【伝統と革新、学術世界の未来を一冊一冊に】
ホーム > 不当労働行為争訟法の研究─救済利益と命令の司法審査

不当労働行為争訟法の研究─救済利益と命令の司法審査

不当労働行為争訟法の研究─救済利益と命令の司法審査

不当労働行為救済手続論の最高の力作

著者 山川 隆一
ジャンル 法律 > 労働法/社会保障法
出版年月日 1990/07/10
ISBN 9784882611257
判型・ページ数 A5・316ページ
定価 本体6,602円+税
在庫 品切れ・重版未定
 

内容説明

わが国不当労働行為法制の母法である米国法の運用実態と制度との実証的な比較分析を通じて、わが法制における救済利益と司法審査の問題点を縦横に論じた最高水準の書き下ろし論文。第一部 不当労働行為事件における救済利益―問題の所在/アメリカ法の状況/考察 第ニ部 司法審査―問題の所在/事実認定/成否の判断/救済方法/総括/事項索引

このページのトップへ

関連書籍

国際労働関係の法理

国際労働関係の法理

適用法規の決定枠組、地域的適用範囲を研究

著者:山川 隆一
 
プラクティス労働法

プラクティス労働法

工夫に富んだ新感覚スタンダード教科書

著者:山川 隆一
 
 

このページのトップへ