【伝統と革新、学術世界の未来を一冊一冊に】
ホーム > 国際人権 27号(2016年報)

国際人権 27号(2016年報)

国際人権 27号(2016年報)

国際人権法学会学会誌2016年版。アジアの地域的人権保障機構の設立に向けて/生活保護老齢加算制度の一律廃止の合法性 他

著者 国際人権法学会
ジャンル 法律 > 国際法/国際関係/国際私法
シリーズ 学会誌
出版年月日 2016/10/30
ISBN 9784797226966
判型・ページ数 4-6変・140ページ
定価 本体3,200円+税
在庫 在庫あり
 

目次

『国際人権法学会2016年報 国際人権27号』

 Human Rights International No. 27

【内容目次】 Contents

〈特別講演〉
アジアの地域的人権保障機構の設立に向けて 林國姫(河合正雄訳)(3)

〈論 説〉
生活保護老齢加算制度の一律廃止の合法性社会権規約に照らして 申 惠丰(6)
憲法と家族法2015年の2つの大法廷判決を契機に 齊藤笑美子(11)

〈特集1 「国連秩序」の中の「人権」人権から問い直す〉
企画趣旨:「国連秩序」の中の「人権」人権から問い直す 江島晶子(17)

・基調報告
国際法における人権基底的思考の背景と展開 寺谷広司(19)

・各論報告
国連秩序とジェンダー主流化 谷口真由美(29)
女性,平和と安全保障諸決議の「実施」に向けて ― ジェンダーの主流化の観点から 望月康恵(33)
二つの国際的保護難民保護と補完的保護の比較から 山本哲史(39)
シリア難民武力紛争下を逃れた文民に対するEUの国際的保護の資格基準:重要判例を通して 佐藤以久子(45)
北朝鮮の「難民」人権は彼らを救えるか 李 恩元(51)
座長コメント 東澤 靖・川村真理(57)

〈特集2 国際人権保障の最前線〉
企画趣旨:国際人権保障の最前線 江島晶子(62)

・テーマ1 国際人権機関の現在
日本の人権外交 中川 周(63)
国連人権理事会の現況諮問委員会の視点から 小畑 郁(67)
強制失踪委員会の活動の現況 薬師寺公夫(71)

・テーマ2 国際人権保障メカニズムの将来司法的保障と政治的保障の関係
弁護士会の政府報告書審査に対する取り組み 武村二三夫(77)
国連・企業・政府の協働による国際人権保障 ― 「国連女性のエンパワメント原則」のチャレンジ 大西祥世(84)
座長コメント 前田直子・芝池俊輝(90)

〈公募論文〉
人権保障の観点から見た難民の社会統合政策の可能性と限界 ― 難民の「移動の自由」に対する居住地制約に関連して 山本哲史(94)

〈インタレストグループ報告〉
国際刑事裁判所に関する研究 東澤 靖(103)
「多層的人権保障システム下での憲法の国際化・国際法の憲法化」の研究 北村泰三(103)

〈判例紹介〉
女性のみに課された再婚禁止期間の合憲性
(最高裁判所大法廷 2015(平成27)年12月16日判決・民集69巻8号2427頁) 近江美保(105)

〈書評〉
大村敦志・横田光平・久保野恵美子著『子ども法』(有斐閣,2015年) 藤原精吾(107)
全国難民弁護団連絡会議監修・渡邉彰悟=杉本大輔編集代表『難民勝訴判決20選―行政判断と司法判断の比較分析』(信山社,2015年) 付 月(109)

〈資 料〉
国際人権法主要文献目録(2015年) 根岸陽太(111)
国際人権法主要国内判例書誌情報(3) 橋爪英輔(124)

