【伝統と革新、学術世界の未来を一冊一冊に】
ホーム > 議会の役割と憲法原理

議会の役割と憲法原理

総合叢書 3

議会の役割と憲法原理

現代の議会制をめぐる問題を研究分析

著者 浦田 一郎
只野 雅人
ジャンル 法律 > 憲法
シリーズ 法律・政治 > 総合叢書
出版年月日 2008/12/25
ISBN 9784797254532
判型・ページ数 A5変・274ページ
定価 本体7,800円+税
在庫 在庫あり
 

目次

● Ⅰ 全国民の代表:代表と議会制

スペインの議会制 ―― 歴史的素描 北原 仁… 3

1 は じめに (3)

2 スペイン立憲主義とカディス憲法(3)

3 1834年の国王憲章と内閣制度(6)

4 1845年憲法と保守派の憲法思想(9)

5 第一共和制と1876年憲法(12)

6 1931年憲法と大統領制(18)

7 フランコ体制から1978年憲法へ(21)

8 結論にかえて(24)

政治資金規正法の構造問題 加藤一彦… 27

1 は じめに (27)

2 政治資金規正法の制定・改正の経緯(28)

3 政治資金規正法の法構造(31)

4 脱法的政治献金の仕組み(33)

5 政治資金規制への模索(38)

6 政治資金規正法改正の論点(43)

アメリカ連邦議会の二院制の特質 ――上院研究の分析 廣瀬淳子… 47

1 は じめに (47)

2 混合政体論による「英知の上院」(48)

3 憲法会議における「妥協の産物」として上院(51)

4 初期の上院とその後の変化に関する研究(59)

5 上院研究の現在(63)

6 連邦議会研究にみられる上院の特質(72)

相違と決定 ―― 代表における集団と規律に関する試論 只野雅人… 75

1 両院関係の変化と国会における合意形式  ―― 顕在化するアポリア (75)

2 集団と規律(78)

3 政権党と反対党(86)

4 両院関係と政権党・反対党(89)

● Ⅱ 国権の最高機関

首班指名の法理 ――国会の首班指名・再論 松澤浩一… 97

1 序 論 (97)

2 首班指名の実質 (100)

3 首班指名権の所在 (104)

4 結 論 (119)

政府の憲法解釈とその変更 ―― 国会・内閣・内閣法制局 浦田一郎… 125

1 は じめに (125)

2 政府解釈の理解 (126)

3 政府解釈の変更 (132)

4 政府の憲法解釈と立憲主義 (137)

5 お わりに (141)

国 会 情 報 大山礼子… 143

1 は じめに (143)

2 会 議録 (144)

3 立 法情報 (150)

4 国会関連法規および活動報告 (156)

5 お わりに (160)

予算の法的意義をめぐって 小沢隆一… 163

1 は じめに (163)

2 清宮四郎の見解をめぐって (164)

3 杉村章三郎の見解をめぐって (167)

4 甲斐素直の見解をめぐって (169)

5 櫻井敬子の見解をめぐって (171)

6 北野弘久による「新財政法学」の提唱 (173)

7 福家俊朗の見解をめぐって (174)

8 むすびにかえて (175)

● Ⅲ 唯一の立法機関

政府と立法 ―― 政府による法津の発案に焦点を合せて 杉原泰雄… 179

1 は じめに (179)

2 日本国憲法制定時の議論 (179)

3 憲法施行後における憲法学界の代表的見解 (180)

4 2つの考え方の整理と検討 (186)

立法の多元化と国会の役割・あり方 川崎政司… 195

1 立法ないし法の多元化の進展 (195)

2 委任立法とその統制 (196)

3 地方分権と国の立法のあり方 (212)

4 国際化と法システムのあり方・国会の役割 (226)

5 まとめにかえて (240)

「国権の最高機関」と執政権 福岡英明… 243

1 は じめに (243)

2 最高機関性に関する従来の学説 (245)

3 なにゆえ最高機関なのか (249)

4 帰属不明の権限の国会への推定 (253)

5 「国務の総理」と執政権 (255)

6 むすびにかえて (261)







このページのトップへ

内容説明

Ⅰ 全国民の代表:代表と議会制 スペインの議会制(北原仁)/政治資金規正法の構造問題(加藤一彦)/アメリカ連邦議会の二院制の特質(廣瀬淳子)/相違と決定(只野雅人) Ⅱ 国権の最高機関 首班指名の法理(松澤浩一)/政府の憲法解釈と変更(浦野一郎)/国会情報(大山礼子)/予算の法的意義をめぐって(小沢隆一) Ⅲ 唯一の立法機関 政府と立法(杉原泰雄)/立法の多元化と国会の役割・あり方(川﨑政司)/「国権の最高機関」と執行権(福岡英明)

このページのトップへ

関連書籍

政治変動と立憲主義の展開

政治変動と立憲主義の展開

フランス憲法からの示唆【全2巻中第1巻】

 
 
代表における等質性と多様性

代表における等質性と多様性

近代議会システムにおける相克

著者:只野 雅人
 
政府の憲法九条解釈─内閣法制局資料と解説(第2版)

政府の憲法九条解釈─内閣法制局資料と解説(第2版)

安保法制の国会論戦を収録-待望の改訂版

著者:浦田 一郎
 
 
河井弥八日記 戦後篇2 [昭和二十三年~昭和二十六年]
 
河井弥八日記 戦後篇1 [昭和二十年~昭和二十二年]

河井弥八日記 戦後篇1 [昭和二十年~昭和二十二年]

終戦前後の貴重な日記の翻刻。編者の解説付

 
 
安全保障関連法─変わる安保体制

安全保障関連法─変わる安保体制

充実の内容、分かりやすい解説・図表

著者:読売新聞政治部
 
二院制論─行政府監視機能と民主主義

二院制論─行政府監視機能と民主主義

参議院の機能と必要性

著者:木下 健
 
 
議会制度─議会法学入門

議会制度─議会法学入門

国会活性化のためのプログラムを提示

著者:原田 一明
 
政府の憲法九条解釈─内閣法制局資料と解説

政府の憲法九条解釈─内閣法制局資料と解説

政府の憲法九条解釈の全体像

著者:浦田 一郎
 
 
立憲主義と市民

立憲主義と市民

市民の視点に立った立憲主義論

著者:浦田 一郎
 
憲法答弁集〔1947~1999〕

憲法答弁集〔1947~1999〕

戦後の重要憲法答弁を条文ごとに整理

 
 

このページのトップへ