【伝統と革新、学術世界の未来を一冊一冊に】
ホーム > 情報化社会の未来と著作権の役割

情報化社会の未来と著作権の役割

IIP研究論集 3

情報化社会の未来と著作権の役割

WIPO著作権条約の原文と仮訳つき

著者 サミュエルソン,P.(パメラ)
知的財産研究所
ジャンル 法律 > 知的財産法/特許法/著作権法
出版年月日 1998/02/28
ISBN 9784797255256
判型・ページ数 A5変・272ページ
定価 本体6,000円+税
在庫 品切れ・重版未定
 

内容説明

インターネットの普及により膨大な情報が世界をかけめぐり、あらゆる人々が情報を発信したり情報を得ることができる。このような情報化社会においては、情報に関する権利や法制度を社会の変化に対応させていくことが緊急の課題であり、WIPO(世界知的所有権機関)や各国政府において検討・協議が行われ、一部では条約や法制度の整備が進められている。本書はこの分野における世界的権威であるカリフォルニア大学バークレイ校のパメラ・サミュエルソン教授の論稿。巻末にWIPO著作権条約の原文と仮訳を収録。

このページのトップへ

関連書籍

知的財産担保の理論と実務

知的財産担保の理論と実務

実務家・研究者のための参考書

著者:知的財産研究所
 
比較特許侵害判決例の研究─均等論を中心にして

比較特許侵害判決例の研究─均等論を中心にして

判断基準を米・独・英の判決例に求める

著者:知的財産研究所
 
 
ブラジル知的財産法概説

ブラジル知的財産法概説

ビジネスから研究まで広く有用の書

著者:ヒサオ・アリタ
二宮 正人
大嶽 達哉 日本語訳監修
 
知的財産の潮流─知的財産研究所5周年記念論文集

知的財産の潮流─知的財産研究所5周年記念論文集

今後の知的財産制度を考えるための書

著者:知的財産研究所
 
 
知的財産担保の理論と実務

知的財産担保の理論と実務

実務家・研究者のための参考書

著者:鎌田 薫 編著
 
著作権と憲法理論

著作権と憲法理論

著作権保護とその憲法適合性

著者:大日方 信春
 
 
特許クレーム解釈の研究

特許クレーム解釈の研究

日米のクレ-ム解釈の研究と実務

著者:知的財産研究所
 
 

このページのトップへ