【伝統と革新、学術世界の未来を一冊一冊に】
ホーム > EU権限の判例研究

EU権限の判例研究

学術選書 142

EU権限の判例研究

EU構成国の権限問題を52判例を掲げて解説

著者 中西 優美子
ジャンル 法律 > 外国法/比較法
法律 > 憲法
法律 > 国際法/国際関係/国際私法
政治・経済 > 政治学 > 政治一般
シリーズ 法律・政治 > 学術選書
出版年月日 2015/03/13
ISBN 9784797267426
判型・ページ数 A5変・600ページ
定価 本体11,800円+税
在庫 在庫あり
 

目次

『EU権限の判例研究』

 中西優美子(一橋大学大学院法学研究科教授) 著

はしがき

◆第1部◆ 権限配分及び権限移譲
〈第1部収載判例について〉

I 権限付与の原則
1 ドイツ連邦憲法裁判所によるEUリスボン条約判決
  BVerfGE123, 267, 2 BvE 2/08; 2009年6月30日
2 ドイツ連邦憲法裁判所によるEU機関の行為に対する権限踰越コントロール(Honeywell事件)
  BVerfGE 126, 286; 2 BvR 2661/06; 2010年7月6日
3 欧州安定メカニズム条約と財政規律条約のドイツ基本法との合憲性
  BVerfGE 132, 195, 2 BvR 1390/12 u.a.; 2012年9月12日
 
II 法的根拠選択問題
4 EU環境政策とドナウ川保護協定の法的根拠
  Case C-36/98 Spain v Council [2001] ECR I-779; 2001年1月30日〔取消訴訟〕
5 EUにおける通商政策と環境政策の比重(カルタヘナ議定書事件)
  Opinion 2/00 Cartagena Protocol [2001] ECR I-9713; 2001年12月6日〔裁判所意見〕
6 ロッテルダム条約承認のための法的根拠をめぐるEUの環境政策と共通通商政策の交錯 
  Case C-94/03 Commission v Council; 2006年1月10日〔取消訴訟〕
7 共通外交及び安全保障政策におけるEU権限と開発協力政策におけるECの権限の交錯 (ECOWAS事件)
  Case C-91/05 Commission v Council [2008] ECR I-3651; 2008年5月20日〔取消訴訟〕

III 権限の範囲
8 EU対外通商政策と協定締結権(WTO協定事件)
  Opinion 1/94 [1994] ECR I-5267; 1994年11月15日〔裁判所意見〕
9 汎用品貿易におけるEUと構成国間の権限配分(Peter Leifer事件)
  Case C-83/94 Peter Leifer and others [1995] ECR I-3231; 1995年10月17日〔先決裁定〕
10 共通通商政策分野におけるEU排他的対外権限の範囲
  Opinion 1/08 [2009] ECR I-11129; 2009年11月30日〔裁判所意見〕
11 リスボン条約後のTRIPs協定に関するEUの権限
  Case C-414/11 Daiichi Sankyo Co.Ltd, Sanofi-Aventis Deutschland
  GmbH v DEMO Anonimos Viomikhaniki kai Emporiki Etairia Farmakon [2013] ECR I-nyr; 2013年7月18日〔先決裁定〕
12 限定受信方式サービスの法的保護に関する欧州条約に対するEUの権限(CAS事件)
  Case C-137/12 Commission v Council [2013] ECR I-nyr; 2013年10月22日〔取消訴訟〕
13 動物福祉とEUアザラシ製品貿易規則の取消訴訟(Inuit事件)
  Case T-526/10 Inuit Tapiriit Kanatami and others v Commission; 2013年4月25日〔取消訴訟〕
 
