【伝統と革新、学術世界の未来を一冊一冊に】
ホーム > 新時代の刑事法学 ― 椎橋隆幸先生古稀記念(下巻)

新時代の刑事法学 ― 椎橋隆幸先生古稀記念(下巻)

新時代の刑事法学 ― 椎橋隆幸先生古稀記念(下巻)

刑事訴訟法、刑法、被害者学、刑事政策、警察学、少年法等、広範な分野から第一線の執筆陣が集結。海外動向に関する論文も多数掲載。

著者 井田 良
川出 敏裕
高橋 則夫
只木 誠
山口 厚
ジャンル 法律 > 司法/裁判制度/弁護士論
法律 > 外国法/比較法
法律 > 行政法 > 警察法
法律 > 医事法
法律 > 刑事法
法律 > 刑事法 > 刑法
法律 > 刑事法 > 刑事訴訟法
出版年月日 2016/11/12
ISBN 9784797282023
判型・ページ数 A5変・830ページ
定価 本体16,000円+税
在庫 在庫あり
 

目次

献辞/執筆者一覧/はしがき

28 構成要件解釈における「一連の行為」論〔高橋則夫〕
29 結合犯と行為主義――手段‐目的型結合犯と原因‐結果型結合犯〔松原芳博〕
30 殺人罪と死体遺棄罪の区別をめぐって〔井田 良〕
31 終末期医療における刑法の機能〔奥村正雄〕
32 ドイツにおける自殺関与罪をめぐる最近の議論にもとづくわが刑法二〇二条の処罰根拠の再考〔山中敬一〕
33 臨死介助・治療中止・自殺幇助と「自己決定」をめぐる近時の理論状況〔只木 誠〕
34 共謀の概念および認定と行政事件〔亀井源太郎〕
35 教唆犯の故意――アジャン・プロヴォカトゥールの可罰性について〔鈴木彰雄〕
36 従犯の処罰根拠と、教唆犯の処罰根拠〔曲田 統〕
37 不作為の死体遺棄罪をめぐる問題〔橋爪 隆〕
38 「保険と刑法」に関する覚書〔佐伯仁志〕
39 現実取引による相場操縦罪の現状と課題
――判例・学説の検討とアルゴリズム取引への適用の可否の検証〔川崎友巳〕
40 少年法制の課題と展望〔廣瀬健二〕
41 犯罪法システムの中の犯罪予防――正義の多面性からの整理〔堤 和通〕
42 組織犯罪対策における条例の意義〔田村正博〕
43 犯罪被害者支援の現状と今後の課題――第三次犯罪被害者等基本計画を中心に〔安田貴彦〕
44 犯罪被害者のメンタルヘルスと支援・治療〔中島聡美〕
45 犯罪被害給付制度の現状と課題〔川出敏裕〕
46 交通犯罪の被害者〔川本哲郎〕
47 警察大学校での教育の一断片〔中川正浩〕
48 インドネシア警察にみる日本流地域警察活動と欧米流修復的司法の合流〔四方 光〕
49 電磁的情報の押収等に関する韓国判例の動向とその批判〔盧 明善〕
50 私人が秘密録音した録音テープの証拠能力〔李 銀模〕
51 判決前調査制度の導入に伴う諸難題〔金 日秀〕
52 韓国における条件付き起訴猶予の運用実態と改善方策〔趙 均錫〕
53 韓国警察の被害者保護及び支援に関する考察〔姜 暻來〕
54 韓国の犯罪被害者の情報保護の現況と課題〔朴 光玟〕
55 国民参与裁判と刑事抗訴審の構造〔申 東雲〕
56 中国における社会内処遇の展開――いわゆる社区矯正制度について〔金 光旭〕
*[韓国語翻訳] 氏家仁(うじいえ ひとし) 日本比較法研究所嘱託研究所員

椎橋隆幸先生略歴/業績目録(巻末)

 - - -

【執筆者紹介】(掲載順)

