【伝統と革新、学術世界の未来を一冊一冊に】
ホーム > 民法条文100選 ― 100ヵ条で学ぶ民法

民法条文100選 ― 100ヵ条で学ぶ民法

民法条文100選 ― 100ヵ条で学ぶ民法

裁判所による適用頻度から100の条文を選定、条文に焦点を当て民法全体を体系的に理解。民法の重要頻出条文から学ぶ民法入門。

著者 加賀山 茂
ジャンル 法律 > 民法
出版年月日 2017/02/28
ISBN 9784797270488
判型・ページ数 A5変・260ページ
定価 本体2,600円+税
在庫 在庫あり
 

内容説明

裁判所による適用頻度という客観的な基準に基づいて、民法全1044条から使用頻度を精査し100条を選別、解説。民法の中で最初に学習し、暗記すべきは「民法条文・適用頻度ベスト10」であることを明らかにする。「学習到達チェック問題」「議論課題」で学習到達度を知り、その後「民法条文・適用頻度ベスト100」をベスト20、30に重点を置いて、総合練習問題で学習し、自然に次のレベル到達をサポート。

 

「はしがき」より~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

本書は、民法の条文1条~1,044条のうち、頻出する100ヵ条で,民法の全体像を理解することを試みる学習書である。頻出する100ヵ条とは、判例データベース(TKC法律情報データベース・LEX/DBインターネット)に基づいて、明治中期の大審院判例から今日(2016年11月30日現在)までの100年以上の間に法が適用された約5万件(49,820件)の裁判例(地裁,高裁の判決例を含む)を選択し、その中で,最も頻繁に適用された100の民法の条文のことである。
つまり、本書は,「民法条文・適用頻度ベスト100」を選定し、その条文に焦点を当てて民法全体を概観するとともに、それらの条文間の相互関係を重視して、民法を体系的に理解しようとする、民法学および民法教育における最初の試みである

 

・目次 →こちら

このページのトップへ

関連書籍

改正民法(債権法)の要点解説
 
現代民法 学習法入門

現代民法 学習法入門

民法学習のための戦略的方法論を提供

著者:加賀山 茂
 
 
現代民法担保法

現代民法担保法

人的担保・物的担保の総合理論を提唱

著者:加賀山 茂
 
民法入門・担保法革命

民法入門・担保法革命

民法を楽しく学べるDVD講義

著者:加賀山 茂
 
 
民法改正案の評価─債権関係法案の問題点と解決策

民法改正案の評価─債権関係法案の問題点と解決策

民法改正法案を第三者の立場から検討

著者:加賀山 茂
 
民法(債権関係)改正法案 の〔現・新〕条文対照表 <条文番号整理案付>

民法(債権関係)改正法案 の〔現・新〕条文対照表 <条文番号整理案付>

旧→新条文を内容で比較!対照表とコメント

著者:加賀山 茂 編著
 
 

このページのトップへ