【伝統と革新、学術世界の未来を一冊一冊に】
ホーム > 注釈フランス民事訴訟法典

注釈フランス民事訴訟法典

特別訴訟・仲裁編

注釈フランス民事訴訟法典

フランス民事訴訟法典の第3巻以下を翻訳し注釈を加えた待望の書。

著者 徳田 和幸
町村 泰貴
ジャンル 法律 > 外国法/比較法
法律 > 民事訴訟法/民事執行法/民事保全法/倒産法
出版年月日 2016/10/31
ISBN 9784797226799
判型・ページ数 A5変・348ページ
定価 本体10,000円+税
在庫 在庫あり
 

目次

『註釈フランス民事訴訟法典―特別訴訟・仲裁編』

  徳田和幸・町村泰貴 編

   <翻訳、および前注・脚注>(五十音順)
   上北武男・大濱しのぶ・田村真弓・堤龍弥・徳田和幸・西澤宗英・町村泰貴・安見ゆかり

【目  次】

まえがき

◆第3巻 個別の事件についての特則◆

◇第1編 人◇

 第1章 自然人の国籍(第1038条~第1045条)
 第2章 身分証書(第1046条~第1056-2条)
  第1節 身分証書の取消しおよび更正
   第1小節 行政上の更正
   第2小節 裁判上の更正および取消し
  第2節 名に関する手続
  第3節 裁判の身分登録簿への転記および記載
 第3章 身分目録(第1057条~第1061条)
 第3章の2 葬儀(第1061-1条)
 第4章 不在者(第1062条~第1069条)
  第1節 不在推定
  第2節 不在宣告
 第5章 家族に関する訴訟手続(第1070条~第1142条)
  第1節 一般規定
  第2節 離婚および別居
   第1小節 一般規定
   第1款 申立て
   第2款 補償給付
   第3款 判決の公示および証明
   第4款 付帯的な処分の変更
   第5款 破毀申立て
   第2小節 相互の同意による離婚
   第3小節 その他の離婚手続
   第1款 最初の申請
   第2款 和解の試み
   第3款 訴訟手続
   第4款 仮の処分
   第5款 不服申立て
   第6款 受諾離婚に関する特則 
   第7款 婚姻関係の決定的悪化による離婚に関する特則
   第8款 有責離婚に関する特則
   第4小節 別 居
   第5小節 別居からの転換に基づく離婚
  第2節の2 夫婦財産制ならびに民事連帯協約または同棲関係で結びついた者の不分割財産の作用,清算および分割
  第2節の3 暴力被害者保護処分のための手続
  第3節 家族事件裁判官の管轄に属するその他の訴訟手続
 第6章 親子関係と生計費(第1149条~第1157-3条)
  第1節 一般規定
  第2節 生計費
  第3節 公知証書
  第4節 医学的介助生殖の同意
 第7章 遺棄の宣言(第1158条~第1164条)
 第8章 養子縁組(第1165条~第1178-1条)
  第1節 養子縁組の同意
  第2節 養子縁組の手続
  第3節 単純養子縁組の撤回に関する手続
  第4節 共通規定
 第9章 親権(第1179条~第1210-9条)
  第1節 親権の行使
  第2節 育成扶助
  第2節の2 家計管理援助に関する裁判上の処分
  第3節 親権の委譲,親権の全部および一部の剥奪
  第4節 特別管理人に関する諸規定
  第5節 子の不法な国際的移動
 第10章 未成年者および成年者の法的保護(第1211条~第1261-1条)
  第1節 裁判上の〔保護〕処分に関する規定
   第1小節 一般規定
   第2小節 後見裁判官の下における手続
   第1款 申立て
   第2款 申立ての審理
   第3款 記録の閲覧および写しの交付
   第4款 検察官に対する記録の伝達
   第5款 後見裁判官の裁判
   第6款 送 達
   第7款 裁判の執行
   第3小節 親族会
   第1款 未成年者および成年者に共通の規定
   第2款 未成年者に関する規定
   第3款 成年者に関する規定
   第4小節 控 訴
   第5小節 裁判上の〔一時的〕保護
   第6小節 保佐および後見
   第1款 未成年者および成年者に共通の規定
   第2款 成年者に関する規定
  第2節 将来保護の委任に関する規定
  第3節 国の被後見子に適用される規定
 第11章 裁判上の支援処分(第1262条~第1263条)
 第12章 差別事件に関する訴権(第1263-1条)

◇第2編 物◇

 第1章 占有訴権(第1264条~第1267条)
 第2章 収支計算報告提出および果実の清算(第1268条~第1269条)
 第3章 裁判所の許可を得た用益権者による賃貸借(第1270条)
 第4章 未成年被後見人または成年被後見人に属する不動産および営業財産の売却(第1271条~第1281条)
 第5章 執行手続外における金銭分配(第1281-1条~第1281-12条)
 第6章 第三取得者による抵当権および先取特権の滌除(第1281-13条~第1281-19条)