IV 裁判管轄権の範囲
14 TRIPs協定50条の解釈権限と適合解釈
  Joined Cases C-300/98 and C-392/98 Parfums Christian Dior SA v Tuk Consultancy BV,
   Assco Gerüste GmbH v Wilhelm Layher GmbH & Co. KG ECR [2000] ECR I-11307; 2000年12月14日〔先決裁定〕
15 MOX工場事件に対する欧州司法裁判所の排他的裁判管轄権(MOX事件)
  Case C-459/03 Commission v Ireland [2006] ECR I-4635; 2006年5月30日〔条約違反手続〕
16 EU構成国裁判所によるTRIPs協定の直接適用の可否 (Merck事件)
  Case C-431/05 Merck Genéricos-Produtos Farmacêuticos v Merck & Co. Inc. and Merck Sharp & Dohme
  [2007] ECR I-7001; 2007年9月11日〔先決裁定〕…153
 
V 黙示的条約締結権限
17 黙示的条約締結権限(AETR事件)
  Case 22/70 Commission v Council [1971] ECR 263; 1971年3月31日〔取消訴訟〕
18 オープンスカイ協定に対するEU黙示的対外権限の適用範囲
  Case C-467/98 Commission v Denmark [2002] ECR I-9519; 2002年11月5日〔条約違反手続〕
 
VI 排他的権限の生成
19 EUの排他的権限の生成――海洋生物資源保護分野の権限を中心に
  ①Joined Cases 3, 4 and 6/76 Kramer [1976] ECR 1279; 1976年7月14日
  ②Opinion 1/76 [1977] ECR 741; 1977年4月26日
  ③Case 61/77 Commission v Ireland [1978] ECR 417; 1978年2月16日
  ④Case 88/77 [1978] ECR 473; 1978年2月16日
  ⑤Joined Cases 185/78 to 204/78 Dam en Zonen [1979] ECR 2345; 1979年7月3日
  ⑥Case 141/78 France v UK [1979] ECR 2923; 1979年10月4日
  ⑦Case 32/79 Commission v UK [1980] ECR 2403; 1980年7月10日
  ⑧Case 804/79 Commission v UK [1981] ECR 1045; 1981年5月5日
 
VII EURATOMの権限
20 原子力安全条約に関するヨーロッパ原子力共同体の対外権限
  Case C-29/99 Commission v Council [2002] ECR I-11221; 2002年12月10日〔取消訴訟〕
 
VIII 誠実協力の義務
21 混合協定の場合におけるEUと構成国間の誠実協力義務(ストックホルム条約事件)
  Case C-246/07 Commission v Sweden [2010] ECR I-3317; 2010年4月20日〔条約違反手続〕
 
IX 機関間の権限配分
22 欧州委員会の対外的権能の範囲
  Case C-233/02 France v Commission [2004] ECR I-2759; 2004年3月23日〔取消訴訟〕
 
X 欧州委員会と構成国との権限配分
23 EU排出枠取引制度指令の実施における欧州委員会と構成国の権限配分
  Case C-504/09 P Commission v Poland [2012] ECR I-nyr; 2012年3月29日〔条約違反手続〕
 
XI 下部機関への権限委譲
24 EU下部機関への権限委譲の合法性(ESMA事件)
  Case C-270/12 UK v EP and Council [2014]ECR I-nyr; 2014年1月22日〔取消訴訟〕
 
XII 権限に関する原則
25 携帯電話の国際ローミングに関するEU規則の有効性(Vodafone事件)
  Case C-58/08 Vodafone and others [2010] ECR I-4999; 2010年6月8日〔先決裁定〕

◆第2部◆ 権限行使と履行確保
〈第2部収載判例について〉

26 EU法の履行確保と強制課徴金(海水浴場の水質事件)
  Case C-278/01 Commission v Spain [2003] ECR I-14141; 2003年11月25日〔判決履行違反手続〕
27 欧州司法裁判所による義務違反国への強制課徴金並びに一括違約金の賦課
  Case C-304/02 Commission v France [2005] ECR I-6263; 2005年7月12日〔判決履行違反手続〕
28 EUにおける判決履行違反手続制度の完結
  Case C-121/07 Commission v France [2009] ECR I-9159; 2008年12月9日〔判決履行違反手続〕
  〈補足〉罰金額の算定について

