅳ ドイツにおける公衆参加のモデル
 Ⅴ 貯蔵地選定法
 Ⅵ 貯蔵庫委員会の基礎と任務
 Ⅶ 当局と公衆の参加
 Ⅷ 展  望

◆9◆ 環境政策におけるNGO・コミュニティの参加の役割〔マーラ・シリーナ[谷内久美子 訳]〕

 Ⅰ 一般的な概要
 Ⅱ 環境政策におけるNGOの一般的な役割
 Ⅲ 国連のシステムにおける環境NGO
 Ⅳ 多国間環境協定(MEAs)におけるNGOの役割

◆10◆ 中国における企業の環境信用評価システム―力強い実施への道筋〔趙 絵宇[滝口直樹 訳]〕

 Ⅰ はじめに
 Ⅱ 分析手法
 Ⅲ 研究結果
 Ⅳ 議論・結論

◆11◆ ドイツ環境政策における行政手続および司法アクセスに関する市民・NGOの役割〔ハンス・イェルク・ディーチェ[大久保規子 訳]〕

 Ⅰ 基本法における立法権限としての環境保護
 Ⅱ ドイツ環境法の基本原則
 Ⅲ 基本法の国家目標としての環境保護の役割
 Ⅳ 環境事項に関する司法アクセス
 Ⅴ 「オーフス条約」とドイツの環境・法的救済法
 Ⅵ ステークホルダーのヒアリングおよび時間のかかる手続や訴訟の問題
 Ⅶ 「シュトゥットガルト21」と行政決定の正統性の限界
 Ⅷ 「エネルギー転換」の挑戦と新たな参加手法

◆12◆ EIAおよびSEAに関する参加のための指標づくり―若干の論点〔礒野弥生〕

 Ⅰ はじめに(185)
 Ⅱ EIAおよびSEA手続(187)
 Ⅲ EIAと参加(188)
 Ⅳ SEAと参加(191)
 Ⅴ 最後に(193)

◆13◆ リオ宣言原則10の実施とその進捗をはかる指標―国連人権指標と持続可能な発展目標指標からの示唆〔高村ゆかり〕

 Ⅰ はじめに
 Ⅱ 国連人権指標
 Ⅲ SDG指標
 Ⅳ むすびにかえて―2つの先例からみた原則10の指標づくりへの示唆

◆14◆ 公衆参加からみたわが国の環境影響評価制度―その制度化と形態〔柳憲一郎〕

 Ⅰ 環境アセスメント制度の沿革
 Ⅱ 地方自治体における環境アセスメント制度の枠組み
 Ⅲ 川崎市の住民参加の仕組み
 Ⅳ おわりに

◆15◆ インドにおける市民参加とEIAプロセス〔リトウィック・ドゥッタ[山田綾子 訳]〕

 Ⅰ 序  論
 Ⅱ インドにおける市民参加プロセスの発展
 Ⅲ 1992年のリオ会議
 Ⅳ 1994年のEIAプロセスと市民参加
 Ⅴ 2006年改正アセス告示における市民参加プロセス
 Ⅵ 結  語

◆16◆ メコン地域諸国における環境アセスメントに係る参加ガイドライン〔ピーター・キング[渡辺理和 訳]〕

 Ⅰ はじめに
 Ⅱ 原理とプロセス
 Ⅲ ガイドライン草案
 Ⅳ 環境アセスにおける市民参加
 Ⅴ 越境影響
 Ⅵ ガイドラインのための次なるステップ

◆17◆ ラテンアメリカ諸国の環境影響評価における情報と市民参加 〔アンドレア・サンウェサ,パウラ・フエンテス[高橋 恵佑 訳]〕

 Ⅰ はじめに
 Ⅱ なぜラテンアメリカのEIASを検討することが環境管理ツールとして重要なのか?
 Ⅲ アクセス権―第10原則と地域協約に関するラテンアメリカ及びカリブ諸国の交渉
 Ⅳ ラテンアメリカ諸国環境影響評価制度(EIA)におけるアクセス権の法的な認識の結果
 Ⅴ 結  論

◆18◆ タイ移行期下の環境保護における司法の対応〔パイロート・ミンデン[丸山 明子 訳]〕

 Ⅰ 民主主義への移行
 Ⅱ タイ政府から見る開発の障害や問題
 Ⅲ 政府事業のための環境影響評価の修正
 Ⅳ タイ環境裁判所の紛争解決目的と管轄についての学者たちの誤解
 Ⅴ 環境法の行政裁判所専属管轄に関する行政改革
 Ⅵ 環境権を守る行政裁判所の熱心な取組み

◆19◆ 特別裁判所による環境裁判 ― スウェーデンの土地・環境裁判所〔オーサ・マークルンド・アンダーソン[橘高 真佐美 訳]〕

 Ⅰ 序  論
 Ⅱ 土地・環境裁判所
 Ⅲ 土地・環境高等裁判所
 Ⅳ 土地・環境高等裁判所での事件処理の実務
 Ⅴ 裁判手続の特徴

--------------------------------------------------------------------------

Gyoseiho-kenkyu
[Review of administrative law - Revue de droit
administratif - Zeitschrift für Verwaltungsrecht]