◇第3編 夫婦財産制――相続および無償譲与◇

 第1章 夫婦の権利および夫婦財産制(第1286条~第1303-6条)
  第1節 許可および授権
   第1小節 家族事件裁判官の下における手続
   第2小節 後見裁判官の下における手続
  第2節 緊急処分
  第3節 管理権の裁判上の移転および後得財産分配請求権の事前清算
  第4節 裁判上の財産分離
  第5節 夫婦財産制の変更
   第1款 一般規定
   第2款 夫婦財産制変更の裁判上の認可
  第6節 渉外事件における公示
   第1款 婚姻期間中になされた夫婦財産制の準拠法の指定
   第2款 外国法の適用による夫婦財産制の変更
   第3款 フランス法の適用による外国での夫婦財産制の変更
 第2章 相続および無償譲与(第1304条~第1381条)
  第1節 相続の開始後に行われる保全的処分
   第1小節 封 印
   第1款 封印の貼付
   第2款 封印の除去
   第2小節 明細目録
   第3小節 共通規定
  第2節 財産目録
  第3節 相続の選択
   第1小節 限定承認
   第2小節 放 棄
   第3小節 生存する配偶者の選択権
  第4節 相続権主張者不存在の相続財産および相続人不存在の相続財産
   第1小節 相続権主張者不存在の相続財産
   第1款 財産管理の開始
   第2款 財産管理人の職務
   第3款 収支計算報告提出および財産管理の終了
   第2小節 相続人不存在の相続財産
  第5節 裁判所が選任する相続財産の受託者
  第6節 分 割
   第1小節 協議上の分割
   第2小節 裁判上の分割
   第1款 一般規定
   第2款 特別規定
   第3款 換価処分
  第7節 共通規定

◇第4編 債務および契約◇

 第1章 ヨーロッパ少額紛争解決手続(第1382条~第1390条)
 第2章 〔履行〕命令手続(第1405条~第1425-9条)
  第1節 支払命令
  第2節 ヨーロッパ支払命令
  第3節 商事裁判所における支払命令およびヨーロッパ支払命令の手続費用
  第4節 作為命令
 第3章 弁済の提供および供託(第1426条~第1429条)
 第4章 滅失した証書の回復(第1430条~第1434条)
 第5章 証書および登録簿の写しの交付(第1435条~第1441条)
 第6章 公発注の私法契約の締結に関する争訟(第1441-1条~第1441-3条)
 第7章 和解(第1441-4条)

◆第4巻 仲  裁◆

◇第1編 国内仲裁◇

 第1章 仲裁合意(第1442条~第1449条)
 第2章 仲裁廷(第1450条~第1461条)
 第3章 仲裁手続(第1462条~第1477条)
 第4章 仲裁判断(第1478条~第1486条)
 第5章 執行許可(第1487条~第1488条)
 第6章 不服申立て(第1489条~第1503条)
  第1節 控 訴
  第2節 取消申立て
  第3節 控訴および取消申立てに共通の規定
  第4節 執行許可申立てに関する命令に対する不服申立て
  第5節 その他の不服申立て

◇第2編 国際仲裁(第1504条~第1506条)◇
 第1章 国際仲裁合意(第1507条~第1508条)
 第2章 仲裁の審理および判断(第1509条~第1513条)
 第3章 外国においてまたは国際仲裁事件についてされた仲裁判断の承認および強制執行(第1514条~第1517条)
 第4章 不服申立て(第1518条~第1527条)
  第1節 フランスにおいてされた仲裁判断
  第2節 外国で下された仲裁判断
  第3節 フランスおよび外国において下された仲裁判断に共通の規定

◆第5巻 紛争の和解的解決(第1528条~第1529条)◆

◇第1編 合意に基づく調停および和解仲介(第1530条~第1541条)◇

 第1章 合意に基づく調停(第1532条~第1535条)
 第2章 司法上の和解仲介人により進められた和解(第1536条~第1541条)

◇第2編 参加型手続(第1542条~第1564条)◇

 第1章 合意の手続(第1544条~第1555条)
  第1節 一般規定
  第2節 技術者への依頼
  第3節 手続の終結
 第2章 判決を目的とした手続(第1556条~第1564条)
  第1節 紛争の全部を終結させる合意の認可手続
  第2節 和解に至らない紛争の判決手続
   第1款 共通規定
   第2款 部分的和解の認可および残された紛争の判決のための手続
   第3款 紛争全体の判決手続