   - - -

2016年国際人権法学会報 IHRLA REPORT ’16 事務局(136)
編集後記・設立趣意書・会則・役員

このページのトップへ

内容説明

〈特別講演〉アジアの地域的人権保障機構の設立に向けて(林國姫(河合正雄訳))/〈論説〉生活保護老齢加算制度の一律廃止の合法性(申ヘボン)/憲法と家族法(齊藤笑美子)/〈特集1:「国連秩序」の中の「人権」人権から問い直す〉基調報告:国際法における人権基底的思考の背景と展開(寺谷広司)ほか/〈特集2:国際人権保障の最前線〉(〈テーマ1〉国際人権機関の現在〈テーマ2〉国際人権保障メカニズムの将来/〈公募論文〉ほか

このページのトップへ

関連書籍

国際人権 26号(2015年報)

国際人権 26号(2015年報)

国際人権法学会の学会誌、2015年版

著者:国際人権法学会
 
国際人権 25号(2014年報)

国際人権 25号(2014年報)

国際裁判所と国内裁判所の「対話」

著者:国際人権法学会
 
 
国際人権 24号(2013年報)

国際人権 24号(2013年報)

表現の自由についての権利の今日的課題

著者:国際人権法学会
 
国際人権 23号(2012年報)

国際人権 23号(2012年報)

人権条約の国内実施-個人通報制度

著者:国際人権法学会
 
 
国際人権 22号(2011年報)

国際人権 22号(2011年報)

特集・国際人権法と人権の国際標準

著者:国際人権法学会
 
国際人権 21号(2010年報)

国際人権 21号(2010年報)

多民族・多文化社会と国際人権法

著者:国際人権法学会
 
 
国際人権 20号(2009年報)

国際人権 20号(2009年報)

私人による差別の撤廃をめぐって

著者:国際人権法学会
 
国際人権 19号(2008年報)

国際人権 19号(2008年報)

国際人権法学会の学会誌

著者:国際人権法学会
 
 
国際人権 18号(2007年報)

国際人権 18号(2007年報)

国際人権法学会の学会誌

著者:国際人権法学会
 
国際人権 17(2006年報)

国際人権 17(2006年報)

国際人権法学会の学会誌

著者:国際人権法学会
 
 
国際人権 16(2005年報)

国際人権 16(2005年報)

国際人権法学会の学会誌

著者:国際人権法学会
 
国際人権 15(2004年報)

国際人権 15(2004年報)

国際人権法学会の学会誌

著者:国際人権法学会
 
 
国際人権 14(2003年報)

国際人権 14(2003年報)

緊急事態における人権保障を巻頭特集

著者:国際人権法学会
 
国際人権 13(2002年報)

国際人権 13(2002年報)

難民問題の新たな展開などを特集

著者:国際人権法学会
 
 
国際人権 12(2001年報)

国際人権 12(2001年報)

特集・人権と国家主権ほか

著者:国際人権法学会
 
国際人権 11(2000年報)

国際人権 11(2000年報)

最高裁判所における国際人権法の最近の状況

著者:国際人権法学会
 
 
国際人権 10(1999年報)

国際人権 10(1999年報)

国際人権法学会創立10周年記念号

著者:国際人権法学会
 
国際人権 8(1997年報)

国際人権 8(1997年報)

人権保障の国際基準の国内基準化を追求

著者:国際人権法学会
 
 
国際人権 9(1998年報)

国際人権 9(1998年報)

人権保障の国際基準の国内基準化を追求

著者:国際人権法学会
 
国際人権 7(1996年報)

国際人権 7(1996年報)

人権保障の国際基準の国内基準を追求

著者:国際人権法学会
 
 
国際人権 6(1995年報)

国際人権 6(1995年報)

人権保障の国際基準の国内基準化を追求

著者:国際人権法学会
 
国際人権 5(1994年報)

国際人権 5(1994年報)

人権保障の国際基準の国内基準化を追求

著者:国際人権法学会
 
 
国際人権 4(1993年報)

国際人権 4(1993年報)

国際人権法学会誌

著者:国際人権法学会
 
国際人権 3(1992年報)

国際人権 3(1992年報)

人権保障の国際基準と国内基準化を追求

著者:国際人権法学会
 
 
国際人権 2(1991年報)

国際人権 2(1991年報)