高橋則夫(たかはし のりお) 早稲田大学法学部教授
松原芳博(まつばら よしひろ) 早稲田大学大学院法務研究科教授
井田 良(いだ まこと) 中央大学大学院法務研究科教授
奥村正雄(おくむら まさお) 同志社大学大学院司法研究科教授
山中敬一(やまなか けいいち) 関西大学大学院法務研究科教授
只木 誠(ただき まこと) 中央大学法学部教授
亀井源太郎(かめい げんたろう) 慶應義塾大学法学部教授
鈴木彰雄(すずき あきお) 中央大学法学部教授
曲田 統(まがた おさむ) 中央大学法学部教授
橋爪 隆(はしづめ たかし) 東京大学大学院法学政治学研究科教授
佐伯仁志(さえき ひとし) 東京大学大学院法学政治学研究科教授
川崎友巳(かわさき ともみ) 同志社大学法学部教授
廣瀬健二(ひろせ けんじ) 立教大学大学院法務研究科特任教授
堤 和通(つつみ かずみち) 中央大学総合政策学部教授
田村正博(たむら まさひろ) 京都産業大学法学部教授
安田貴彦(やすだ たかひこ) 警察大学校長
中島聡美(なかじま さとみ) 公立大学法人福島県立医科大学放射線医学県民健康管理センター特命准教授
川出敏裕(かわいで としひろ) 東京大学大学院法学政治学研究科教授
川本哲郎(かわもと てつろう) 同志社大学法学部教授
中川正浩(なかがわ まさひろ) 自動車安全運転センター調査研究部長(元 警察大学校警務教養部長)
四方 光(しかた こう) 地方公務員共済組合連合会(前 警察庁長官官房国際課長)
盧 明善(ノ ミョンソン) 成均館大学校法学専門大学院教授
李 銀模(イ ウンモ) 漢陽大学校法学専門大学院教授
金 日秀(キム イルス) 高麗大学校法学専門大学院名誉教授
趙 均錫(チョウ キュンセク) 梨花女子大学校法学専門大学院教授
姜 暻來(カン キョンレ) 大邱カトリック大学校社会科学部教授
朴 光玟(パク グァンミン) 成均館大学校法学専門大学院教授
申 東雲(シン ドンウン) ソウル大学校法学専門大学院教授
金 光旭(キン コウギョク) 成蹊大学法学部教授
[翻訳] 氏家仁(うじいえ ひとし) 日本比較法研究所嘱託研究所員

このページのトップへ

内容説明

刑事法分野で、研究のみならず、立法実務、そして教育にも、長く精力的な活躍を続ける椎橋隆幸中央大学教授の古稀を祝し、第一線の研究者、実務家が一堂に集った待望の書。刑事訴訟法、刑法、被害者学、刑事政策、警察学、少年法など、広範な分野から寄稿され、また、海外の動向に関する論文も多数掲載。上・下巻で計56論文を掲載し、今後の多様化、グローバル化する社会と刑事法のあり方を考察するために必読の書。下巻には刑法、刑事政策、被害者学や、韓国、中国の執筆者の論稿も収載。

このページのトップへ

関連書籍

プライマリー刑事訴訟法〔第6版〕

プライマリー刑事訴訟法〔第6版〕

初めて学ぶ人のための刑事訴訟法入門

著者:椎橋 隆幸
 
新時代の刑事法学 ― 椎橋隆幸先生古稀記念(上巻)

新時代の刑事法学 ― 椎橋隆幸先生古稀記念(上巻)

第一線の研究者、実務家が集った待望の書

 
 
刑事訴訟法の理論的展開

刑事訴訟法の理論的展開

刑事訴訟の実務を支える理論を構築

著者:椎橋 隆幸
 
刑事弁護・捜査の理論

刑事弁護・捜査の理論

<椎橋刑訴>の全体理解に必須の書

著者:椎橋 隆幸
 
 
刑事訴訟法基本判例解説

刑事訴訟法基本判例解説

法の適用と解釈を考える判例集

 
プライマリー刑事訴訟法(第5版)

プライマリー刑事訴訟法(第5版)

初めて学ぶ人のための刑事訴訟法入門

著者:椎橋 隆幸
 
 
ブリッジブック刑事裁判法

ブリッジブック刑事裁判法

明快に叙述した新しい基本テキスト

著者:椎橋 隆幸
 
刑事法・医事法の新たな展開 上─町野朔先生古稀記念

刑事法・医事法の新たな展開 上─町野朔先生古稀記念

現代社会に生起する新たな問題の多角的考察

著者:岩瀬 徹 編集代表
中森 喜彦 編集代表
西田 典之 編集代表
 
 
刑事法・医事法の新たな展開 下─町野朔先生古稀記念

刑事法・医事法の新たな展開 下─町野朔先生古稀記念

現代社会に生起する新たな問題の多角的考察

著者:岩瀬 徹 編集代表
中森 喜彦 編集代表
西田 典之 編集代表
 
田宮裕博士追悼論集 上

田宮裕博士追悼論集 上

刑事法学に与えた影響とその軌跡を偲ぶ

 
 
田宮裕博士追悼論集 下

田宮裕博士追悼論集 下

刑事法学に与えた影響とその軌跡を偲ぶ

 
 
激動期の刑事法学─能勢弘之先生追悼論集

激動期の刑事法学─能勢弘之先生追悼論集

能勢教授を偲んで43名が論文を寄稿

 
 

このページのトップへ