◇第3編 共通規定(第1565条~第1567条)◇

◆第6巻 海外領土に関する規定◆

◇第1編 (全面削除)◇

◇第2編 ワリス・フテュナ諸島に適用される規定(第1575条~第1582条)◇

索 引(仏和・和仏)

このページのトップへ

内容説明

本書は、フランス民事訴訟法典の第3巻以下を翻訳し注釈を加えたものである。第3巻・個別事件の特則(1038条~1441-4条)、第4巻・仲裁(1442条~1527条)、第5巻・紛争の和解的解決(1528~1567条)、第6巻・海外領土規定(1575~1582条)の規定を対象とする。法務大臣官房司法法制調査部編『注釈フランス新民事訴訟法典』(法曹会・1978年)の姉妹編。2015年現在の現行規定をほぼ翻訳し、日本独自の注釈を加えた待望の書。

このページのトップへ

関連書籍

政治変動と立憲主義の展開

政治変動と立憲主義の展開

フランス憲法からの示唆【全2巻中第1巻】

 
フランス民事訴訟法の基礎理論

フランス民事訴訟法の基礎理論

新民事称法典の基礎理論を研究

著者:徳田 和幸
 
 
民事訴訟法〔明治編〕1 テヒョー草案1

民事訴訟法〔明治編〕1 テヒョー草案1

テヒョー草案関係資料の考証と解説

著者:松本 博之 編著
徳田 和幸 編著
 
民事訴訟法〔明治編〕2 テヒョー草案2

民事訴訟法〔明治編〕2 テヒョー草案2

テヒョー草案の初の整理・考証の成果

著者:松本 博之 編著
徳田 和幸 編著
 
 
民事訴訟法〔明治編〕3 テヒョー草案3

民事訴訟法〔明治編〕3 テヒョー草案3

テヒョー草案の初の整理・考証の成果

著者:松本 博之 編著
徳田 和幸 編著
 
複雑訴訟の基礎理論

複雑訴訟の基礎理論

多数当事者訴訟基礎理論の生成と展開

著者:徳田 和幸
 
 
民事訴訟法〔明治23年〕(5)

民事訴訟法〔明治23年〕(5)

明治23年民訴法の立法資料全5巻・完結

著者:松本 博之 編著
徳田 和幸 編著
 
民事訴訟法〔明治23年〕(4)

民事訴訟法〔明治23年〕(4)

明治23年民事訴訟法の立法資料全5巻

著者:松本 博之 編著
徳田 和幸 編著
 
 
民事訴訟法〔明治23年〕(3)

民事訴訟法〔明治23年〕(3)

明治23年民訴法の立法資料の整理考証

著者:松本 博之 編著
徳田 和幸 編著
 
民事訴訟法〔明治23年〕(2)

民事訴訟法〔明治23年〕(2)

明治23年民訴法立法資料の整理と考証

著者:松本 博之 編著
徳田 和幸 編著
 
 
民事訴訟法〔明治23年〕(1)

民事訴訟法〔明治23年〕(1)

明治23年民訴法の複雑な制定経過を整理

著者:松本 博之 編著
徳田 和幸 編著
 
民事訴訟法〔大正改正編〕総索引

民事訴訟法〔大正改正編〕総索引

現行民事訴訟法立案経過の超一級資料

著者:松本 博之 編著
河野 正憲 編著
徳田 和幸 編著
 
 
民事訴訟法〔明治36年草案〕(4)

民事訴訟法〔明治36年草案〕(4)

学説史上重要な未見資料を収める

著者:松本 博之 編著
河野 正憲 編著
徳田 和幸 編著
 
民事訴訟法〔明治36年草案〕(3)

民事訴訟法〔明治36年草案〕(3)

学説史上重要な未見資料を収める

著者:松本 博之 編著
河野 正憲 編著
徳田 和幸 編著
 
 
民事訴訟法〔明治36年草案〕(2)

民事訴訟法〔明治36年草案〕(2)

学説史上重要な未見資料を収める

著者:松本 博之 編著
河野 正憲 編著
徳田 和幸 編著
 
民事訴訟法〔明治36年草案〕(1)

民事訴訟法〔明治36年草案〕(1)

学説史上重要な未見資料を収める

著者:松本 博之 編著
河野 正憲 編著
徳田 和幸 編著
 
 
民事訴訟法〔大正改正編〕(5)

民事訴訟法〔大正改正編〕(5)

現行民事訴訟法立案経過の超一級資料

著者:松本 博之 編著
河野 正憲 編著
徳田 和幸 編著
 
民事訴訟法〔大正改正編〕(2)

民事訴訟法〔大正改正編〕(2)

現行民事訴訟法立案経過の超一級資料

著者:松本 博之 編著
河野 正憲 編著
徳田 和幸 編著
 
 

このページのトップへ