人権保障の国際基準の国内基準化を追求

著者:国際人権法学会
 
国際人権 1(1990年報)

国際人権 1(1990年報)

伝統的・歴史的日本法文化の研究・教育

著者:国際人権法学会
 
 
普遍的国際社会への法の挑戦─芹田健太郎先生古稀記念

普遍的国際社会への法の挑戦─芹田健太郎先生古稀記念

研究者、実務家による国際法と国内法の対話

 
【講座 国際人権法 3】 国際人権法の国内的実施

【講座 国際人権法 3】 国際人権法の国内的実施

国内実施に伴う、理論的・実務的問題を析出

著者:芹田 健太郎 編集代表
戸波 江二 編集代表
棟居 快行 編集代表
薬師寺 公夫 編集代表
坂元 茂樹 編集代表
 
 
【講座 国際人権法 4】 国際人権法の国際的実施

【講座 国際人権法 4】 国際人権法の国際的実施

更なる展開をみせる近年の国際人権法の現状

著者:芹田 健太郎 編集代表
戸波 江二 編集代表
棟居 快行 編集代表
薬師寺 公夫 編集代表
坂元 茂樹 編集代表
 
国際法の人権化

国際法の人権化

人権主流化の構造と国際法の価値的枠組み

著者:阿部 浩己
 
 
国際人権を生きる

国際人権を生きる

人権への期待を込めた実践の書。

著者:阿部 浩己
 
国際人権法 【第2版】─国際基準のダイナミズムと国内法との協調

国際人権法 【第2版】─国際基準のダイナミズムと国内法との協調

【待望の改訂!】具現化する国際人権法の姿

著者:申 惠丰
 
 
人権条約の現代的展開

人権条約の現代的展開

国際人権法学の実効的ダイナミズムを考察

著者:申 惠丰
 
国際人権法 I

国際人権法 I

人間性はどこから来たか、根本をみる

著者:芹田 健太郎
 
 
ブリッジブック国際人権法

ブリッジブック国際人権法

国際人権法の最高水準テキスト

 
憲法学の可能性

憲法学の可能性

時代を捉え、新たな憲法学の方向性を提示

著者:棟居 快行
 
 
人権論の新構成(新装第2刷)

人権論の新構成(新装第2刷)

人権論の理論的現状突破をめざす論集

著者:棟居 快行
 
憲法学再論

憲法学再論

現代憲法学の先端問題を鋭く分析

著者:棟居 快行
 
 
ヨーロッパ地域人権法の憲法秩序化

ヨーロッパ地域人権法の憲法秩序化

動態的・多元的な法の構造と展開

著者:小畑 郁
 
 
ジェンダー六法(第2版)

ジェンダー六法(第2版)

学習・実務に必携のジェンダー法令集第2版

 
概説ジェンダーと法(第2版)

概説ジェンダーと法(第2版)

人権とジェンダーを学ぶ分かりやすい基本書

著者:辻村 みよ子
 
 
フランスの憲法判例 II

フランスの憲法判例 II

フランス憲法判例集第2弾

 
 
フランスの憲法判例

フランスの憲法判例

フランス憲法院の重要判例67件を収録

 
ドイツの憲法判例 Ⅲ

ドイツの憲法判例 Ⅲ

1996~2005年の主要86判例を掲載

著者:ドイツ憲法判例研究会
栗城 壽夫 編集代表
戸波 江二 編集代表
嶋崎 健太郎 編集代表
 
 
ドイツの憲法判例 Ⅱ(第2版)

ドイツの憲法判例 Ⅱ(第2版)

1985-1995年の重要判例の解説

著者:ドイツ憲法判例研究会
栗城 壽夫 編集代表
戸波 江二 編集代表
石村 修 編集代表
 
ドイツの憲法判例(第2版)

ドイツの憲法判例(第2版)

ドイツの主要憲法判例94件の解説

著者:ドイツ憲法判例研究会
栗城 壽夫 編集代表
戸波 江二 編集代表
根森 健 編集代表
 
 

このページのトップへ