◆第3部◆ 権限行使と基本権
〈第3部収載判例について〉

29 EUの欧州人権条約への加盟
  Opinion 2/94 [1996] ECR I-1759; 1996年3月28日〔裁判所意見〕
30 EU個人データ保護権にかかわる比例性原則(通信履歴保存義務指令事件)
  Joined Cases C-293/12 and C-594/12 Digital Rights Ireland [2014] ECR I-nyr ; 2014年4月8日〔先決裁定〕
31 GoogleとEUの「忘れられる権利(削除権)」(Google事件)
  Case C-131/12 Google v AEPD [2014] ECR I-nyr; 2014年5月13日〔先決裁定〕
32 国連安全保障理事会決議を実施するためのEU理事会規則の取消訴訟(Kadi事件)
  Joined Cases C-402/05P and C-415/05P Kadi[2008] ECR I-6351; 2008年9月3日〔取消訴訟〕
33 先決裁定付託受理の許容性判断とEU基本権憲章 (Fransson事件)
  Case C-617/10 Åklagaren v Hans Åkerberg Fransson [2013] ECR I-nyr; 2013年2月26日〔先決裁定〕
34 欧州逮捕状枠組決定の有効性
  Case C-303/05 Advocaten voor de Wereld VZW v Laden van de Ministerraad [2007] ECR I-3633; 2007年5月3日〔先決裁定〕
35 EUにおける環境法違反に関する司法アクセス権(オーフス条約9条3項)の実効性確保
  Case C-240/09 Lesoochranárske zoskupenie VLK v Ministerstvo životného prostredia Slovenskej republiky [2011]
  ECR I-1255; 2011年3月8日〔先決裁定〕
36 環境情報アクセス権に関するEU指令2003/4の2条の解釈Torgau事件)――「立法機関として行動する機関」の意味
  Case C-204/09 Flachglas Torgau GmbH v Germany [2012] ECR I-nyr; 2012年2月14日〔先決裁定〕
37 環境影響評価指令の三者間における直接効果(Wells事件)
  Case C-201/02 Delena Wells v Secretary of State [2004] ECR I-723; 2004年1月7日〔先決裁定〕
38 遺伝子組換え組織体(GMO)の花粉を含むはちみつに関するEU司法裁判所の判断 (Bablok事件)
  Case C-442/09 Bablok and others v Freistaat Bayern [2011] ECR I-7419; 2011年9月6日〔先決裁定〕

◆第4部◆ 先決裁定手続
〈第4部収載判例について〉

39 EU司法裁判所による構成国の国家責任法規定に対する制限(Traghetti事件)
  Case C-173/03 Traghetti del Mediterraneo SpA v Repubblica italiana [2006] ECR I-5177; 2006年6月13日〔先決裁定〕
40 国内憲法裁判所判決に反する国内最高裁判所によるEU司法裁判所への付託と先決裁定(Križan事件)
  Case C-416/10 Josef Križan and others v Slovenská inšpekcia životného prostredia [2013] ECR I-nyr;
  2013年1月15日〔先決裁定〕
41 EU法の優位の原則と国内過渡的措置(Wetten事件)
  Case C-409/06 Winner Wetten GmbH v Bürgermeisterin der Stadt Bergheim [2010] ECR I-8015; 2010年9月8日〔先決裁定〕
42 欧州司法裁判所に先決裁定を求める国内裁判所の義務
  BVerfGE, 1 BvR 10 36/99 Beschluss der 2. Kammer des Ersten Senats; 2001年1月9日
43 Solange II判決の完結と指令の国内実施法律
  BVerfGE 118, 79; 1 BvF 1/05; Beschluss des Ersten Senats; 2007年3月13日

