【伝統と革新、学術世界の未来を一冊一冊に】
ホーム > 知的財産担保の理論と実務

知的財産担保の理論と実務

IIP研究論集 2

知的財産担保の理論と実務

実務家・研究者のための参考書

著者 鎌田 薫 編著
ジャンル 法律 > 知的財産法/特許法/著作権法
出版年月日 2008/03/06
ISBN 9784797255386
判型・ページ数 A5・286ページ
定価 本体6,000円+税
在庫 在庫あり
 

内容説明

知的財産担保は、知的財産の経済的価値を活用するための一つの手法であるとともに、新規産業育成策の一環であり、かつ金融担保制度の新分野を開拓するものである。このことから各分野からの多角的な検討がなされた。知的財産に関する実務家・研究者のみならず、金融担保や産業政策に関わる実務家・研究者のための参考書である。

このページのトップへ

関連書籍

比較特許侵害判決例の研究─均等論を中心にして

比較特許侵害判決例の研究─均等論を中心にして

判断基準を米・独・英の判決例に求める

著者:知的財産研究所
 
 
情報化社会の未来と著作権の役割
 
特許クレーム解釈の研究

特許クレーム解釈の研究

日米のクレ-ム解釈の研究と実務

著者:知的財産研究所
 
 
ブラジル知的財産法概説

ブラジル知的財産法概説

ビジネスから研究まで広く有用の書

著者:ヒサオ・アリタ
二宮 正人
大嶽 達哉 日本語訳監修
 
 

このページのトップへ