 Edited by Katsuya UGA

No.18 March 2017


PUBLIC PARTICIPATION AND ACCESS TO JUSTICE IN ENVIRONMENTAL MATTERS

1 Principle 10 in Asia and Japan 〔Noriko OKUBO〕

2 Application of International Best Practice Related to SDG16: The UNEP Bali Guidelines on Rio Principle 10 〔Stephen STEC〕

3 Principle 10 and Access to Justice 〔Jan DARPÖ〕

4 Model of Participative Management of Water: The Experience of Sao Francisco River Basin Committee (CBHSF) 〔Anivaldo MIRANDA〕

5 Rule of Law and Public Participation in the Decision-making Process of the Colorado River Basin: IBWC, NGOs, and the Court in the US-Mexico Water Treaty of 1944 〔Mitsuo MATSUMOTO〕

6 Non-point Source Pollution Control and Public Engagement: A Case Study of US 〔Michinori UWASU, Keishiro HARA〕

7 Nevada’s Successful Opposition to the Yucca Mountain Nuclear Repository 〔Antonio ROSSMANN〕

8 Gorleben’s High-level Nuclear Waste and Consensus Building 〔Monika BÖHM〕

9 The Role of NGOs and Communities’ Participation in Environmental Policy 〔Mara SILINA〕

10 China’s Evaluation System of Enterprise Environmental Credit (ESEEC): The Road Towards Powerful Implementation 〔Huiyu ZHAO〕

11 The Role of Citizens and NGOs in the German Environmental Policy with Respect to Administrative Procedures and Access to Justice 〔Hans-Jörg DIETSCHE〕

12 Some Issues for Developing Indicators of EIA and SEA 〔Yayoi ISONO〕

13 How to Elaborate Indicators for Measuring the Implementation and Progress of the Principle 10 of the Rio Declaration: Lessons from United Nations’ Human Rights Indicators and SDG Indicators 〔Yukari TAKAMURA〕

14 Public Participation in Japan’s EIA System: Its Institutionalization and Modes 〔Ken-ichiro YANAGI〕

15 Public Participation and EIA Process in India 〔Ritwick DUTTA〕

16 Participation Guidelines Related to EIA in Mekong River Countries 〔Peter KING〕

17 Information and Public Participation in Environmental Impact Assessment in Latin American Countries 〔Andrea SANHUEZA, Paula FUENTES〕

18 Judicial Responses in Environmental Protection in the Transitional Situation of Thailand〔Pairoj MINDEN〕

19 Environmental Justice Through Specialized Courts: The Land and Environment Courts in Sweden〔Åsa Marklund ANDERSSON〕

このページのトップへ

内容説明

◇行政法学の未来を拓く研究雑誌、2017年3月刊行の18号!◇

行政法理論の基層を探求する研究雑誌。本号では、2016年の国際シンポジウムの報告内容を基に、特集「環境分野の市民参加と司法の役割」と題し、内外の19本の論攷を取り纏めたものである。環境法上の法の支配、環境権、人権の保障の視点からの広範な比較研究は、わが国環境政策と司法の役割を考える上においても示唆に富み有益。

このページのトップへ

関連書籍

ブリッジブック行政法(第3版)

ブリッジブック行政法(第3版)

人気書の第3版!具体的説明が分かりやすい

著者:宇賀 克也
 
 
行政法研究 第16号

行政法研究 第16号

行政法理論の基層を探求する16号

 
行政法研究 第15号

行政法研究 第15号

日仏の考古遺産法制/フランス既得権論

著者:宇賀 克也 責任編集
久末 弥生
齋藤 健一郎
 
 
行政法研究 第14号

行政法研究 第14号

行政法学の未来を拓く、好評研究雑誌

著者:宇賀 克也 責任編集
山本 隆司
田代 滉貴
 
行政法研究 第13号

行政法研究 第13号

《鼎談》個人情報保護法改正/論稿2本

 
 
行政法研究 第10号

行政法研究 第10号

好評の研究雑誌、待望の10号が登場!!

