【伝統と革新、学術世界の未来を一冊一冊に】
ホーム > 民法理論研究

民法理論研究  新刊

学術選書121

民法理論研究

「法現象である民法解釈およびその方法を社会科学の対象として観察」する法分析を貫く。

著者 中村 哲也
ジャンル 法律 > 民法
シリーズ 法律・政治 > 学術選書
出版年月日 2016/12/27
ISBN 9784797260915
判型・ページ数 A5変・528ページ
定価 本体10,000円+税
在庫 在庫あり
 

目次

『民法理論研究』

 中村哲也(新潟大学名誉教授)著


【目  次】

はしがき

■Ⅰ 民法典編纂に関する研究
  1 民法第二編親族案
  2 民法修正原案の「単独起草合議定案」の事例研究
    ―梅文書・穂積文書所収草稿(所有権ノ取得/共有)及び書き込みの解読を通して―
  3 民法典論争と法典調査会及び帝国議会における修正作業の関連
  4 InstitutionesからPandektenへ

■Ⅱ 民法解釈の方法的分析
  5 認識・評価峻別論と法解釈学
  6 法解釈学における認識・評価峻別論の意義について
    ―樋口陽一氏の指摘に関連して―
  7 制限超過利息に関する反制定法的判決と厳格解釈判決の方法的検討
    ―民法上の法形成に関する民法総論的研究補遺―

■Ⅲ 民法解釈方法の歴史的分析
  8 ナチス民法学の方法的分析―民法学における市民的方法の展開と変質―
  9 利益法学における評価と構成―民法学における反概念法学の系譜的研究、その一―
  10 自由法運動における評価と構成―民法学における反概念法学の系譜的研究、その二―

■Ⅳ 民法上の法形成の現状分析
  11 憲法の視点からの民法?―基本権保護義務論の中の民法をめぐって―
  12 民法上の法形成と民主主義的国家形態
  13 政教分離原則と民法―靖国合祀取消請求訴訟控訴審判決を素材として―

■Ⅴ 広中俊雄先生を偲ぶ
  14 『日本民法典資料集成Ⅰ』と『新版民法綱要』に見る民法典編纂史研究
  15 闘うヒューマニスト


収録論文への補遺

初出一覧

このページのトップへ

内容説明

「法現象である民法解釈およびその方法を社会科学の対象として観察」する理論書。

 

「Ⅰ 民法典編纂に関する研究、Ⅱ 民法解釈の方法的分析、Ⅲ 民法解釈方法の歴史的分析、Ⅳ 民法上の法形成の現状分析」等、民法の歴史、方法、その形成を分析・検討。

 

恩師、廣中俊雄先生への思いを込めた『民法理論研究』。

このページのトップへ

関連書籍

民法研究 第7号終刊

民法研究 第7号終刊

近代民法の原初的構想 渾身の最終号

著者:広中 俊雄 責任編集
水林 彪
 
民法研究 第6号

民法研究 第6号

民法を法体系全体中の成立ちから考える

著者:広中 俊雄 責任編集
中村 哲也
蟻川 恒正
 
 
民法研究 第5号

民法研究 第5号

公法と民法、そして全法体系の根本を問う

 
民法研究 第4号

民法研究 第4号

「人の法」、「個人の尊厳と人間の尊厳」

著者:広中 俊雄 責任編集
山野目 章夫
樋口 陽一
 
 
民法研究 第3号

民法研究 第3号

第12回帝国議会における民法修正案

著者:広中 俊雄 責任編集
中村 哲也
 
民法研究 第2号

民法研究 第2号

契約はいつ成立するか。当事者の意思とは。

著者:広中 俊雄 責任編集
磯村 哲
 
 
民法研究 第1号

民法研究 第1号

民法研究の専門誌、待望の第1号!

著者:広中 俊雄 責任編集
大村 敦志
 
民法研究【第2集】 第1号 〔東アジア編1〕

民法研究【第2集】 第1号 〔東アジア編1〕

東アジアに発信する試み―均衡を超えた架橋

 
 

このページのトップへ