◆第5部◆ 国際的側面を有する権限問題
〈第5部収載判例について〉

44 EEA協定とEC条約との関係(EEA協定事件)
  Opinion 1/91 [1991] ECR I-6079; 1991年12月14日〔裁判所意見〕
45 欧州および共同体特許裁判所を創設する国際協定案とEUおよびEU運営条約の両立性
  Opinion 1/09 [2011] ECR I-1137; 2011年3月8日〔裁判所意見〕
46 欧州安定メカニズム(ESM)条約とEU法の両立性(Pringle事件)
  Case C-370/12 Thomas Pringle v Government of Ireland [2012] ECR I-nyr; 2012年11月27日〔先決裁定〕
47 既存の二国間条約とEU法の抵触
  ①Case C-62/98 Commission v Portugal [2000] ECR I-5171
  ②Case C-84/98 Commission v Portugal [2000] ECR I-5215; 2000年7月4日〔条約違反手続〕
48 国際法に照らしたEU排出枠取引制度の航空業界への適用拡大指令の有効性
  Case C-366/10 Air Transport Association of America and others v Secretary of State for Energy and Climate Change
   [2011] ECR I-nyr; 2011年12月21日〔先決裁定〕
49 WTO諸協定の裁判規範性
  Case C-149/96 [1999] Portugal v Council ECR I-8395; 1999年11月23日〔取消訴訟〕
50 EU法秩序と国際経済法秩序の対立(バナナ事件)
  Case C-280/93 Germany v Council [1994] ECR I-4973; 1994年10月5日〔取消訴訟〕
51 EU法秩序における慣習国際法(Racke事件)
  Case C-162/96 A. Racke GmbH & Co. v Hauptzollamt Mainz [1998] ECR I-3655; 1998年6月16日〔先決裁定〕
52 EUにおけるワシントン条約(CITES)の適用(Tridon事件)
  Case C-510/99 Criminal proceedings against Xavier Tridon [2001] ECR I-7777; 2001年10月23日〔先決裁定〕
 
あとがき
 
〈付録〉
  1 欧州連合(EU)司法裁判所規程(全訳)
  2 EU運営条約及びEU条約条文の対照表

判例索引/条文索引/事項索引(巻末)

このページのトップへ

内容説明

好評の『EU権限の法構造』の姉妹書が待望の登場。実際の多様な現実事例(52判例)を全5部に読みやすく区分して、EU法の現実を紹介・解説。公法・私法の区別を問わず、広く法分野に関わる有用の書。

このページのトップへ

関連書籍

EU競争法

EU競争法

ヨーロッパでの企業活動に必備の書

著者:笠原 宏
 
EU法研究 第2号

EU法研究 第2号

進化・発展を遂げるEU法の最前線

 
 
EUとは何か【第2版】 ― 国家ではない未来の形―

EUとは何か【第2版】 ― 国家ではない未来の形―

ヨーロッパの生きた政治プロジェクトの本質

著者:中村 民雄
 
イギリス憲法 - 議会主権と法の支配

イギリス憲法 - 議会主権と法の支配

★EU離脱で話題の英国の『憲法』とは★

著者:田島 裕
 
 
近代国家と市民権・市民的権利

近代国家と市民権・市民的権利

米国市民権の形成過程を歴史的に分析

著者:松澤 幸太郎
 
環境法研究 第5号

環境法研究 第5号

原発規制と原発訴訟の法理論

 
 
国際人権法 【第2版】─国際基準のダイナミズムと国内法との協調

国際人権法 【第2版】─国際基準のダイナミズムと国内法との協調

【待望の改訂!】具現化する国際人権法の姿

著者:申 惠丰
 
消費者法研究 創刊第1号

消費者法研究 創刊第1号

消費者法の基本問題を論じてその構想を語る

 
 
憲法の規範力とメディア法

憲法の規範力とメディア法

憲法とメディアについての最新理論

 
EU国際民事訴訟法判例 II

EU国際民事訴訟法判例 II

EUの国際民事紛争に関する判例解説

 
 
EU権限の法構造

EU権限の法構造

リスボン条約とEU構成国の権限問題

著者:中西 優美子
 
新EU論

新EU論

EUの全体像が1冊で分かる

 
 
EUとは何か─国家ではない未来の形

EUとは何か─国家ではない未来の形

EUの全体像を知るための入門書

著者:中村 民雄
 
 

このページのトップへ