著者:宇賀 克也 責任編集
髙橋 信行
張 栄紅
 
行政法研究 第9号

行政法研究 第9号

行政法理論の基層を探求する雑誌

 
 
行政法研究 第8号

行政法研究 第8号

行政法学の伝統と現在、そして将来像を探る

 
行政法研究 第7号

行政法研究 第7号

行政法理論の基層を探求する

著者:宇賀 克也 責任編集
巽 智彦
前田 雅子
大野 卓
 
 
行政法研究 第6号

行政法研究 第6号

行政法理論の基層を探求する

著者:宇賀 克也 責任編集
米丸 恒治
西上 治
 
行政法研究 第5号
 
 
行政法研究 第4号

行政法研究 第4号

行政法理論の基層を探究する

 
行政法研究 第3号

行政法研究 第3号

行政法理論の基層を探究する

 
 
行政法研究 第2号

行政法研究 第2号

行政法理論の基層を探究する

著者:宇賀 克也 責任編集
木藤 茂
田尾 亮介
 
行政法研究 創刊第1号

行政法研究 創刊第1号

行政法理論の基層を探究する

 
 
国家賠償法〔昭和22年〕

国家賠償法〔昭和22年〕

国家賠償法制定経緯の解説と立法資料

著者:宇賀 克也 編著
 
行政手続法制定資料 16〔平成17年改正〕参考資料編 IV

行政手続法制定資料 16〔平成17年改正〕参考資料編 IV

平成17年パブコメ改正立案関係資料

著者:塩野 宏 編著
宇賀 克也 編著
白岩 俊 解説
 
 
行政手続法制定資料 15〔平成17年改正〕参考資料編 III

行政手続法制定資料 15〔平成17年改正〕参考資料編 III

平成17年パブコメ改正立案関係資料

著者:塩野 宏 編著
宇賀 克也 編著
白岩 俊 解説
 
行政手続法制定資料 14〔平成17年改正〕参考資料編 II

行政手続法制定資料 14〔平成17年改正〕参考資料編 II

平成17年パブコメ改正立案関係資料

著者:塩野 宏 編著
宇賀 克也 編著
白岩 俊 解説
 
 
行政手続法制定資料 13〔平成17年改正〕参考資料編 I

行政手続法制定資料 13〔平成17年改正〕参考資料編 I

平成17年パブコメ改正立案関係資料

著者:塩野 宏 編著
宇賀 克也 編著
白岩 俊 解説
 
行政手続法制定資料 12〔平成17年改正〕立案資料編

行政手続法制定資料 12〔平成17年改正〕立案資料編

平成17年パブコメ改正立案関係資料

著者:塩野 宏 編著
宇賀 克也 編著
 
 
行政手続法制定資料 11〔平成17年改正〕議事録編

行政手続法制定資料 11〔平成17年改正〕議事録編

パブリック・コメント関係改正資料

著者:塩野 宏 編著
宇賀 克也 編著
 
行政手続法制定資料 10〔平成5年〕〔参考資料編V〕

行政手続法制定資料 10〔平成5年〕〔参考資料編V〕(単行本)

行政手続法〔平成5年〕制定資料完結!

著者:塩野 宏 編著
小早川 光郎 編著
 
 
行政手続法制定資料 9〔平成5年〕(参考資料編IV)

行政手続法制定資料 9〔平成5年〕(参考資料編IV)

適用除外意見・現行法実態調査資料集

著者:塩野 宏 編著
小早川 光郎 編著
 
行政手続法制定資料 8〔平成5年〕(参考資料編III)

行政手続法制定資料 8〔平成5年〕(参考資料編III)

適用除外意見・現行法実態調査資料集

著者:塩野 宏 編著
小早川 光郎 編著
 
 
行政手続法制定資料 7〔平成5年〕(参考資料編II)

行政手続法制定資料 7〔平成5年〕(参考資料編II)

適用除外意見・現行法実態調査資料集

著者:塩野 宏 編著
小早川 光郎 編著
 
行政手続法制定資料 6〔平成5年〕(参考資料編I)

行政手続法制定資料 6〔平成5年〕(参考資料編I)

適用除外意見・現行法実態調査資料集

著者:塩野 宏 編著
小早川 光郎 編著
 
 
行政手続法制定資料 5〔平成5年〕(要綱案関係資料編II)

行政手続法制定資料 5〔平成5年〕(要綱案関係資料編II)

行政手続法の運用実務と研究に必備

著者:塩野 宏 編著
小早川 光郎 編著
 
行政手続法制定資料 4〔平成5年〕(要綱案関係資料編I)

行政手続法制定資料 4〔平成5年〕(要綱案関係資料編I)

行政手続法の運用実務と研究に必備

著者:塩野 宏 編著
小早川 光郎 編著
 
 
行政手続法制定資料 3〔平成5年〕(議事録編III)

行政手続法制定資料 3〔平成5年〕(議事録編III)

制定資料を網羅的に考証・解説する

著者:塩野 宏 編著
小早川 光郎 編著
 
行政手続法制定資料 2〔平成5年〕(議事録編II)

行政手続法制定資料 2〔平成5年〕(議事録編II)

制定資料を網羅的に考証・解説する

著者:塩野 宏 編著
小早川 光郎 編著
 
 
行政手続法制定資料 1〔平成5年〕(議事録編I)

行政手続法制定資料 1〔平成5年〕(議事録編I)

制定資料を網羅的に考証・解説する

著者:塩野 宏 編著
小早川 光郎 編著
 
 

このページのトップへ